Fm ST.Petersburg アカデミー・バレエの「白鳥の湖」 10月17日 
2016/10/20(Thu)
ペテルブルグでサンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエの「白鳥の湖」を見に行かれたお友達から写真をいただきましたので(ありがとうございます~~)、皆さんとShareさせていただきます。
尚、このページの写真の著作権は撮影者にあり、私はお預かりする形で写真を公開させていただいています。 いかなる場合であっても複製・送信・配布・改変などの行為は禁止致しますのでよろしくご理解下さいませ。

アカデミーのパンフレットは一冊でロシア語と英語に分かれているので便利ですね。 ロシア語を勉強している人には単語チェックなどできてさらにお役立ちかも!
 
2016101902 のコピー


2016101903 のコピー


この日のオデット・オディールはもとマールイのダリア・エリマコワ。 昨年12月の来日公演で見たオデットもしっとりと美しかったですが、とっても素敵なバレリーナになっていたそうです。 マールイを退団した時にはとても残念に思ったのですが、移籍してチャンスをつかみ経験を重ねながら成長していく様子を見聞きできるようになった今は良かったなと思います。  是非日本でも全幕!! 昨年プーちゃんが早ければ2018年に来日があるかもと言っていましたが、その通りになるといいなぁ。

2016102001 のコピー


こちらがキャスト表。 キャスト表も役名、ダンサー名共にロシア語の下に英語が書かれているので分かりやすい!!
2016101901 のコピー


この日の王子はプーちゃんではなく、ガラでもダーシャと組んでいたステファン・デミン。 ロットバルトのセルゲイ・ダヴィドフはスパルタクスを、道化のアンドレイ・グドゥマはゴパックを(くるみではドロッセルマイヤー、ねずみの王様など)踊っていたダンサーです。ダーシャと言えばマールイ一年生の時にいつも一緒にいたチーカの事が思い出されるのですが、チーカもマールイを去ってしまい、今はどうしているんでしょうね? 
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日はシヴァのソロル!
2016/10/06(Thu)
明日は大阪のフェスティバルホールで上演される法村友井バレエ団の「バヤデルカ」を見に行きます。
念願の、ほんっとーに念願のシヴァのソロルが見られます。 振付のペトゥホフさんと共に無事来日したようで一安心。 体型も保っているようで良かった! ペトゥホフ版の神殿の崩壊、ソロルがどんな結末を迎えるのかもとても楽しみな今回のバヤデルカです。

バヤデルカのリハーサルの様子等はバレエ団のFacebookで見られます。
ニキヤとガムザッティの法村樹里さんと今井沙耶さんは2人は9月の始めにペテルブルグに赴きシヴァコフとのリハーサルをされています。 レッスン場所はワガノワかしら? クナコワさんのレッスンも受けたのですねー。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2017年 キエフ・バレエの公演にペレン客演
2016/09/24(Sat)
来年正月のキエフ・バレエ公演にペレンがゲスト出演する事が決まったそうです。
光藍社さんのHPでもすでに発表になっていますが、今日見に行ったスカラ座の「ドン・キホーテ」(コチェトコワがキュートで踊りは磐石でと~っても良かったです♪)の会場でもチラシをもらいました。 3日のパキータ、5日の眠りのオーロラ、6日のバヤデルカのガムザッティに7日のバヤデルカのニキヤです。 って、5日から3連荘で大丈夫なのだろうか?? 尚、7日のガムザッティはシャイターノワ。 2014年の12月にはウクライナとロシアの問題でルジとマハリナがキエフの公演に出演できなくなったという事がありましたが、芸術分野への影響はなくなるくらいまでに落ち着いたのは良かったです。 
また、自分的にはかな~り残念なのですが、13日の眠りのデジレが劇場の都合でニェダクからスホルコフに変更になっています。

1月03日(火)13:00 東京国際フォーラムA 新春特別バレエ
  第1部「パキータ」より 未定→イリーナ・ペレン、レオニード・サラファーノフ
  第2部「白鳥の湖」より第1幕第2場 カテリーナ・カザチェンコ、デニス・ニェダク
  第3部「眠りの森の美女」より第3幕 エレーナ・フィリピエワ、ミキタ・スホルコフ
1月04日(水)15:00 東京文化会館 白鳥の湖
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク
1月05日(木)18:30 東京文化会館 眠りの森の美女
  未定→イリーナ・ペレン、レオニード・サラファーノフ
1月06日(金)18:30 東京文化会館 バヤデルカ
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク、イリーナ・ペレン
1月07日(土)14:00 東京文化会館 バヤデルカ
  未定→イリーナ・ペレン、レオニード・サラファーノフ、オレシア・シャイターノワ
1月08日(日)14:00 東京国際フォーラムA 白鳥の湖
  カテリーナ・カザチェンコ、デニス・ニェダク
1月09日(月・祝)14:00 東京国際フォーラムA 白鳥の湖
  エレーナ・フィリピエワ、ミキタ・スホルコフ
1月13日(金)18:30 東京国際フォーラムA 眠りの森の美女
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク→ミキタ・スホルコフ
1月14日(土)15:00 神奈川県民ホール 白鳥の湖
  オレシア・シャイターノワ、ミキタ・スホルコフ
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パリ・オペラ座バレエ2017年来日公演&オーレリ「ボレロ」公演概要
2016/09/11(Sun)
2017年3月に予定されているパリ・オペラ座バレエの公演概要が発表になっています。 こちら
来期の祭典会員、ENBの良席確保のために継続したのですが、けっこう迷いました。 ENBがなかったら辞めていたかも。 パリ・オペラ座のプログラムも自分的にはそれほど惹かれないのです・・・。 眠りの森の美女かラ・バヤデールを持って来て欲しかった。  どのキャストにしようか、今まではオーレリ、パケット中心に選んで来ていたので、これもまた迷います。  ジョシュアで見たいけど3月4日はすでにコンサートのチケットを取っているので行けないから3択でキャストは2択・・・。 ドロテは1日だけ?? オニール八菜さん、見られるかしら? 


ラ・シルフィード (ラ・シルフィード/ジェイムズ/エフィー)
 3月2日(木)18:30
   ミリアム・ウルド=ブラーム/マチアス・エイマン/レオノール・ボラック
3月3日(金)18:30
   アマンディーヌ・アルビッソン/マチュー・ガニオ/ファランティーヌ・コラサント
3月4日(土)13:30
   リュドミラ・パリエロ/ジョシュア・オファルト/オーレリア・ベレ
3月4日(土)18:30
   ミリアム・ウルド=ブラーム/マチアス・エイマン/レオノール・ボラック
3月5日(日)15:00
   アマンディーヌ・アルビッソン/マチュー・ガニオ/ファランティーヌ・コラサント

グラン・ガラ
 3月9日(木)18:30
  テーマとヴァリエーション:ローラ・エッケ/マチュー・ガニオ
  ダフニスとクロエ:エルヴェ・モロー/オーレリ・デュポン
  アザー・ダンス:リュドミラ・パリエロ/マチアス・エイマン
 3月10日(金)18:30
  テーマとヴァリエーション:ミリアム・ウルド=ブラーム/マチアス・エイマン
  ダフニスとクロエ:マチュー・ガニオジェルマン・ルーヴェ/アマンディーヌ・アルビッソン(9月22日変更)
  アザー・ダンス:ポラック → ドロテ・ジルベール/ジョシュア・オファルト
 3月11日(土)13:30
  テーマとヴァリエーション:ドロテ・ジルベール/ジョシュア・オファルト
  ダフニスとクロエ:エルヴェ・モロー/オーレリ・デュポン
  アザー・ダンス:アマンディーヌ・アルビッソン/マチュー・ガニオ
                      ↓
            リュドミラ・パリエロ/マチアス・エイマン(9月22日変更)   
 3月11日(土)18:30
  テーマとヴァリエーション:ローラ・エッケ/マチュー・ガニオ
  ダフニスとクロエ:エルヴェ・モロー/オーレリ・デュポン
  アザー・ダンス:リュドミラ・パリエロ/マチアス・エイマン
 3月12日(日)15:00
  テーマとヴァリエーション:ミリアム・ウルド=ブラーム/マチアス・エイマン
  ダフニスとクロエ:マチュー・ガニオジェルマン・ルーヴェ/アマンディーヌ・アルビッソン(9月22日変更)
  アザー・ダンス:ポラック → ドロテ・ジルベール/ジョシュア・オファルト

会場:東京文化会館
チケット料金:S席27,000円、A席24,000円、B席21,000円、C席17,000円 D席13,000円 E席9,000円
一斉発売:10月29日(土)10時より


また、オーレリ・デュポンの「ボレロ」 東京バレエ団<ウィンター・ガラ>の概要も発表になっています。 こちら

公演日時:2月22日(水)19:00 / 2月23日(木)19:00
会場:オーチャードホール

 ボレロ
 中国の役人
 イン・ザ・ナイト
 
チケット料金:S席12,000円、A席10,000円、B席8,000円、C席6,000円 D席4,000円 
一斉発売:11月19日(土)10時より
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2017年1月 キエフ・バレエの公演詳細発表
2016/08/17(Wed)
来年1月のキエフ・バレエの公演内容が発表になり、メール会員先行販売も始まりました。 こちら
フィリピエワもカザチェンコもニェダクも来てくれます♪  カザチェンコの白鳥が見られるのもとっても嬉しい。 でも久しぶりに見られるかなと期待していたゴリッツァの名前がないのは残念!
そしてサラファーノフがゲストですが、彼は2002年まではキエフのダンサーだったのですよね。 未定となっているダンサーが誰なのか気になりますが・・・。 今年の雪辱戦というわけにはいかないですものね。

1月03日(火)13:00 東京国際フォーラムA 新春特別バレエ
  第1部「パキータ」より 未定、レオニード・サラファーノフ
  第2部「白鳥の湖」より第1幕第2場 カテリーナ・カザチェンコ、デニス・ニェダク
  第3部「眠りの森の美女」より第3幕 エレーナ・フィリピエワ、ミキタ・スホルコフ
1月04日(水)15:00 東京文化会館 白鳥の湖
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク
1月05日(木)18:30 東京文化会館 眠りの森の美女
  未定、レオニード・サラファーノフ
1月06日(金)18:30 東京文化会館 バヤデルカ
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク
1月07日(土)14:00 東京文化会館 バヤデルカ
  未定、レオニード・サラファーノフ
1月08日(日)14:00 東京国際フォーラムA 白鳥の湖
  カテリーナ・カザチェンコ、デニス・ニェダク
1月09日(月・祝)14:00 東京国際フォーラムA 白鳥の湖
  エレーナ・フィリピエワ、ミキタ・スホルコフ
1月13日(金)18:30 東京国際フォーラムA 眠りの森の美女
  エレーナ・フィリピエワ、デニス・ニェダク
1月14日(土)15:00 神奈川県民ホール 白鳥の湖
  オレシア・シャイターノワ、ミキタ・スホルコフ
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
来年3月にニーナ・アナニアシヴィリの最後のクラシック・ガラ
2016/07/24(Sun)
昨日はオールスター・バレエ・ガラのAプロを見て来ました。
ニーナもフェリも類稀なプリマという事を改めて感じさせ、ロパートキナも良かったんですが、自分的にはザハロワの圧巻のパフォーマンスにいたく感動した公演でした。 いろいろな事に今充実の時を迎えているのかなぁ。 本当に素晴らしかったです。
そして公演の後は地元で飲み会。 地元の飲み会は電車の時間など気にするものはな~んにもないですから、久々午前様でした・・・。 今日はちぃーと辛い感じ(笑)。

さて、会場でもらったチラシの中に来年の3月中旬に予定されているニーナ・アナニアシヴィリの公演案内がありましたのでお知らせ。

ニーナ・アナニアシヴィリの軌跡 ~最後のクラシック・ガラ~
3月16日(木)~20日(月・祝) 東京文化会館大ホール


ニーナにとって最後のクラシック・バレエのステージとなる公演だそうです。

Aプログラム
 3月16日(木) 19:00
 3月18日(土) 15:00

 「白鳥の湖」より第2幕・4幕
 「セレナーデ」
 「眠れる森の美女」より/ほか 

Bプログラム
 3月19日(日)   14:00
 3月20日(月・祝) 14:00

 「タイス」パ・ド・ドゥ
 「モーツァルティアーナ」
 「ドン・キホーテ」より/ほか 


ジョージア国立バレエ団ほか、豪華ゲストダンサー出演予定との事。

一般発売は10月の予定ですが、料金は以下の通り
S席18,000円、A席14,000円、B席11,000円、C席8,000円、D席5,000円(税込)

てっきり主催はジャパン・アーツかと思っていましたが、TBSです。 
このチラシの先行申し込み書が最速先行予約だそうで、チケットスペースのHPにはまだ情報の掲載はないようですが、調整中の演目、出演者等は決まり次第HPなどでお知らせとの事です。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボリショイ2017年日本公演 主演キャスト
2016/07/02(Sat)
ボリショイのキャストが発表になりました。 こちら

ジゼル
 6月04日(日)13:00 エフゲーニヤ・オブラスツォーワ/イーゴリ・ツヴィルコ
 6月04日(日)19:00 スヴェトラーナ・ザハーロワ/デニス・ロヂキン
 6月05日(月)19:00 エカテリーナ・クリサノワ/ウラディスラフ・ラントラートフ

白鳥の湖
 6月07日(水)18:30 オルガ・スミルノワ/セミョーン・チュージン
 6月08日(木)13:00 エカテリーナ・シプーリナ/アルチョム・オフチャレンコ
 6月08日(木)19:00 スヴェトラーナ・ザハーロワ/デニス・ロヂキン
 6月11日(日)18:00 ユリア・ステパノワ/アルチョム・オフチャレンコ
 6月12日(月)18:30 オルガ・スミルノワ/セミョーン・チュージン

パリの炎
 6月14日(水)19:00 エカテリーナ・クリサノワ/ウラディスラフ・ラントラートフ
 6月15日(木)19:00 エカテリーナ・シプーリナ/イワン・ワシーリエフ


そして上がるだろうなぁと思っていたチケット代は、

ザハロワ出演日(6月4日ソワレ、6月8日ソワレ)
S¥26,000 A¥22,000 B¥19,000 C¥15,000 D¥11,000

ザハロワ出演日以外
S¥24,000 A¥20,000 B¥17,000 C¥13,000 D¥9,000


という設定。 ザハロワの芸術を堪能する至極の公演との事で各席種2000円増し。 ロパートキナですらそんな事はなかったのに・・・。 

今日届いた夢倶楽部のDMに同封されていたチラシは、サイト掲載のものと同じで裏側の出演者にはマーシャもニクーリナもロブちゃんもヴォルチコフもそのままですが、発表されたキャストには名前がありません。
マーシャ、来ないの?

チケットの申し込みもどうしたものか・・・。 3演目は見る予定なのでチケット代が安くなってプログラムもつくセット券は魅力だけれど、席が選べない。 26列なんて当たっちゃったら悲しいしなぁ。 
ほぼ1年先のキャストに変更がない事を願う事の方が無理ってものだし、だったら日程で!とも思いますが、東京公演は金・土がひとっつもないし、日曜日も夜だったり、何気にきつい。 今のところ白鳥のスミルノワだけは決めていますが、後はどうしようかな・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボリショイ・バレエ 2017公演詳細
2016/06/25(Sat)
ロイヤルのロミジュリは予定通りカスバートソン&ボネッリ、ラム&ムンタギロフの2公演を見てきました。 ロミオへの思い入れが強い分、ボネッリ組の公演の方が印象深かったですが(ギャリーがティボルトだったし・・・)、2公演とも良い舞台でした。 6月に入りちょっといろいろあって、パソコンに向かう時間があまり取れずほとんど放置状態ですが、明日はジゼル最終日を見に行きます。 6月に入ってからのいろいろはそのうちお話できれば・・・と思いますが。

さて、今日はジャパンアーツ夢倶楽部のチケット売り出しという事でサイトにアクセスしたところ、ボリショイバレエの公演詳細がアップされていました。 こちら。 (出演者はPDFのチラシより)

ジゼル
 6月4日(日) 13:00
          19:00
 6月5日(月)  19:00

白鳥の湖
 6月7日(水) 18:30
 6月8日(木) 13:00
          19:00
 6月11日(日) 18:00
 6月12日(月) 18:30

パリの炎
 6月14日(水) 19:00
 6月15日(木) 19:00


来日予定ソリスト
 アレクサンドロワ、クリサノワ、ニクーリナ、オブラスツォーワ、シプーリナ、スミルノワ、ザハーロワ
 チュージン、ラントラートフ、ロブーヒン、オフチャレンコ、ロヂキン、ヴォルチコフ


ルスランは来ないのね・・・。 ホールバーグの名前もありませんね・・・。 まー、まだ1年先の公演ですからどうなるかはわかりませんけどねー。

チケットは7月4日~8日までの夢倶楽部WEBセットを皮切りに夢倶楽部WEB単券、夢倶楽部TELセット券及び単券というように8月13日の一般発売まで順次売り出されていくようです。 チケット代は後日発表との事です。


ところで、新国立劇場の「ロミオとジュリエット」ですが、会員郵送S席希望で申し込んだ初日の小野さんと福岡さんの公演のチケットが抽選で外れて取れませんでした・・・。 このペアで3公演あるものの10月29日(土)以外の2公演は学校団体が入る平日マチネって、ムンタギロフの日が無理だからってもう少し上手い日程の組み方ができなかったのでしょうかね? 
尚、一般発売日には29日の公演も一応全席種の用意があるそうです。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボリショイ・バレエ 2017年来日公演
2016/06/12(Sun)
昨日の「アラジン」の会場でもらったチラシの中に来年6月に予定されているボリショイ・バレエの速報がありました。

日程:6月4日(日) - 6月15日(木) 全10公演
会場:東京文化会館
演目:白鳥の湖 / パリの炎 / ジゼル


詳細は近日発表との事ですが、前売開始は8月13日(土)との事です。
ジャパン・アーツの先行などは7月中だったりするんですかね? 
ちょっと早過ぎ・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新国立劇場&ロイヤルバレエの昇進ニュース
2016/06/11(Sat)
今日は新国立劇場バレエ団の「アラジン」を見て来ましたが、その会場にダンサーの2016/2017シーズンからの昇格ダンサー等のお知らせが掲示されていました。 HPにもアップされていますね。 こちら

昇格ダンサーの方たちはおめでとうございますなのですが、マイレンが登録ダンサーに変ってしまうのですね。 ここ数年のキャスティングでさえ出番が少なくて物足りないという思いがあったのに、さらに舞台で見られる機会が減ってしまうのでしょうか・・・。 その人にしか出せない味を持っているダンサーなので、できるだけ長く多く舞台でその姿を見せて欲しいです。 なんといったって彼の踊りは美しいですし。

昇格ダンサー
<プリンシパル> 奥村康祐
<ファースト・ソリスト> 井澤駿
<ファースト・アーティスト> 飯野萌子/ 益田裕子

契約ダンサーから登録ダンサーへ移行するダンサー
<プリンシパル>  マイレン・トレウバエフ
<ファースト・ソリスト>  江本拓
<アーティスト>  原田有希/フルフォード佳林 

退団するダンサー
<アーティスト>  奥田祥智/吉岡慈夢


また、NBSサイトでは英国ロイヤル・バレエ団の昇進のニュースが。 こちら
平野亮一さんと高田茜さんがファースト・ソリストからプリンシパルに昇格したそうです。 高田さんは本当に順調であっという間のような感じですが、平野さんは少し時間がかかっただけに本当に良かったなと思います。 ただ自分的には今までの来日公演では平野さんをほとんど見ることができていたのに、今回はちょっと無理そうなのが残念。 高田さんも見られなそうだし・・・。 
そして初日まであと5日と迫ったロイヤル公演にキャスト変更のお知らせ。 サレンコがベルリン国立バレエ団の都合で来日できなくなり、変わりは同じくプリンシパルに昇進したばかりのフランチェスカ・ヘイワードが務めるそうです。 マックレーは予定通り出演との事。 
主演ダンサーのビデオメッセージも続々届いているし、これが最初で最後のキャスト変更でありますように!
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ