スターダンサーズ・バレエ団 SUMMER MIXED PROGRAM 8月5日
2017/08/10(Thu)
8月5日土曜日に新国立劇場で行われたスターダンサーズ・バレエ団のSUMMER MIXED PROGRAMを見てきました。 
お目当ては都さんとボネッリだったのですが、バレエ団のダンサーたちのパフォーマンスも充実した素晴らしいものでした。


N.N.N.N.
振付:ウィリアム・フォーサイス
音楽:トム・ウィレムス
愛澤祐樹、石川聖人、川島治、友杉洋之


Tシャツ、ランニングにズボン、半ズボンといったラフな格好の4人の男性ダンサーによるこの作品、全くの予備知識なしでは理解するのが難しく・・・。
幕が開くと一人のダンサーが自分の手をもう一方の手で持ち上げてはその手を外し、重力に任せてブランとなる腕の動きを楽しむというか不思議そうに見ているというか。 その後は4人のダンサーが入れ替わり同じことをしてみたり、舞踏のように踊ってみたり、お互いの体のパーツで遊んでみたり・・・という具合。
音楽:トム・ウィレムスとあるけれど、ほとんど音楽らしいものは聞こえなかったです。 席はけっこう前のほうだったのですけれど、時折ブーとかゴォーというような音が聞こえてきただけ。 それでも舞台上のダンサーには音楽として常に聞こえていたのでしょうか? 音楽に頼らずダンサーたちだけの呼吸で組み立てているようだったのが凄いななんて思ったりもしたのですけれど。 


ワルプルギスの夜
振付:ジョージ・バランシン
音楽:シャルル・グノー”ファウスト“
喜入依里、池田武志、渡辺恭子
久保田小百合、西原友衣菜


オペラ「ファウスト」のために振りつけられたバレエシーン「ワルプルギスの夜」。
自分にとって馴染みのある「ワルプルギスの夜」といえば、ミハイロフスキー劇場がまだレニングラード国立バレエとして公演していた頃にガラ公演で上演していたコフトン版。 バランシン版は一度だけ(おそらく)、都さん&テューズリーゲストでのスタダンの上演を2012年に見ています。
そしてスターダンサーズバレエ団の公演を見るのは2013年8月に「20世紀のマスターワークス」以来なのですが、コール・ドも長身でスタイルの良いダンサーが増えましたね。
新国立劇場から移籍したばかりの池田さんが早速活躍の場を得、実力を発揮していて良かったです。 ジャンプも高く踊りも綺麗で、パートナーを包み込むような優しい笑顔は喜入さんも頼もしく感じたと思うのですが、二人での合わせ方が足りなかったのか、サポートに少しぎこちなさが目立ったのは残念でした。 喜入さんは音をしっかりとらえた気持ちの良い踊りでしたが、自分が好みだったのは渡辺さんの流れるような綺麗なラインでの踊り。 久保田さんと西原さんもとても手堅く、特に久保田さんの長い手足がスピーディーに切れ良く動くダンスは魅力的!
そして女性たちがほどいた長い髪をなびかせながらの饗宴のクライマックスは疾風が吹きまくるようなスピード感があり、統制の取れたコール・ドのダンスも見事でした。
 
 
「眠れる森の美女」よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
オニール八菜、ユーゴ・マルシャン


パリオペラ座のNY公演、8月2日に福岡で終わったばかりのバレエ・スプリームと、かなりお疲れだろうとは思いますが元気に東京に戻って来てくれた二人。
パリオペの衣装はやはり手が込んでいて美しいですねぇぇ。 次の来日では是非全幕で「眠りの森の美女」を上演していただきたいです。 
そんな素晴らしい衣装に衣装負けしない華やかな二人のエレガントなPDDは本当に眼福でした。 マルシャンは手も大きい? 八菜さんをすっと引き寄せフィッシュダイブに持っていくときのあの抜群の吸い込み感(笑)。 踊りはとても柔らかくノーブルでした。 ザンレールの着地がやや乱れたりシェネが粗かったりもしましたが、いずれエイマンのように流麗な美しさを身につけてくれると期待しています。 
八菜さんもとても伸びやかで丁寧な踊りが良かったです。 途中二人のタイミングが合わなかったところもありましたが、最後、アラベスクで二人して後退していくところなどは上げた足も十分な高さをキープしたままぶれる事もなく息もぴったり。 これからますます注目の二人ですね。


Flowers of the Forest
振付:デヴィッド・ビントレー
音楽:マルコム・アーノルド、ベンジャミン・ブリテン
★4つのスコットランド舞曲
  渡辺恭子、池田武志
  加藤大和、高谷遼、西原友依菜、林ゆりえ
★スコットランドのバラード、  吉田都、フェデリコ・ボネッリ

  
小山さんによるプレトークの事をすっかり忘れていて席についたのは最後数分というところ。 大失敗~~(特にN.N.N.N. 聞いておくべきだった!)。 聞けたのはスコットランドのバラードの男性の衣装がこの季節には暑過ぎるのでダンサーたちから泣きが入ったというお話でした。 確かに軍服に近いキルトの衣装なので上半身部分もあり、素足にソックスではなくタイツの上にソックスをはき、さらに皮のベルトをしっかり締めるという事でかなりの暑さと重さのようです。 
日本初演の演目でもあるのにトークを聞きそびれたので、作品についての解説がないか?とバーミンガム・ロイヤル・バレエ団のサイトをチェックしたのですが、レパートリーというカテゴリーは見つからず・・・。 その代わり?この作品についてのビントレー監督のインタビュー記事がありました。
前半のスコットランド舞曲はスコットランドの絵葉書のような光景(丸太投げcaber tossingや咲き誇るヘザーの花畑の散歩とありましたが、のどかで明るく平和的なという事なのだと思います)を表現しているそうです。 後半のバラードは歴史的に影響のあった事に結び付けたかったために戦争がテーマとなったと。 使用しているブリテンの曲は第二次世界大戦中に書かれ、15分の曲の最初10分が葬送行進曲という一風変わった曲。 また、作品のタイトルであるFlowers of the Forestはイングランドに侵入しようとして大敗した1513年のフロッデンの戦いでの死者を悼むために歌われたスコットランド民謡との事です。 

4つのスコットランド舞曲はリーディングカップルの渡辺さんと池田さんがとても良かったです。 池田さん、渡辺さんへのサポートはさっきの不安定さは何?というほどしっかりしていて、さり気ない表情もいいし、また作品の表現力もとてもあるダンサーだと思いました。 移籍して良かったですね。 願わくば、もう少し白いタイツが似合う体型になってくれれば・・・。 この作品を作ったのはビントレーが21歳だった1979年との事ですが、新国立劇場で見てきた彼の作品を思わせる細かいステップやタフな動きも多く、それを軽快に踊りこなしていた3組のダンサーたちの実力に感心しきりでした。 そうそう、スコッチウィスキーでも飲みすぎたのか、一人の男性ダンサーの酔っ払いダンスなんかもあって面白かったです。 加藤さんなのかな?終盤の独楽のような高速シェネには目を見張りました。 こちらの男性衣装は白いシャツにキルトスカート、素足にソックスでした。 まだマシかな?(笑)

照明が一段と暗くなり全体的に深緑のトーン。 ボネッリの登場で和やかさの余韻が残っていた舞台上の空気もいっぺんに引き締まります。 キルトの軍服姿が麗しく立っているだけで絵になるボネッリ! 踊りも衣装の鬱陶しさなどこれっぽっちも感じさせない彼らしいノーブルな踊り。 やっぱりフェデリコ好きだなぁ~~。 次回のロイヤルの公演でも是非来日して欲しいです!! そして久しぶりに見る都さんは衰えなど微塵も感じさせない。 軽やかで優雅で身体伸びやかな踊りは驚異的ですね。 パートナーシップも変わらずに素晴らしく、2人で踊る姿をまた見る事ができたのも本当に嬉しかったです。

作品の最後では前半と後半のダンサー皆が一緒に踊りますが、ビントレーによればスコットランド人のロマンティシズム、悲しみ、ストイックなまでの高潔さを伝えたかったとの事です。 都さんと池田さん、渡辺さんとボネッリとペアを変える事(群舞もそうっだったと思うのですが、二組ばかり見ていたので・・・)で明暗両面の融合が感じられます。 暗いテーマを取り上げてはいるものの、前半と後半の対比は効果的でダンサーたちの多彩な舞踊表現に惹き込まれた作品でした。  是非また見たいです。 今度は冬にね!


何度も繰り返されたカーテンコールの最後にビントレーさんが登場しました。 いらしていたのですねー、感激!!
ビントレーさんもこの日の上演内容には満足されていたのではないかと思いますが、意欲的なスタダンのダンサーたちによる素晴らしいパフォーマンスと新国立劇場のステージに戻ってきたビントレーさんを見ていてこちらはやや複雑な気持ちになりました。 
新国立劇場では今シーズンも来シーズンもビントレー作品が上演されません。 劇場オリジナルも含め、過去に新国立劇場バレエ団が上演したビントレー作品には再演を望む作品も多いのに劇場側がその声に応えないのは本当に残念です。  古典でなければ云々という理由の他に前芸術監督時代の作品はもう上演しないというようなポリシーがないといいですけれど。 新国立劇場のレパートリーにはビントレー作品を含め様々な振付家の数多くの作品があります。 観客の声に耳を傾け、もっと偏りのないプログラミングを真摯に考えて欲しいと、スタダンの公演に満足しながらもそんな事を思いながら劇場を後にしました。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2017年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<飲み残しのワインに酸化防止の優れもの♡♡ | メイン | 虹を見た🎶>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3297-44695943

| メイン |