シクリャローフのゲストプリンシパル取り消し
2016/07/16(Sat)
来年のマールイの来日はなしとの事に意気消沈して、しばらくミハイロフスキー劇場のHPも見ていなかったのですが、来シーズンからゲストプリンシパルになる予定だったシクリャローフが個人的な諸事情によりという理由で契約を取り消したそうです。 7月9日付けで劇場のNewsに掲載されています。 こちら
シクリャローフは昨日からの「バレエの王子様」に出演しており、チラシに使われている昔の写真と違って年相応の男性らしい顔つきになって頼もしい雰囲気になってきたなぁぁなどと感心したりしたばかりですが、いろいろと難しい問題もかかえているんですね・・・。
先日ゲストプリンシパルになったと記事をあげてしまいましたので、遅まきながらアップデート致します。

さて、本日はボリショイの夢倶楽部WEB単券発売でした。 あれからいろいろ考えてセット券申し込みは止め、白鳥とパリの炎を1公演ずつ見ることとしたので、さきほどブロック指定で購入しました。 それぞれまずまずの席が取れたので良かったです。 あとは自分の前の人の座高が高くないのを祈るのみ!(笑)

この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<バレエの王子さま 7月15日 | メイン | シクリャローフがマールイのゲストプリンシパルに>>
コメント
-  -
M様

 何だかわけのわからない事情がありそうですね、シクリャローフをめぐっては。私も一瞬大喜び、次の瞬間にはがっかり…でした。

 今日は体調が戻らない中(先日レッスンに無理に行き、ふらふらしてピルエットでこけた)、「バレエの王子様」に行って来たのですが、101を踊るシクリャローフはとっても楽しそうでした。ダンゴも生き生きしてましたよ。
 ロシア・クラシックのファンとしてはシクリャローフには正統派王子様でいて欲しい気もしますが、やっぱり本人はもっと自由に、いろいろな可能性を試したいのですね。

 そんなシクリャローフを応援したいな、と思いましたが、やっぱりマリインスキーは絶対に手放さないぞ、ってところでしょうか。不正競争防止法みたいに、同じ地域で一定期間内は営業禁止…なのかもしれませんね。
 それならいっそ、英国ロイヤルにでも移籍してくれれば、フェデリコが引退した後(2年後ぐらい?)のムンタ(ギロフ)の負担も軽くなるのに…。

 公演に出かける前にボリショイのチケットをとったのですが、けっこう好みの席がとれました。

 私はパリの炎はお話が苦手なのでパスし、元気な技巧派、クリサノワのジゼルとスミチューの白鳥です!今度のロイヤルみたいに変更なくみんな元気に来日してくれるといいですね!

     MIYU
2016/07/16 18:03  | URL | MIYU #-[ 編集]
-  -
MIYUさん、

ロシアも最近はいろいろ問題が多いようですが、当事者以外の周りのダンサーたちが変に振り回される事がなければいいなと思います。 と同時に劇場のダンサーで王子を踊れるのに最近チャンスが与えられなくなったダンサー(ヤフニュークとか・・・)をもっと起用して欲しいなと。
昔と違って、今は世界の他のバレエ団の様子がよく分かりますし、交流も増えているので、ひとつの劇場にいてはずっとチャレンジする事ができない事も見えやすく、またそういうものの魅力は大きいのでしょうね。 

MIYUさんもお忙しいのに、バレエのレッスンにちゃんと行っていらっしゃるのですね。 素晴らしい! 何かを続けるというのは本当に大変ですが大切な事ですよね。 でも体調崩された後なのであまり無理はしないで下さいね~。

ボリショイ、白鳥は初日のスミルノワ、パリの炎がクリサノワの日です。 パリの炎、すかっと!という物語ではありませんが、踊りは楽しめるかなと思い初めて見る事もあり楽しみにしています。 いずれマールイでも見られれば・・・。
2016/07/17 22:28  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3182-bce2d9bc

| メイン |