シクリャローフがマールイのゲストプリンシパルに
2016/07/05(Tue)
ミハイロフスキー劇場は「眠りの森の美女」で来シーズンの幕を開けますが、その初日、9月13日のデジレ王子にウラジミール・シクリャローフがキャストされているので、おや?と思ったら、来シーズンよりミハイロフスキー・バレエのゲストプリンシパルになるようです。 こちら。 12月3日の「ドン・キホーテ」のバジルも踊る予定。 シクリャローフは来期はゼレンスキーが監督となるミュンヘン・バレエと契約をしたとの事なので、ペテルブルグにおいてはマリインスキーではなくミハイロフスキーで踊るという事なのでしょうか?  ルジマトフ、サラファーノフ、ワシーリエフ、シクリャローフ、フォーゲル、セミオノワが劇場のダンサーとして出演するマールイの舞台、ほんとーにケフマン体制になったこの10年の間に変りましたねぇ。
さて、来シーズンは11月に「ラ・シルフィード」の新作プレミアが予定されています。 ブルノンヴィル版をメッセレルが改訂するのですね。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シクリャローフのゲストプリンシパル取り消し | メイン | ボリショイ2017年日本公演 主演キャスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3181-63bbc224

| メイン |