2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
新国立劇場バレエ団「ドン・キホーテ」 5月8日
2016/05/15(Sun)
一週間経ってしまいましたが、新国立劇場ドンキ最終日の8日は随所で絢子ちゃんと雄大君のパートナーシップの深まりとその妙を感じる事のできた素晴らしい舞台でした。 という事で感想はほぼ2人についてで絶賛モードです・・・。
2人はここ数年、ほとんどの作品でペアを組んで踊ってきているだけあって、踊り・演技の両面に余裕と信頼を感じます。 演技面で言えばちょっとしたアイコンタクトなどもとても自然だし、キトリがバジルに抱きついたりする時も体をぴったりくっつけて回す腕にもぎゅっと力が込められているし、バジルもそんなキトリをしっかり抱きしめて、舞台上で恋人同士を演じているのではなくちゃんと恋人同士になっているのがいいですね。 日本人ダンサーじゃなくても恋人同士のフリくらいにしか見えない主役が案外多いので、それがとても好ましく魅力的に感じました。

前回は見逃した絢子ちゃんのキトリ、ちょっと気が強くて明るく活発なお嬢さんって感じです。 くるくる変わる表情もとても豊かで生き生きしているのがいいですね。 踊りはいつもより大きく手足を動かしダイナミックに見えます。 それでいてムーブメントは柔らかく綺麗で雑なところは一切なし。 フェアテも流れるように軽快に決めていました。 また音のとり方が素晴らしいのは変わらずで、音楽の緩急に関わらず一音たりとも無駄にする事なく音に乗り続けている彼女の踊りはともかく見ていて気持ちがいい。  音を上手く使って役らしいアクセントを付けられるのも彼女ならではだと思います。 
雄大くんは2月のシルフィードの時よりも体が絞れてすっきりしたライン。 踊りは軽快にきっちりと。 カスタネットのソロもジャンプの切れがよく回転も速くてぶれない。 サポートも問題なく、片手リフトも1幕の2回目はとても長くて絢子ちゃんも飛び切りの笑顔でタンバリンを鳴らし続けていたのが印象的でした。 一幕最後に広場から去って行く時もリフトで投げられた絢子ちゃんがくるっと空中で回転というノリノリモード。
演技の方もいろいろと細かくというか、そこに仲間たちとの普通の生活が見えるようで周りとのやり取りを楽しんでいるようでした。 

2幕も引き続き好調で、酒場での踊りは二人とも弾けてました。 下手での酒盛りも賑やかでしたが、キトリがエスパーダからもらった薔薇にうっとりしているのを見てもーれつに嫉妬するバジル。 口を開けたままむくれて固まってたのが可笑しかった。
夢の場での絢子ちゃんのドルシネアは優雅で気品があって真骨頂を存分に発揮。
そして3幕のGPDDはとても完成度が高く、ドンキらしい開放的な華やかさもありながら2人のダンスは端正でエレガントで実に堂々としていました。 呼吸もぴったりで片手リフトやフィッシュダイブもきっちりと。 雄大君の大きく周ったトゥール・ド・レン・アン・マネージュはお見事。 絢子ちゃんのヴァリはここでもニュアンスの付け方が上手く実に音楽的でキュート。 32回転は前半はシングル・シングル・ダブルでまとめ後半はシングル。 最後やや乱れてのフィニッシュを気にしたのか控えめなレヴェランスでなんとなくトーンダウンしたところに雄大君がそんな空気を一層するような爽快なピルエット。 その心意気に応えた絢子ちゃんの高速回転も勢いがあって盛り上がりましたねぇぇぇ。 最後の最後、絢子ちゃんの回転軸が乱れたのを雄大君がさり気なくぐいっと引き寄せてポーズ!だったのですが、本当に彼は頼もしいパートナーとなりましたね!  
来月のアラジンも見ますけど、来シーズンの2人のロミジュリもとっても楽しみになってきました!!

脇キャストで目を惹いたのは八幡さんのアクティブなサンチョ・パンサ。 大きなジェスチャーはとても分かりやすかったですし、踊りではなくても常に音を聞くことにも神経を使っていたように感じました。 奥村さんはお茶目で爽やかなガマーシュを好演していましたが、つくづくもったいないなと・・・。 
森の女王を踊った木村さんは初めて見ましたが、頭が小さく体が華奢なダンサーですね。 長い腕のポール・ド・ブラはとても綺麗でしたし落ち着いた踊りでした。 キトリの友人役の奥田さんと細田さんは2人とも踊りが綺麗で舞台に華やぎを添えていました。 
益田さんのギターの踊りは哀愁が感じられて良かったですし一緒に踊っていた二人のダンサーが2人とも超美人で目の保養♪
爽やかな色気があったボレロの林田さんは今後注目かも。

そんなこんなで初日同様とっても楽しい舞台でした。
カーテンコールも大盛り上がりで、最後は一階席ではかなりの人がスタンディングオベーション。 新国立劇場のゲストなしの公演でこんな盛り上がりを経験したのは初めてですが、ゲストなしの舞台のクオリティーも非常に高く、団員一丸となってよい舞台にしようと取り組んでいるのがよく伝わってきます。  





キトリ:小野絢子
バジル:福岡雄大
ドン・キホーテ:貝川鐵夫
サンチョ・パンサ:八幡顕光
ガマーシュ:奥村康祐
ジュアニッタ:奥田花純
ピッキリア:細田千晶
エスパーダ:小柴富久修
街の踊り子:寺田亜沙子
メルセデス:堀口 純
ギターの踊り:益田裕子
ジプシーの頭目:マイレン・トレウバエフ
二人のジプシー:池田武志、宇賀大将
森の女王:木村優里
キューピッド:広瀬 碧
ボレロ:寺井七海、林田翔平
第1ヴァリエーション:五月女 遥
第2ヴァリエーション:柴山紗帆
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2016年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3159-437db47f

| メイン |