桜&クリスマスローズ 見頃の花々
2016/04/05(Tue)
土日ともいまいちの天気予報だったので、とりあえず雨が降っていなかった土曜日に近くで桜を見てきました。

2016040303.jpg


観戦スペースの後方にぐるっと植えられているソメイヨシノを間近で見られるように、今年も武蔵野陸上競技場が4月10日まで一般解放されているのですが、以前より立ち入る事のできるスペースが狭くなっていてちょっと残念。 マナーが悪くなったからというような理由じゃないといいですが・・・。 桜は満開の樹がほとんどでしたが、隣接しあっている木々でも日の当たり具合の差なのか、一部7分咲きくらいの樹もありました。 
枝ぶりも良い木ですが、花もみっしり状態。
2016040302.jpg

2016040301.jpg


そして今年の桜、なんとなくいつもよりわずかにピンク色が強くなっているような気がしました。 

競技場の近くには道路の両側に比較的樹齢の高い樹のサクラ並木があり、この日も多くの人が思い思いに花を愛でていました。
2016040502.jpg

2016040501.jpg


芽吹く力は凄いというか、幹のあちこちから可愛らしい花を咲かせているんですよねー。
2016040304.jpg

2016040307.jpg


そしてしばらく歩いたところにある大企業の敷地の周りに沢山植えられているクリスマスローズもちょうど見頃でした。 
2016040305.jpg

2016040306.jpg

クリスマスローズって育てるのが難しいと聞いた事がありますが、こんなにわさわさ地植えされているとそうでもないのかなー?と思ったりして家でもやってみようかな?? 1ヶ月くらい前に花やさんで買ったものは上手く水揚げができず、一晩でしなっとしてしまったので初めて湯あげをしてみました。 湯あげといってもつけておく時間などにいろいろ違いがあるみたいなのですが、私はお湯が冷めるまで入れっぱなしにしておきました。 とりあえずは茎に力が戻ったので良かったのだと思いますが・・・。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<4月9日 東西狂言の会 | メイン | 2016 うちのチューリップ(1)>>
コメント
-  -
M様

 桜、今が見ごろですね。色もきれいだし、香りも良いし。ロパートキナが、一度桜のシーズンに日本に来てみたい、と言ってましたが、本当に彼女にぜひ見せてあげたいです。

 ロパートキナと言えば、ジャパンアーツのガラ、お相手がエルマコフで、ちょっと残念でしたね。演目もいまひとつよくわからないような…。

 でも、彼女が踊ってくれるんだから、私もジャパンアーツさんの招待券を申し込んでみようかな、と思います。まぁ、当選しても、オペラグラスが手放せない席だとは思いますが…。

 クリスマスローズは切花だとすぐにだめになる気がしますが、土に植えると強いです。小さな苗も1、2年でかなり立派になります。

 チューリップは今のところ植えていないのですが、何だか私も育ててみたくなりました。「アイスクリーム」というおもしろいシリーズを見つけたので、この秋にはぜひ植えてみたいと思います!

   MIYU
2016/04/06 00:44  | URL | MIYU #-[ 編集]
-  -
MIYUさん、

桜を見上げて歓声をあげながら写真を取って嬉しそうにしている外国人を見ると、ラッキーな人たちだなーと思います。 いくら桜に合わせて日程を組んだつもりでもずれちゃう事がありますものねー。 
そしてロパートキナにもマールイのダンサーたちにも満開の桜をみせてあげたいと心から思います。 シヴァコフやペレンのように夏秋冬と数え切れないほど来日しているダンサーですらこの季節は一度もないんですよね。 
JAの公演、ロパートキナの演目をクラシックとモダンと分けて、それぞれにダニーラとエルマコフを組ませてくれれば良かったのにぃぃぃ!と思わずにはいられない私です。 どうしてももう一度あの2人のダイヤモンドが見たいんです!!!

MIYUさん、ホント、園芸の事は何でも知っていらっしゃる! 地植えができるかはわかりませんがクリスマスローズは試してみたいです。
で、「アイスクリーム」なんですけど・・・、チューリップ好きとしてはう~~んという品種です(笑)。 でもこの秋は私も珍種を集めてみようかな?とも思ったりして♪  
2016/04/06 22:36  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3148-c649ef37

| メイン |