ザハロワ&レーピン「瀕死の白鳥」
2016/02/06(Sat)
チケットぴあにワディム・レーピンをお気に入りに登録していたら(忘れてたけど・・・)こんなお知らせが来ました。
スヴェトラーナ・ザハロワ/ワディム・レーピン「瀕死の白鳥」、プリセール2月6日(土)昼12:00

6月11日(土)17時より愛知県芸術劇場コンサートホールでザハロワ&レーピン「瀕死の白鳥」~マイヤ・プリセツカヤに捧ぐ~という公演が予定されています。
2人の他には室内合奏団とダンサー3名の出演が予定されているそうですが、そのダンサーが誰なのかは分からず。

<2月6日追記>
コメント欄でnaomiさんに教えていただきました(ありがとうございます)。 
すでに公演会場で配られているチラシによると予定されている3名のダンサーはミハエル・ロブーヒン、ウラジーミル・ヴァルナヴァ、ドミトリー・ザグレビンとの事です。


なんですが、プログラムがなかなか好みでして。

   アルビノーニ:オーボエ協奏曲
   ジョン・ウィリアム:Revelation シンドラーのリストより
   バッジーニ:精霊の踊り
   サンサーンス:白鳥
   他


イープラスでも同じタイミングでプレオーダーがあるようですが、一般発売は2月13日(土)10時からだそうです。

で、名古屋でのたった一日しかない公演なのだろうか?とぐぐってみたところ、トランス=シベリア芸術祭in Japanという公演でサントリーホールでもザハロワが出演する公演がある事が分かりました。

2016030501.jpg


2016年6月17日(金) 19:00 開演
 
   サン=サーンス: 白鳥(瀕死の白鳥)
   ペルト: フラトレス
   モンティ: チャ-ルダーシュ
   ポンセ: エストレリータ、他

出演
バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ
ヴァイオリン:ワディム・レーピン、他

料金
未定 (2月下旬一般発売予定)


さらに18日にはサントリーホールでミッシャ・マイスキー、諏訪内晶子さんなど豪華メンバーが揃う魅力的なコンサートもあるようです。
【日時】 2016年6月18日(土)18:00
【会場】 サントリーホール
【出演】 ワディム・レーピン、諏訪内晶子、田中杏菜 (ヴァイオリン)
     アンドレイ・グリチュク (ヴィオラ)
     ミッシャ・マイスキー (チェロ)
     ニコライ・ルガンスキー (ピアノ)
【曲目】 プロコフィエフ: 2つのヴァイオリンのためのソナタ ハ長調 op.56
              ヴァイオリン/ワディム・レーピン、諏訪内晶子
      ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 op.81, B.155
              ヴァイオリン/諏訪内晶子、田中杏奈
              ヴィオラ/アンドレイ・グリチュク
              チェロ/ミッシャ・マイスキー
              ピアノ/ニコライ・ルガンスキー
      チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50 「偉大な芸術家の思い出に」
              ヴァイオリン/ワディム・レーピン  
              チェロ/ミッシャ・マイスキー
              ピアノ/ニコライ・ルガンスキー


そして22日にはオペラシティ コンサートホールでレーピン&マイスキー協奏曲の夕べも予定されています。 自分の好きなブラームスにチャイコフスキー♪

【日時】 2016年6月22日(水)19:00
【会場】 東京オペラシティ コンサートホール
【出演】 ワディム・レーピン (ヴァイオリン)
      ミッシャ・マイスキー (チェロ)
     広上淳一 (指揮)、日本フィルハーモニー交響楽団
【曲目】 アウエルバッハ:ヴァイオリン協奏曲第3番"深き淵より"
                ヴァイオリン/ワディム・レーピン
     チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 op.33
                チェロ/ミッシャ・マイスキー
     ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 op.102
                ヴァイオリン/ワディム・レーピン
                チェロ/ミッシャ・マイスキー

コンサートも聴きに行きたいけれど、この時期ロイヤルの公演もあるんですよね・・・。 20日にサントリーホールで予定されている五嶋みどりさんのリサイタルにも行きたいし・・・。
この記事のURL | 音楽 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<2月6日 ザ・クラリノッツ コンサート | メイン | ミハイロフスキー劇場2月公演主要キャスト>>
コメント
-  -
こんにちは!公演でチラシが配られていました。

出演:ザハロワ、レーピン、
ミハエル・ロブーヒン、ウラジーミル・ヴァルナヴァ、ドミトリー・ザグレビンとありました。

ドミトリー・ザグレビンは元ボリショイで、今はスウェーデン王立バレエのファースト・ソリストのようです。ウラジーミル・ヴァルナヴァはマリインスキー・バレエの振付家で、ザハロワのために「Plus. Minus. Zero」という作品を振付けており、黄金のマスク賞も受賞したことがあるそうです。
2016/02/06 01:54  | URL | naomi #3vDgU7m.[ 編集] ▲ top
-  -
naomiさん、こんばんは。

気になるダンサーの名前を教えていただきありがとうございます♪
ロブちゃん、夏のガラに加え、こちらにも来てくれるんですねー。 わたしけっこう好きなんです、ロブーヒン。
11日と17日の公演ではけっこうバレエ作品も多く上演されそうですね。
ヴィシのガラでホールバーグが踊った精霊の踊りは作曲者が違いますが、バッジーニの精霊の踊りもダンサーの踊りがありそうな・・・。
2016/02/06 22:25  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
私もロブーヒンは好きです。彼のスパルタクスもティボルトも良かった!

はい、結構バレエは上演されそうですね。「精霊の踊り」もバレエありそうですし。後は気になるのはお値段ですね。
そしてこれがチラシ画像が入った、主催者のTwitterです。
https://twitter.com/AMATI_Inc/status/691441680482832384
2016/02/07 02:56  | URL | naomi #3vDgU7m.[ 編集] ▲ top
-  -
naomi さん、
AMATIのサイトを見て来ました。 演目もすべてではないにしろ、発表されていますね。 
で、気になるお値段ですが、S席17000円となっていました。
http://amati-tokyo.com/performance/20111009.html 
なかなか充実したプログラムではありますが、やはりお高い・・・。
これほどバレエの上演が多いとは思っていなかったのですが、サントリーホールは聴くホールなので見るという事になると段差のあまりない前方はちょっと辛いかもしれないですね。
2016/02/07 22:21  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3122-c95f9f3d

| メイン |