2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
10月8日 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサート
2015/10/14(Wed)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:クリストフ・エッシェンバッハ
会場:サントリーホール

2015101401.jpg

モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調
    --- 休憩 ---
モーツァルト:交響曲第40番ト短調
    --- 休憩 ---
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調「ジュピター」



好きじゃないわけじゃありませんが普段あまりモーツァルトは聞きません。 家でCDをゆっくり聞いて楽しむ事自体、土日にあるかないかという日常なので本当にモーツァルトはめったに聞かないんですよね。 なのでメジャーな曲ながら手持ちのCDで予習をしました。 手持ちのCDは39番がワルター&コロンビア交響楽団の1960年録音のもの。 これは昔SONYのクラシックCDクラブ会員だった時に買ったものですが、そんな会員になっていたんだな~と懐かしく思い出しました。 40番&41番はクーベリック&バイエルン放送交響楽団の1980年録音のものです。 これは確か同じ頃に父親のコレクションから失敬してきたものかと(笑)。 この3曲をipodに入れて9月のタッチキンのバレエ公演が終わった後くらいから時間を見つけては小出しに聞いてました。 聞き出すとやはり3曲とも素晴らしい曲だと改めて思います。
このモーツァルトの最後の3つの交響曲は1788年の短期間に続けざまに作曲されています。 39番が6月26日、40番は7月25日、41番は8月10日に完成されたのだそうです。 まさに3部作という感じですね。 

ウィーンフィルの演奏を生演奏で聴くのは今回が初めてでした。 CDでは何度も聴いていても、実際に聴いたらどのような音が耳に飛び込んでくるのか・・・、出だしの音に対する期待と憧れとドキドキ感は半端なく凄かったです(笑)
果たして、39番の出だしのヴァイオリンのまるで一本の糸のように細くクリーンな美しい音色に驚き&感動。 優美だけれどベートーヴェンのエロイカに繋がっているように感じる旋律など堂々とした雰囲気もある一楽章。 3楽章のメヌエットの木管も美しく、軽快に盛り上がる4楽章とあっという間に終わってしまった感じでした。
遥か昔、高校生の頃に一番好きだった40番も生演奏で聴くのはかなり久しぶり。 切なく美しく翳りのある音色。 素晴らしかったです。
41番、手持ちのCDの演奏時間は31分ですが、この日の演奏はリピートがきちんとされた40分近いものでした。  39番も40番もエッシェンバッハの指揮はわりとメリハリをはっきり要求したものだったと思いますが、41番はさらにテンションが上がり、激しさと優しさが絶妙なコントラストを作り出す素晴らしく感動的な演奏でした。 予習で聞くうちにすっかり好きになった41番でしたが、こんなに親しみやすく美しく多彩な旋律がぎっちり詰まっていながら明快で爽快で堂々としたザ・王道な曲だったのかと改めて感じさせられました。  「全能の神」ジュピターの名前がついたのもごく自然な事だったのだと思えます。 しかし、本当に弦楽器も管楽器も音が柔らかくて綺麗だったなぁぁぁ。 


本公演のプログラムには来日メンバーではなくウィーンフィルハーモニーの在籍メンバーすべてが記載されているので、誰が誰なのやらさっぱりわからなかったのが残念ですが、7月のアンサンブル・ウィーン=ベルリンのコンサートで来日したオーボエのクレメンス・ホラークさんが41番で吹いてくれたのはちょっと嬉しかったです(知っている人として勝手に親しみを覚えてる・笑)。  フルートは3曲とも1本ですべて同じ奏者に見えましたが、上記コンサートのメンバーだったカール=ハインツ・シュッツさんではなかったような・・・。 そして来年のクラリノッツより先にオッテンザマー親子共演を見られる?と期待していたクラリネットにはお二人とも姿がありませんでした。 エルンストさんは4日協奏交響曲のソリストとしてプログラムに紹介されているので来日はしているのですね。 この日はメンバーが良く見える2階席だったのですが、ホルン奏者は演奏中でも本当に楽器の調整に忙しいんですね。 でもそのホルンを3曲とも安心して聴けたのもこのオケならではでしょうか? 清清しく響き渡る音色が素晴らしかったです。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/3078-8ba417d7

| メイン |