新国立劇場「白鳥の湖」 2月21日
2014/03/04(Tue)
年が明けてからずっと仕事が忙しかったのですが、2月になってさらに加速。 一時はダメかと思った2月21日のマイレンの「白鳥の湖」、なんとか無事に見ることが出来ました。 終演後、少しメモってあったので得意の備忘録という事で・・・。


道化の小野寺さんは初めて名前を意識したダンサーでしたが、完璧とはいかないまでも軸のしっかりした高速なピルエットに柔軟で小気味の良い体の動きでこの役に抜擢されたのも納得。 みんなに愛されている可愛い道化という感じで演技も自然で楽しそうだし、3幕の舞踏会での踊りも含め、動きが音楽に綺麗に合っているのが見ていて気持ちが良かったです。 
トロワの長田さん、待望の白鳥主演があるというのにその日は都合が悪く見られないのが非常に残念。 一音一音を無駄にしない音楽性に優れたしなやかな踊りはいつも通り。 細田さんはよく踊っていたけれど少し硬かったかなぁ。 江本さんもそつなく手堅くまとめていました。

マイレンは落ち着いた分別のある王子。 演技も丁寧でよく考えられていました。 1幕の終わり、湖に向かう前に花や本を手にしたりしても気持ちが落ち着かずにやがて弓を取るという一連の流れの後での少し沈んだ面持ちでのエレガントなソロは絶品でした。 弓を持っての高速シェネがとても美しかったなぁ。 堀口さんの白鳥はデビューにもかかわらず、万全なマイレンのサポートのせいもあってか、堂々として緊張しているようには見えなかったのが凄いなと。 アラベスクなどのポーズも美しかったです。 たださすがにどの瞬間を切り取ってもというわけにはいかず、恵まれた肢体を持っていても常に完璧な白鳥のフォルムを作るのは本当に難しい事なのだと改めて感じました。 
また、踊りよりも気になったのは、オデットと王子の間にあまり愛が感じられなかったというか、恋に落ちて惹かれ合っている二人というようには見えなかった事。 マイレンってこういう正統派王子役の時は意外なほど恋愛感情の表現は控えめなんですよね。 まぁ落ち着いた大人の王子という路線では最後まで一貫していましたが。 堀口さんのオディールは気品の中にしたたかさを隠したクールビューティーなオディール。 ヴァリエーションまでは伸び伸びとして良かったと思いますが、32回転で乱れてしまった後のコーダにはもう少し強さと華やかさが欲しかったです。 マイレンはここでも磐石な踊り。 もう少し高揚した気分のザ・青春!でもいいんだけどな(笑)。 
ロットバルトの輪島さんは、動きも大きく良かったのですが、ここのロットバルトってあまり禍々しさというか不気味な存在感がないんですよね。

3幕の舞踏会。 各国の踊りは新国らしく手堅く綺麗にまとまっていました。 個人的には凛とした雰囲気の中にも柔らかさと艶やかさがあった細田さんのルースカヤが良かったです。 湯川さんのスペインが素晴らしいのはもちろん、初めて見た本島美和ちゃんも目力があって魅力的でした。 本島さんと細田さんはこの日は大忙しの大活躍でしたね。 

そしてやはり新国らしく素晴らしかったのが白鳥のコール・ドでした。 見た目によく揃っているというだけでなく、群れとしての感情の表し方というか、同じ思いがいくつも重なりあった一体感の表現はぴか一ではないかと思います。 そして小さな4羽の揃いっぷりが半端ではないのも新国ならではです。

とまぁ、3幕までは普通にいいんですが、4幕の幕切れ、セルゲイエフ版を中途半端に踏襲した演出とオデット&ジークフリートvsロットバルトの戦いの歯切れの悪さのために何回見てももやもやと・・・、最後に盛り下がってしまうんですよねぇぇ。 ロットバルトだって派手にのたうちまわって死にたいだろうに、塩をかけられたなめくじみたいな力のつき方なんだもんなぁ。 オデットと王子がもっと愛の物語を紡いでいてくれたら二人のハッピーエンドに心温まって終われるような気もするのですけどね。




オデットオディール: 堀口純
ジークフリート王子: マイレン・トレウバエフ 
ロットバルト: 輪島拓也
王妃: 西川貴子
道化: 小野寺雄
王子の友人(パ・ド・トロワ): 長田佳世、細田千晶、江本拓
小さい4羽の白鳥:さいとう美帆、五月女遥、大和雅美、石山紗央理
大きい4羽の白鳥:本島美和、丸尾孝子、細田千晶、川口藍
ルースカヤ: 細田千晶  
スペインの踊り:本島美和、湯川麻美子、小柴富久修、林田翔平
ナポリの踊り: 五月女遥、竹田仁美、原健太
ハンガリーの踊り:  丸尾孝子、貝川鐵夫
2羽の白鳥:本島美和、細田千晶

指揮:アレクセイ・バクラン
管弦楽:東京交響楽団

この記事のURL | バレエ鑑賞記 2014年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場3月公演主要キャスト | メイン | 10月に五嶋みどりさんのリサイタル&協奏曲の夕べ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2832-dd941a54

| メイン |