午年にぴったりなワイン
2014/02/09(Sun)
チリ、マイポ・ヴァレーにあるHARAS DE PIRQUE(アラス・デ・ピルケ)というワイナリーの「HUSSONET CABERNET SAUVIGNON 2009」を飲みました。

2014020901.jpg


エノテカの「和食と合わせてゆったり愉しむ♪ 渋みの少ない赤ワイン」という3本セット(6,000円)で購入したので1本あたり2,000円ですが、定価は2,500円。
「アラス」というのはスペイン語で「馬牧場」という意味だそうで、ワイナリーとともにサラブレッド牧場も経営しているのだそうです。 そんなわけでエチケットもサラブレッド。 そしてワインの名前のHUSSONET(ハソネット)は過去にチリで最優秀種牡馬となった馬だそうで。 落ち着いたモスグリーン(この写真は色の感じがちょっと違うんですが・・・)にクォリティーの高さをイメージさせるようなデザインはとっても素敵。 
コルクを抜きデカンタに注ぐとほのかに広がる甘い香り。 ぶどうの品種はカベルネ・ソーヴィニヨン85%、カベルネ・フラン15%で、色は比較的濃くて赤黒い紫。 飲み始めはわりとおとなしくまとまっているワインかと思いましたが、チーズとあわせるとコクと甘さが増し、さらに時間が経つと隠れていたようなパワーが感じられ、飲みやすさに調子に乗って量を飲んでしまうと痛い思いをしそう(笑)。
エチケットも素敵だし、午年のこの一年に活躍しそうな美味しいワインです。
この記事のURL | ワイン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<海外ドラマ | メイン | 開会式♪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2822-d10af944

| メイン |