2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
12月12日 ユンディ・リ ピアノリサイタル
2013/12/14(Sat)
12日に母のお供でオペラシティへ。
18歳でショパンコンクールで優勝したユンディ。 うちの母はそれからずっとユンディのファンですが、そんな彼ももう31歳なんですね。 早い・・・。

2013121401.jpg

                      オペラシティ、ホワイエのクリスマスツリー

今回、彼のたっての希望でという事で急遽開催となった東京でのリサイタル2公演。 両日ともチケットは完売の盛況振り。 最近は休憩時間に男性トイレに行列ができるという光景に思わずにんまりするコンサートが多かったのですが(笑)、この日はさすがに圧倒的に女性が多かったです。


ショパン:ノクターン 第1番 変ロ短調
ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調「熱情」

   --- 休憩 ---

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」

<アンコール>
彩雲追月(中国民謡)



ユンディのコンサートは、2009年にゲルギエフ&マリインスキー管でチャイコのピアノ協奏曲を聴いて以来です。  あれから4年経って、「ピアノ界のキムタク」とか「ピアノ界の貴公子」というイメージはなんとなくなくなったような・・・。
以前よりもタッチが力強くなったような気がします。 特に「月光」の3楽章が熱演でしたが、丁寧に弾いていた緩徐楽章が印象的でした。 自分も学生の頃、ピアノを習っていて「悲愴」と「月光」は弾いたことがあるのですが、この日のユンディの演奏、何箇所か譜面と違う?と感じたところがありました。 気のせいだろうか? 
アンコールは3分くらいの短い曲。 この曲が一番詩情があって音が綺麗だった気がします。 
ユンディは来年全国ツアーを行うそうです。 11月6日(木)、10日(月)のサントリーホールがすでに決まっていて、詳細は4月下旬に発表予定との事。
この記事のURL | 音楽 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<チューリップの芽が・・・ | メイン | ミハイロフスキー劇場「くるみ割り人形」Photo & Trailer>>
コメント
-  -
今、Youtubeでユンディの演奏聴きながらコメントしてます(笑)

ユンディのリサイタル行かれたのですね!!私、ものすごく行きたかったのですが平日だし仕事の都合上時期的に無理そうだったので涙をのんであきらめたんです(T T)昨年はチケットを取っていましたが尖閣諸島問題で公演中止になったし。

お母様、ファンなのですね♪ 私は2010年のショパンイヤーにオールショパンプログラムを生で聴いてからファンになりました^^

来年は絶対行きたいです~!!
2013/12/18 22:00  | URL | しまじろう #-[ 編集] ▲ top
-  -
しまじろうさんも昨年中止になってしまった公演のチケットをお持ちだったのですね。 うちの母もあの時はすっごくがっかりしていました・・・。
ユンディというとどうしてもショパンのイメージが強いのですが、今回ベートーヴェンの3大ソナタを披露したように、今はベートーヴェンに魅せられているみたいです。 最近「クラシックはおいしい  アーティスト・レシピ」という著書を出版した伊熊よし子さんのブログにユンディーのインタビュー記事が載っています♪
http://blog.yoshikoikuma.jp/?day=20131214

2013/12/19 22:43  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
はじめまして。
芸劇でユンディのコンサートを聴きました。

>この日のユンディの演奏、何箇所か譜面と違う?と
>感じたところがありました。 気のせいだろうか?

私もベートーヴェンの至るところでミスがあったような
気がしました。特に悲愴第三楽章は「あれ?そんな
箇所あったの?」 と思うようなところがあって
誤魔化して弾いているような感じだったので気になって
周囲の人に聞いたけど、誰もこの曲を弾いた人がいなくて
真相は不明のままだったのですが、その後、ツィッターで
「悲愴1ページ位暗譜飛んでた」って書き込みを見ましたよ。

その方はオペラシティで聞かれたそうなので2日連続
このような間違いをしていたのかもしれないです。

今まで何人かプロの演奏は聞いたけど、ここまでミスが多い
のはちょっとびっくりしました。
2013/12/20 01:56  | URL | みどり #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
-  -
みどりさん、

はじめまして。
悲愴は1楽章より3楽章にてこずって、ピアノの発表会のためにそれまでにないというくらい弾き込んだ曲だったので、うん十年前ながら一番覚えている曲なのです。 ですので特に気になってしまったのですが・・・。
その日のコンディションというのもあると思いますが、ミス云々よりもコンサート全体を通して本人があまり乗っていないんじゃないかと感じてしまいました。
ただ、演奏後のあのサイン会、相当な人数が並んでいたようですが、あんなイベントが控えていると気が重くなったりしませんかね?(笑)
私など、テニスを1時間半した後に字を書こうものなら、もうミミズが這い回っているような字しか書けない状態です。
2013/12/21 10:39  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2794-6a558155

| メイン |