グラチャン4日目
2013/11/17(Sun)
昨日は女子のグラチャンバレーを見に東京体育館へ。 12時開始の第一試合から計3試合、充実したバレー観戦となりました♪

2013111606.jpg


チケットは完売との事で、女子バレーの人気の高さが伺えます。 ちなみに金曜日も完売との事だったので、最終日の今日ももちろんチケットは残っていないかと。

第一試合はアメリカvsタイ。 さすがに会場は2~3割の入りですが、少人数ながらタイの応援団の太鼓を叩きながらの大きな声援は会場中に響き渡っていたのでタイチームも力をもらったのでは?
オリンピック後にメンバーが変ったチームが多い中、長くタイナショナルチームでプレーしているメンバーの多いタイのまとまりは今回参加チームの中では一番だと思います。 観戦している日本人にもタイのメンバーはお馴染みだからすごく親しみを感じてほとんどの人がタイチームを応援していたような・・・。 お国柄かどんな時でも明るくて一生懸命な選手たちなので、それだけでも応援したくなります。 ただ、じぶんはなんといってもカーチ・キライファンですから、やはりキライのチームが負けるのを見たくはなかったので、一人おとなしくアメリカを応援してました。
んなわけで試合前の練習中のキライ♪
2013111601.jpg


この大会、運悪くバレエと重なり初戦しか見ていないのですが、昨日のアメリカは精彩がなかったです。 リズムがつかめないというのかチームがバラバラというのか・・・。 セッターとスパイカーのタイミングも合っていなかった。 3-2で負けはしましたが、プレーとしてはタイの方が上でした。
タイはセッターのヌットサラ・トムカムが素晴らしい。 正確なトスで相手に的を絞らせない多彩な攻撃を展開。 スパイカーも長身のアメリカ選手を物ともせずに強烈なスパイクを打ち込んでましたねぇ。 凄かった。 要所で見せるプルームジット・ティンカオとの息のあったクイックは爽快!

2013111605.jpg


ブラジルvsロシアは190センチ前後の選手が揃ってそーかんな眺め(笑)。 ガモちゃん(結婚して代表からは離れたようです)いないの淋しいなと思いながらロシアを応援しましたが1-3で負けてしまいました。 小細工しない力と力の勝負みたいなバレーで決まった時の迫力は半端じゃなかったです。

2013111604.jpg



で、今日初めて実際に見ましたが(初戦のロシアでは気がつかなかった)、タイとロシアはリベロを二人使っています。 二人のリベロが同時にコートに立つことはできず、リベロ同士で交替しています。 基本的には相手がサーブ権を持っている時と自分達がサーブ権を持っている時で使い分けているようです。 ロシアのリベロは一方が不調で最後は一人の選手がずっと出ていましたが・・。

最終試合の日本vsドミニカ共和国(写真、ぼけました~~)。 
2013111602 - コピー


ブラジルとロシアの選手達を見た後だと、なんて日本チームは身長が低いのか・・・と驚きます。 ドミニカには2メートルの17歳の新人がいて、彼女が途中出場してとんでもない鋭角なスパイクを決めだしてからはチームが活気づいてしまいましたねぇぇぇ。 他の選手のスパイクもかなり強烈でしたが、一枚リベロの佐藤選手が吹っ飛ばされながらもよく上げていてお見事! 彼女のレシーブがなければ3セット目は取られていて試合の流れも変ったかもしれません。

2013111603.jpg


日本が今日ブラジルを破ればグラチャンで初の金メダルだそうです。 世界ランキング一位のブラジルもどーしたんだというくらい乱れることもあるので、緻密なバレーで良い試合をして欲しいです。 MB1をいかすにはまずサーブレシーブを完璧にセッターに返すことですね。 頑張れ!!
この記事のURL | スポーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キーシン & 大進くん | メイン | 新国バレエ オリジナル版「眠れる森の美女」を2014-15シーズン開幕公演で>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2780-56be7d42

| メイン |