上野 韻松亭
2013/11/08(Fri)
今日は休みを取って上野を探訪♪ 東京都美術館で開催されているターナー展を見に行って来ました。 開催27日目の昨日、入場者が10万人を超えたとの事でなかなか盛況のようです。 12時前に入館したのですが、平日にも関わらずけっこう混雑していました。 金曜日は20時まで開館しているので仕事帰りに行った方が案外空いているのかもしれないですね。
上野という事で前から行ってみたかった韻松亭で早めのランチをいただく事にしました。
 
2013110804.jpg

11時ちょっと前に着いたのですが、すでに20人近く待っていましたかね。 それでも座席数はかなりあるようですぐにカウンター席に案内されました。
こちらのお店、創業は明治8年で、「鐘は上野か浅草か」と詠われる寛永寺の鐘楼に隣接することから「松に韻(ひび)く」さまを愛で、韻松亭と名づけたそうです。 木造の落ち着いた趣のお店です。 
花籠膳の雪(花籠、茶碗蒸し、豆ご飯、赤だし)という1、890円のランチを。 ただ、夫も私も豆ご飯がそれほど得意ではないので普通のご飯に変えてもらいました。
2013110802.jpg

 
花籠の中にはいろいろな食材のお料理が入っているのですが、味付けがとても品がよくて、野菜やお豆腐本来の味を大事にしているなぁという印象です。 煮野菜はほどよい歯ごたえが感じられたのも嬉しい。
2013110803.jpg

 
お茶は独特の味がする香ばしいおから茶でした。 おから茶って体に良い効能が多く含まれているんですよね。 今年の冬はちょっとおから茶にこってみようかな。
さて、約2時間かけたターナー展の後は国立科学博物館で開催中の「大恐竜展ーゴビ砂漠の驚異」に。 その前にちょっと休憩がてらcafe HIBIKIでお茶。 パンダのパンケーキがなんとも・・・(笑)
2013110801.jpg


今日のメインはターナー展のはずだったんだけど、恐竜(トリケラトプス好き)展がね、思いのほか大ヒットでした♪ その話は追々(多分)。 
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<虎の巻 | メイン | ミハイロフスキー劇場11月公演主要キャスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2775-0de92fd3

| メイン |