ペレンとマラトも来日中
2013/08/25(Sun)
今週はマリインカ以来の一週間にバレエ3本と忙しく寝不足な日々でした・・・。
まず、20日の火曜日に芝公園のメルパルクホールでペレンとマラトが出演したBallet exhibition 2013 というガラを見てきました。
このガラ、どこの主催なのかはよく分かりませんが、Valeri Class、永田スタジオ、薫仍バレエスタジオ協力との事。 他の出演者は女性は知らない日本人ダンサーばかりでしたが、男性ダンサーにはヤロスラフ・サレンコやアレクサンドル・ブーベルというよく知られた顔も。
プログラムは、

<第1部>
  ラ・シルフィード パ・ド・ドゥ
  バヤデールより
  エスメラルダ グラン・パ・ド・ドゥ
  引き裂かれた二人
  ダイヤモンド
  ロミオとジュリエット パ・ド・ドゥ
<第2部>
  Russian Dance イリーナ・ペレン
  トワイライト
  ライモンダ グラン・パ・ド・ドゥ  
  リーズの結婚より グラン・パ・ド・ドゥ
  海賊のグラン・パ・ド・ドゥ
  春の水 イリーナ・ペレン、マラト・シェミウノフ
<第3部>
  「眠れる森の美女」より 第3幕 
   オーロラ姫:イリーナ・ペレン
   デジレ王子:マラト・シェミウノフ
 

出産休暇を終えて5月に舞台復帰したペレンの踊りを久しぶりに見られて良かったです。 体の方はすっかり元に戻っているようで、というよりも、ちょいとムッキリなナチョ体型に変ってしまった昨年の1月より肩周りなどはすっきりしている感じです。 どうか、このままで・・・。
ルースカヤはベージュ?に赤の衣装がとっても美しかったですが、ルースカヤの振付ってどれだけあるんでしょうね? 依然マールイのガラでコシェレワが踊った振付ともだいぶ違ったようですし・・・。 
春の水はややアクロバティックさを控えめに。 オーロラはボヤルチコフ版の見慣れた白にゴールドの刺繍が施されたチュチュで、若干アレンジされてはいましたがプティパだったので嬉しかったです。 
マラトが少し痩せたような気がしましたが、サポートは相変わらず万全です。

彼らは日本に来る前にはスペインのカタルーニャ北部にあるペララダ城で行われたガラに出演して来たそうです。
アンヘル・コレーラ、デニス&アナスタシア・マトヴィエンコ、ドミトリー・グダーノフ、アンナ・アントニーチェワにマールイのアレクサンドル・オマール、エイフマンのエレーナ・クズミナ、夏のキエフの公演に出ていたドミトロ・チェボタルなどが出演しています。
ペレンとマラトは「春の水」と「スパルタクス」(最近、劇場でかからなくなりましたね、ナチョが嫌いなのだろうか?)、オマールはクズミナと「Maldecidos de amar」という作品を踊ったようです。 

また、現在シルヴィアとのコラボレーションでワークショップを開催中。 名古屋、大阪が終わり東京は27日です。 

さらに、8月29日~9月9日までの予定で、江ノ島のGallery Tさんで、昨年12月に娘のEvaちゃんが誕生するまでのエキサイティングな9ヶ月を題材とした「9 or 9 from 0」というマラトの個展も開かれます。

20130825.jpg

29日の17時よりオープニングパーティーが予定されています。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夏休み親子芸術劇場 8月23日 | メイン | スタダン「20世紀のマスターワークス」 8月17日>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2731-9c4509e2

| メイン |