7月30日 PMFオーケストラ演奏会
2013/08/02(Fri)
PMFオーケストラ
指揮:準・メルクル

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 (ヴァイオリン:ヴァディム・レーピン)

          -- 休憩 --

ベルリオーズ:幻想交響曲 

<アンコール>
ヴァディム・レーピン:パガニーニ ヴェニスの謝肉祭
オーケストラ:ホルスト(田中カレン編) 組曲『惑星』から「ジュピター」(PMF讃歌)



PMF(Pacific Music festival)オーケストラは、1月から3月にかけて世界の約20都市で行われるライブ・オーディション(地理的な条件でオーディションを受けられない受験者はレコーディングによるオーディション)に受かった18歳から29歳までの若手音楽家(毎年約1300人ほどの受験者が110人規模のオーケストラのポジションを争う)で編成されるオーケストラです。 
この日のコンサートは、7月の始めから錚々たるメンバーの教授陣による指導を受けながら数多くのコンサートをこなしてきた彼らのラスト2のコンサートでした。 PMFについてはこちらを。
そのPMFの芸術監督は、2010年から3期務めたファビオ・ルイージから準・メルクルに代わりました。 メルクルさんはドイツ人の父と日本人の母を持つ1959年ミュンヘン生まれの54歳で、N響と水戸室内管弦楽団とのかかわりが深いようです。 

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 
ブルッフのヴァイオリン協奏曲は好んで聴くヴァイオリンコンチェルトの一つで、生演奏を聴きたいとずっと思いながらなかなか機会に恵まれなかったので、この公演を知ってすぐに行く事を決めました。 五嶋みどり、ヴェンゲーロフ、チョン・キョンファの手持ちのCDではみどりさん&BPOのCDをよく聴いています。
レーピンを生で聴くのも初めて。 今年42歳だそうですが、年齢相応な感じの落ち着きと貫禄に最初はちょっと怖めの表情・・・でしたが、だんだん優しい顔に見えてきました(笑)。 レーピンの奏でる音はとても美しく伸びやか。 指揮者とのアイコンタクトだけでなく、時々ファーストヴァイオリンのメンバーにも目を配りながら演奏をリードしているようでした。 音程に関して、3楽章でけっこう微妙なずれが多かったようだったのが気になりましたが、それでも温かく包容力を感じさせる優しい音色とその演奏姿には魅了されました。 きっとザハロワ姫もこの包容力とふと見せる温かさのようなものにやられたのではないかと、音楽を聴きながら妙に納得してしまった事でした。 隣で聴いていた友人も全くの同感との事!(笑)
オケは、序盤、フレーズの出だしに若干心もとなさを感じる事もありましたが、丁寧で艶やかな弦の響きが良かったです。

ベルリオーズ:幻想交響曲 
幻想交響曲は昨年12月の都響と今年のシュツットガルト交響楽団の公演で素晴らしい演奏を聴いていたので、聞き劣りするのではないかと少し不安があったのですが、幻想としてはかなり明るめながらなかなか痛快な演奏で聴き応えがありました。
メルクルさんの指揮はブルッフより俄然緻密でエネルギッシュで表情豊か。 世界各国から集まったメンバーをここまで纏め上げて、レベルが高く一体感のある音を作り出すというのは本当に凄い事なのでしょうね。 メンバーたちへの愛情もたっぷりと感じられたなぁ。 
弦楽器は1楽章から終楽章まで安定したクリアな音色でメルクルさんにしっかり応えていたと思います。 3楽章ではイングリッシュホルンとオーボエのやりとりが牧歌的なのどかさを漂わせていましたが、どこにいたのか?返すオーボエの音がわりと大きかったですね・・・。
そして管楽器が素晴らしかった4楽章、5楽章。 打楽器、金管の迫力に煽られるように、若い演奏家たちが一丸となって爆演度を増して行きながら盛り上がりきってフィナーレへ。 断頭台への行進にもうすこし重暗さがあり、魔女たちの饗宴にもう少し陰湿でおどろおどろしさがあったらなと思わなくもありませんが、ぎっしりと埋まった舞台から届く音の迫力と熱さは本当に圧巻でした。 

アンコール
レーピンは弦楽器のピチカートをバックに超絶技巧の「ヴェニスの謝肉祭」。 メチャクチャ超絶技巧でありながら、人々の会話のざわめきや動物の鳴き声のような音にも聞こえたりと、とっても楽しい演奏でした。 ヴァイオリンってこんないろんな弾き方でびっくりするくらい多彩な音色がだせるんですねぇ!  
オケはジュピターを編曲したPMF讃歌。 幻想のフィナーレで勢いづいた打楽器がもう止まらないとばかりにノリノリで、オケ全体も生き生きと華やかに良い演奏。 幻想でも大活躍だったティンパニー奏者の童心に返ったような喜びに満ち足りた笑顔がとっても素敵でした。 
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マールイのバレリーナたちが来日中 in 大阪 | メイン | キエフバレエ冬公演 主演キャスト&フィリピエワ出演日発表>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2722-438e70fb

| メイン |