アリス ちょこっと
2013/07/06(Sat)
昨夜はロイヤル・バレエ団「不思議の国のアリス」の初日を見て来ました。
カスバートソンが日本公演に間に合わないのではないかという話は聞いていたので(ジュリエットが思いのほか良かったし、とても残念ではありますが)、気になっていたのは彼女が降板した際のキャスト変更が他のキャストにどれほど影響を及ぼすかという事。 じぶん的にはボネッリのジャックが見られなくなるという事だけはカンベンだったのですが、際どいところで難を逃れたというか・・・。
さて、肝心の作品ですが、ちょっとしつこいなぁ、長いなあ、振付つまらないなぁと思ったところもありましたが、かな~り楽しめました。 出ずっぱり動きっぱなしのサラ・ラムはキュートでタフでとても良かったし、ボネッリもほどほどに甘く爽やかでノーブルで、カップルとしてもお似合いでした。 
とっても楽しみにしていたゼナイダのハートの女王はもう凄い迫力と役者魂の炸裂で圧巻としかいいようがなかったですが、バレエを見て大笑いしながら涙を流したのは初めてかもです。 それからチェシャ猫の見せ方のアイデアがすっばらしい! お腹がお尻の後ろにいったらどうしようなんて余計な心配しちゃったけど面白かった!
マックレーのタップもお見事でしたが、あれ、他のダンサーはタップの基礎から練習しなくちゃならないのですよね。 かな~り大変そう・・・。 
今回オーケストラは東京シティ・フィルハーモニックですが、彼らの準備も大変だったでしょうね。 曲調が次のシーンの展開を予測させたりかなり重要な役目を担っていたように思うので、カーテンコールで主役のダンサーたちがピットに向けて惜しみない拍手を送っていたのも、然もあらん!です。
仕事と家の事情で忙しかった6月もなんとか無事に過ぎ、来週あたりからは少しずつ普段の生活ペースに戻れるかと♪
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場7月公演主要キャスト | メイン | 新国「ドン・キホーテ」初日 ほんとにちょこっと>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2711-e3a0b476

| メイン |