マラーホフの贈り物 ファイナル! Bプロ 5月25日 <第1部>
2013/06/02(Sun)
「シンデレラ」
振付:ウラジーミル・マラーホフ 音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
ヤーナ・サレンコ、ウラジーミル・マラーホフ

初日よりも二人の間に穏やかな幸福感が増しているように感じました。 マラーホフのサポートも初日より安定していたし、サレンコの丁寧な足先の動きが美しくてとても印象に残っています。


「椿姫」より第1幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー 音楽:フレデリック・ショパン
マリア・アイシュヴァルト、マライン・ラドメーカー

「椿姫」を全幕で見た事があるのは新国立劇場の牧版のみで、ノイマイヤー版はガラで3幕の黒のPDDしか見たことがなく(でもバレエフェスで見ていたりするだろうか? 記憶はないけど)、初めて見た紫のPDDでしたが、アイシュバルトの細やかな感情表現が素晴らしかったです。 情熱をまっすぐにぐいぐいと、それでいて彼女にすがるような瞳で愛を告白するアルマン。 最初はアルマンの熱い想いを軽くあしらい弄ぶそぶりもみせていたのに、次第に彼に惹かれ始める気持ちに気づき、その気持ちを否定しながらも抗いきれずアルマンに心を許して恋に落ちてしまう一人の誇り高き女性を見事に演じていたと思います。 この二人なのでリフトも万全で、マルグリットの心情が伝わってくるアイシュバルトのポーズも綺麗でした。 
マラインは決まりきらないピルエットが続いたのがちょっと惜しかったように思いますが、マルグリットの足元に倒れこんだりするときの驚くほど早い体の動きとラインの美しさには感心しきり。 マルグリットの愛を得て天にも昇る心地の少年顔も可愛いですねぇ。


「ジュエルズ」より"ダイヤモンド"
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
オリガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

白鳥よりもロパートキナとダニーラの舞台が恋しくなってしまうダイヤモンドは本音を言えばあまり見たくない作品ですが・・・。
スミルノワはクールビューテイーに女王然といった雰囲気を醸し出しながら踊り、安定したサポートのチュージンとのパートナーリングもスムースで初日に見た黒鳥PDDよりは二人で踊りなれている作品だと思いました。 ただ、やはりこの“ダイヤモンド”には自然に備わっている風格と気品が必要なので若いダンサーには難しいですよね。 それでもスミルノワの場合(まだ、21歳くらいですよね? ロシアNOWというサイトで24歳とあるのだけれど??)、若いのに妙に老成した雰囲気があるのでそこそこな感じはするのですが、脚捌きや腕の雑さなど踊りにはまだまだ注文が多いなと。 新星の彼女に対する期待感というのはセミオノワのデビューの時と似ているかな? これからどんなダンサーになっていくのか楽しみです。  


「レ・ブルジョワ」
振付:ヴェン・ファン・コーウェンベルク 音楽:ジャック・ブレル
ディヌ・タマズラカル

シャンソンとタマズラカルの醸し出す黄昏感がすごくマッチしていて初日同様、とても良かったです。 


「ライト・レイン」
振付:ジェラルド・アルピノ 音楽:ダグ・アダムズ
ルシア・ラカッラ、マーロン・ディノ

ラカッラの雄弁な体の動きが素晴らしい。 特にあの脚!! そしてワンステップ、腕の一振りもそこには音楽がきちっとあり、こちらに訴えてくるものがある。 そして官能的。 一方ディノにはそれがなく、作品を伝えようとする力の違いを感じる。 ラカッラと同じレベルにまで上がるのは容易な事ではないでしょうが、少しずつそれが縮まればもっと作品自体が輝くと思うので、頑張っていただきたいものです。
それにしても中国雑技団並みのラカッラの柔軟性というのは凄いですね・・・。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2013年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場6月公演主要キャスト | メイン | マラーホフの贈り物 ファイナル! Bプロ 5月25日>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2701-14631f15

| メイン |