女子バレープレミアリーグ ファイナル!
2013/04/13(Sat)
女子バレープレミアリーグフィナルラウンド、3位決定戦と決勝戦を見て来ました。
結果は、

3位決定戦 岡山 3- 1 NEC
決勝戦   久光製薬 3 - 0 東レ


メグを見たかったのですが、3月の頭に右膝靭帯を痛めて戦列を離れたままなのでそれは叶わず。 まだまだメグの力は必要なので、きっちり直してカムバックして欲しいです。 今年の11月にはグラチャンが開催されます。 もう一度全日本のユニホームを着てコートに立てるよう頑張って欲しい。
メグを欠く岡山ですが、今日はチームがよくまとまっていたと思います。 NECに自分たちのバレーをさせず波を持って行かせなかったのが勝因かな。 NECには全日本時代からずっと好きだった杉山祥子選手がいるのでこの2チームの対戦は複雑な気持ちの観戦になってしまうのですが、今日は杉山選手の引退試合という事でより複雑な心境でした。 彼女らしい速くて鋭いスパイクも健在だったので引退というのはもったいない気もするのですが、そんな大事な試合を見られて良かったです。

決勝戦は常に自分たちのペースだった久光製薬が危なげない試合運びで完勝。 東レは攻撃に決め手がなかった。 迫田選手も頑張っていたけれど単調な流れの中での決定力がやや足りないかなぁ。 荒木キャプテンは今日は精彩がなかったし。
2013041301.jpg


試合後は会場の端に設けられたステージにおいて各賞の授賞式がありました。
最高殊勲賞は久光の長岡選手。 ベスト6が荒木、迫田(以上東レ)、平井、長岡、古藤(以上久光)、近江(NEC)。 荒木選手は敢闘賞、スパイク賞、ブロック賞、サーブ賞、ベスト6と5つも取る大活躍なシーズンだっただけに、優勝を逃したために満面の笑顔での受賞にならなかったのが残念でした。 そして杉山選手がVリーグ特別賞を受賞しています。
2013041302.jpg

 
この記事のURL | スポーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<4月10日 シュツットガルト放送交響楽団コンサート  | メイン | パリ・オペラ座「天井桟敷の人々」主要キャスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2669-e045d03c

| メイン |