本日の白鳥
2013/01/13(Sun)
今日のキエフの「白鳥の湖」、とても良い舞台でした。
11月の終わりにロパートキナとコルスンツェフの白鳥を見て、「白鳥の湖」はしばらく見たくないなという気持ちもあったのですが、キエフの踊りがマリインスキーの踊りとはかなり違うのが幸いしてか、ほとんど思い出すこともなく、今日の舞台を楽しむ事ができました。
フィリピエワ(まだまだ何年も踊れそう!!)とマトヴィエンコの主役二人は息も合っていてとても良かったと思います。 そしてリラの精が素晴らしかったカテリーナ・カザチェンコの美しい踊りを本日も大きな白鳥と花嫁候補で堪能できて大満足。 彼女は手脚が長くほんっと~に体のラインが美しいです。 彼女だけでなく、今日の大きな4羽の白鳥は久しぶりに美しい4羽を見たなあという感じでした。 マールイはボロボロだったし、マリインスキーは上下に大きくて若干重量感ありだったし・・・。
あと印象に残ったダンサーはロットバルトのワーニャ。 踊りも良かったし、やっぱりかっこいいわぁ~~。 そしてトロワのアンドレイ・ピサレフのふわっとした美しく高いジャンプ。 彼はくるみのフランス、ジゼルのペザントと見て来ましたが、今日が一番良かったです。  キャスト変更で出演となったイワン・ボイコのヴェニスの踊りも見応えありました♪
例によって時間がかかりそうですが、11日の眠りと今日の感想は今度の週末までには書きたいなと。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ドライアイ | メイン | マルティヌーとベルリオーズの「幻想」交響曲>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2611-9471a5af

| メイン |