12月15日 新国立劇場「シンデレラ」
2012/12/18(Tue)
シンデレラは比較的公演数の多い7公演なので、主役二人以外のキャストが発表されてから観賞日を決める事にしていました。 川村さんが仙女にキャストされればその日にしたかったのですが、残念ながら彼女の出演日はなく、どうしたものかと思った矢先に山本さんが義理の姉たちを踊るというのでその内の初日を見る事としました。

その山本さんは長女の義姉役でしたが、アクションが大きく、後方や上の方の席からでも演技が分かりやすそうで、ご自身も楽しんで義姉になりきって演じているのだろうなと思いました。 もう、出だしからちょっとしたダンスも音楽にぴたりと合わせていちいち上手い。 2幕で舞踏会のゲストたちがいぶかしげに(笑)みつめるなか、一人真ん中でダンスを踊った時の存在感は流石でした。 彼を中心に舞台がびしっとしまった感じがしましたもの。
妹の高橋さんも義姉役は初めてでしょうか? ちょっと頭と気が弱そうな妹を好演していて山本さんとのコンビも踊り・演技ともに良かったです。 
アシュトン版の義姉さんたちは根は優しい人たちなのがいいですよね。 今回、山本さんの義姉は王子に見初められたシンデレラに恭しく頭を下げ、別れのシーンでシンデレラをひしと抱きしめる姿にはジンときてしまいました。 

小野さんは快活で明るく心優しいシンデレラ。 踊りはとても切れがあり、1幕のあの独特な足の動きのソロも軽快でしなるように柔らかい足先の動きが残像もくっきり残るほど。 くるくる変わるお茶目な表情も可愛いらしくとても魅力的でした。 
2幕のソロも伸びやかで軽やかで音楽性豊かで素晴らしいです。 舞台真ん中に立つ王子の周りをピケ(だったかと)で2周するシーン、ピケも綺麗でしたが、王子の周りを回るという振付自体がけっこう印象的です。
一つだけ、むむ・・っと思ったのは、王子の前でガラスの靴を履くシーン。 けっこうあっさりささっと(笑)と穿いていましたが、もう少し恥じらいながら幸せオーラを漂わせて穿いてくれればなおいいかなと。

福岡さんは彼らしいソフトで端正な踊り。 難しそうなステップとジャンプの組み合わせも着地をすんなり決めて技術的にとっても安定しているように感じます。 自分の目の前に広がる煌びやかな夢のような世界に驚きドキドキしながら心弾ませるシンデレラを優しくエスコートするプリンスぶりも爽やかです。 3幕の最後まで常に視線がシンデレラに向けられていて愛ある優しき王子だったのも好印象。 

強く凛々しい女を演じさせたらピカイチという印象が強い湯川さんですが、すべてを包み込むような温かみをもった仙女も似合いますね。 
仙女に呼び出された四季の精はみな良く踊っていたけれどいつ見ても夏の精の踊りは冗長に感じてしまいます。 一転、秋の精の踊りは非常に動きの激しいアレグロで腕の長い長田さんのラインがきれいでした。 春を踊った早乙女さんはアーティストからの抜擢なのですね。 新国も新しいダンサーの名前をけっこうキャスト表に見かけるようになったなぁ。 
続くコール・ドの星の精たちの踊りも鬼のアシュトンステップで本当に大変そうですが、さすがは新国が誇るコール・ド・バレエ、きれいに揃っていました。 ただ若干初日の硬さのようなものもあったので2日目以降はもっとスムースかと。

八幡さんの道化を見るのは2008年以来の3回目ですが、踊り、演技ともに素晴らしくて、この作品の道化ってこんなに舞台上にいて活躍してたっけ?と思うほど存在感がありました。   高く柔らかい開脚ジャンプ、速くて綺麗なピルエットなど踊りも調子良さそうでした。 義姉たちのドタバタぶりを少し離れたところで眺めながら手に持っている人形とやたらいろいろ突っ込みを入れているのが楽しかったです。 

今日の出演はあるのかな?と思っていたマイレンは王子の4人の友人で2幕と3幕にご出演。 他の3人は誰なのかよくわからないのですが、出だしの4人揃ってのザンレールは皆綺麗に決まっていて気持ちよかったです。 その中でもマイレンの流麗なムーヴメントは一際目を引きますが、誰よりも高く振り上げられた脚もさっと差し出された腕もエレガントで本当に美しいです。 やはりまだまだ真ん中で見たいダンサーだとつくづく思います。 アルブレヒトも見てみたかったなぁ・・・。




シンデレラ:小野絢子
王子:福岡雄大
義理の姉たち:山本隆之 高橋一輝
仙女:湯川麻美子
父親:石井四郎
春の精:五月女 遥
夏の精:西川貴子
秋の精:長田佳世
冬の精:寺田亜沙子
道化:八幡顕光
ナポレオン:吉本泰久
ウェリントン:貝川鐵夫
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2012年 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<英国ロイヤル・バレエ団 来日公演概要発表 | メイン | 新国立劇場のクリスマスツリー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2597-70fbc650

| メイン |