映画「ファースト・ポジション」
2012/12/01(Sat)
アメリカで唯一のバレエ・コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」に出場した7人を追ったドキュメンタリー映画「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」 が本日よりBunkamuraル・シネマと109シネマズ川崎で公開されています。 以降順次全国で公開される予定です。 こちらがスケジュール。
ジャーナリスト出身の監督のベス・カーグマンが2年の歳月をかけて撮ったデビュー作だそうですが、5分足らずの予告編だけでも、夢への道のりの過酷さを容易に推し量る事ができます。
フォーカスした7人は、デニス・ガニオに師事したイタリア在住の米軍医の11歳の息子、内戦のシエラレオネで両親を失いアメリカ人夫婦の養女となった14歳の少女、貧しい家庭を養うためにロイヤルバレエ団に入りたいコロンビア生まれの16歳の少年など、国籍も環境も違う少年少女たち。 映画評論家の泰早穂子さんによれば一瞬の美にかける情熱に、見る方が勇気をもらう清新なる一作だそうです。
この記事のURL | 映画雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<終わってしまった・・・ | メイン | 今度はパンダバージョン♪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2585-718628a4

| メイン |