11月15日 ロパートキナとコルスンツェフの「バヤデルカ」第2&3幕
2012/11/22(Thu)
<第2幕>
ここはマールイやマカロワ版のような婚約式ではなく、ソロルとガムザッティの結婚式になるのですね。
ドゥグマンタとガムザッティはそれぞれ輿に乗って登場。 ドゥグマンタの輿が重そうだ・・・。 大きな象に乗って現れたソロルは、仕留めたトラをガムザッティに贈る。 思いっきりトラを踏みつけ、どうだ!といわんばかりのソロルですが、自棄になっているように見えなくもなく・・・。

扇を持った女の子たちもおうむの踊りの女の子たちも可憐でスタイルの良い子が揃っていて眼福。 座席がかなり前の方で舞台に近かったのでコール・ドの踊りは動きが少し雑なように見えてしまいましたが、少し遠ければそれほど気にならない程度だったのかな? 
壷の踊りのバトーエワ、オケの不調にもめげず愛らしく。
金の仏像のティモフェーエフも安定した踊り。
力強くエネルギッシュな太鼓の踊りとインドの踊り。  全身にブラウンメイクを施したワイルドなイオアンニシアンの踊りがかっこいい。 ソロ3人はハードな踊りを見事に踊り、レヴェランスも余裕の表情だったけれど、コール・ドの男の子たちはずいぶん息があがっていたなぁ。
パ・ダクシヨンの大・小4人ずつの女の子たちの踊りは、ポーズなどは綺麗だけれど腕や足の動きが些か乱暴な気も。 ただ、音楽がわりと早めだったので仕方がないのかもしれません。 ソロルが再び登場してからは全く見ていないのでその後はわからず。

ソロルとガムザッティの踊り。 ちょっと息が合わなかったところもありましたが、パートナーシップはまずまず。 コンダウーロワの踊りはイタリアンフェッテなどダイナミックで華やかでしたが、勢いにまかせているような感じも。 でもこれもまた音楽のテンポのせいかもしれません。   
端正だけれどダイナミックなダニーラのヴァリ。 ジャンプは余裕を持って飛び、アントルラッセの綺麗な後ろ足、伸びやかなマネージュでの美しい爪先も健在。 ファンの欲目であるかもしれないけれど、衰えは感じられずとても嬉しかった・・・というか幸せ♪
淡々とした表情にニキヤへの愛は封印したのかと思っていたソロルですが、不意に舞姫のポーズをとり、ニキヤへの思いを顕にする。 それを険しい顔で見咎めるガムザッティ。 最初から二人の間には結婚式らしい晴れやかな幸福感はなかったけれど早々に危うい雰囲気・・・。 

ドゥグマンタに呼ばれたニキヤが舞姫としての踊りを奉納する。 
この衣装だとその細さが痛々しいくらいなロパートキナ。 思わず立ち上がったソロルと視線を合わせたときの耐え難い辛さに顔がこわばる姿が痛ましい。
絶望感を隠し切れないニキヤの舞をじっと見つめるソロル。 もしドゥグマンタの屋敷で彼と大僧正の会話を聞いてしまったのだったら、この時何を思ってニキヤを見ていたのだろう? いや、やっぱり聞いてはいないよな・・・などと余計な事考えてしまい、ロパートキナの舞をじっくり見ていたいのに、上手のダニーラが気になってニキヤをあまり見られなかった。  
ソロルの脇で高慢な笑顔を見せながら時にドゥグマンタと話し平然とニキヤを見やるガムザッティ。 ソロルの心が自分にあるのかないのかを不安に感じている様子などみじんもなく、彼女自身がソロルを愛しているようにも見えない。 それでもニキヤが近づくと勝ち誇ったようにソロルに手をとらせ口付けさせようとする。 ソロルは運命には逆らえぬという感じでそれに応える。 手をとって口付けするまでにも時間がかかったけど、そのまま顔を上げられず固まってました。 迷いと後悔?? 
花かごを渡され柔らかい笑みを浮かべながら、ソロルへの変わらぬ愛を切々と訴えるように踊るニキヤが蛇にかまれる。 ロパートキナは息を吸い込むような声を漏らしていましたが、それほどまでに役になりきっていたのですね。 あなたが仕組んだのねとニキヤに糾弾されても顔色一つ変える事なく冷たい表情のままのガムザッティ。 怖いです。 ソロルがどう思おうが、たかが舞姫一人が命を落とすくらい別になんでもないというように冷ややかな表情でした。 
大僧正が解毒剤を差し出すも、生気のない目で力なく見るだけで受け取ろうとはしないニキヤ。 振り返ってソロルを見るなりその場に崩れ落ちてしまう。 ソロルと共に生きていけないのであれば生きる意味もないと静かに運命を受け入れ事切れてしまったニキヤ。 たまらず駆け寄りニキヤを抱きしめて嘆くソロル。 

― 幕 ―

ニキヤが蛇にかまれてからの展開がマールイと比べると少し性急な気もしました。 死を目前にしたニキヤとソロルの最後の時間が本当にあっけなかった。


しばらくして幕が上がる。 てっきりマールイ同様、ラストシーンのままソロルがニキヤを抱きしめているのだろうと思ったら、ニキヤ以外が全員揃ってカーテンコール。 もの凄い違和感を覚えたけれど、マリインスキーのバヤデルカは寺院の崩壊がなく、ニキヤとソロル以外の主要キャストの出演は2幕までとなるのでここしかないですね・・・。 そして最後にはニキヤ@ロパートキナも一緒にご挨拶。 う~~~ん、慣れないとなんだか変だ。


<第3幕>
悲痛な表情で部屋に走り込んで来たソロルの嘆きのジュテ。
ニキヤを失った苦しみに耐えられず打ちひしがれるソロルを慰めようとマグダヴェアが水タバコを差し出す。 眠りに落ちるソロルにニキヤの呼ぶ声が聞こえる。 ダニーラがベッドから起き上がり腕を差し伸べる姿は、まるで幽体離脱のようにソロルの魂が肉体から離れてニキヤを求めて彷徨い出したように見えました。

幻影たち。 シビックホールの狭いステージのせいなのか、坂が短く緩やかなのが残念だったけれど、スラッとした美しい32人の影たちが並び立つ様はさすがロシアで本当に美しく幻想的でした。 席がステージに近すぎてコール・ドの踊りが綺麗に見える位置ではないけれど、1,2幕を見て想像していたよりは揃っていて綺麗でした。 もう少し霊的で神秘的な雰囲気もあればなお素晴らしかったような気もしますが、それはロパートキナ一人の存在で十分だったのかもしれません。
影のトリオは、シリンキナもニキーチナもしっかり踊れていたとは思うけれど、まだそれだけかなぁ。 

ソロルのヴァリ。 出だしのジュテの連続もマネージュも伸びやかで美しく、ジュテが次第に速く高くなるのはニキヤとの再会への心の高まりのように感じました。 白いチュチュのロパートキナはまさに精霊という透明感に溢れている。  長い手足で描くクリアなラインは言いようもなく美しく、上手奥からの跳躍の高い連続ジュテも浮遊感が感じられて見事でした。 
二人の踊りはお互いを想う強い気持ちに引き寄せられた二つの魂の踊りなのですね。 二人の長い腕の優雅な動きが心の会話のようにも見えます。 この二人は音楽性の相性も良くて脚の運びや指先の動きまで同じようにきれいに音楽にシンクロするのですよね。 その眼差しに独特の表情と力を持っているロパートキナがダニーラを見つめ、優しい眼差しで応えるダニーラがそっと影のように寄り添う。 なんと麗しい。  
下手奥に後ろ向きにパ・ド・ブレで消えて行くニキヤをゆっくりと追って行くソロル。 ニキヤの魂に導かれ、この時ソロルも昇天して向こうの世界に渡ってしまったのだろうと感じました。 寺院の崩壊まで描かれるバージョンの方が好きな事には変わりないですが、マリインカバージョンの場合はこういう解釈もできるのだなと。 その後のニキヤが、愛する人がようやく自分のもとへ戻り心安らいでいるような笑みを浮かべていたのも印象的でした。 
ロパートキナはヴェールの踊りでは少しもたついたところもありましたが、その後はもちなおし天上の踊り。 ジュテ・アントルラッセの連続もコーダでの高速のピケピルエットとアテールのアラベスクでの後退も非常に美しかったです。 ダニーラのヴァリも引き続き素晴らしく、コーダでの高さがあり空気を切り裂くようなダイナミックな開脚ジャンプの連続はニキヤへの変わらぬ愛を表す渾身の踊りでした。


マールイのボヤルチコフ版「バヤデルカ」を心から愛する自分にとっては、物語の構成に馴染めなかったり、3幕の完結の仕方に若干物足りなさを感じたりもしたのですが、ロパートキナとコルスンツェフでの舞台は特別な宝物。 二人のバヤデルカを見られて本当に幸せでした。



ニキヤ(寺院の舞姫):ウリヤーナ・ロパートキナ
ドゥグマンタ(藩主):アンドレイ・ヤコヴレフ
ガムザッティ(藩主の娘):エカテリーナ・コンダウーロワ
ソロル(戦士):ダニーラ・コルスンツェフ
大僧正:ウラジーミル・ポノマリョフ
トロラグワ(戦士):イスロム・バイムラードフ
奴隷:アンドレイ・エルマコフ
マグダヴェヤ(托鉢僧):グリゴリー・ポポフ
アイヤ(ガムザッティの召使):エレーナ・バジェーノワ
ジャンペの踊り:ヴィクトリア・クラスノクツカヤ、アナスタシア・ニキーチナ
マヌー(壺の踊り):ナデジダ・バトーエワ
舞姫たち(バヤデルカ):アンナ・ラヴリネンコ、エレーナ・チミリ、
           エレーナ・フィルソーワ、スヴェトラーナ・イワノワ
グラン・パ・クラシック:ヴィクトリア・クラスノクツカヤ、ダリア・ヴァスネツォーワ
             ヴィクトリア・ブリリョーワ、ユリアナ・チェレシケヴィチ
             アンドレイ・エルマコフ、アンドレイ・ソロヴィヨフ
インドの踊り:アナスタシア・ペトゥシコーワ、カレン・イオアンニシアン
太鼓の踊り:オレグ・デムチェンコ
金の仏像:アレクセイ・ティモフェーエフ
精霊たち:マリーヤ・シリンキナ、アナスタシア・ニキーチナ、ダリア・ヴァスネツォーワ
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2012年 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<11月15日マリインスキー「バヤデルカ」ロパートキナ&コルスンツェフ | メイン | 11月15日 ロパートキナとコルスンツェフの「バヤデルカ」第1幕>>
コメント
-  -
ボクは今度の月曜日に見に行くから、本文を読んじゃおうかどうしようか、悩んでいるんだよ。
あとね、府中まで「白鳥の湖」を見に行ったの。最初、軽薄なオケとメリハリのないパドトロワにものすごくガッカリしたけど。は初めて見たときのような感動はなかったけど、ロパートキナを見に行って良かった!一歩一歩丁寧に踊るイワンチェンコも好き。

ボクはクロジャビになって、イワンチェンコをたぶらかしたい!
ええと、もてあそばれるんでもいいけど。

それから勢いで「アンナ・カレーニナ」の初日のチケットを取って、昨日、見に行っちゃったんだよ。
2012/11/23 14:49  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
月曜日のバヤはヴィシニョーワとコルプですね。
ロパートキナとコルスンツェフとはかなり違った雰囲気になりそうですが、本文を読んでくれるのは後回しにした方が舞台がまっさらな気持ちで見られると思います。 

私はイワンチェンコには懺悔・・・な理由があるのですが(感想を書く時に触れますが)、府中の彼、好感度は高かったです。 で、今回踊っている彼を見ていてなんとなく思ったのは、この人ってけっこう陽気で人がいいんじゃないかって・・・。 だからたぶらかすのも簡単かも(笑)

ヴィシのアンナ良かったですよね。 私は最初ロパートキナしか見るつもりはなかったのですが、やっぱり二人とも見たい!と気持ちが変ってヴィシの日も買い足しました♪
2012/11/23 23:10  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
ボクはまだ本文を読んでないよ!

イワンチェンコは悩みなんかまったくないみたいだったけど、ボクは好きになっちゃったんだよ。

ボクがお金持ちだったら、一番良い席で全部の公演を見に行ったんだけどなあ。ロパートキナは白鳥が見たかったでしょ。それからコールプが見たかったら、もれなくヴィシがついてきたの。なるべくいろんな人が見たかったのに主演が重なるから「アンナ・カレーニナ」はパスしようかと思ったけど、安い席があった方を見に行くことにしたんだよ。せっかくだからね。大河ドラマの総集編的な超ダイジェストだけど、衣装もきれいで演出も面白かったね。ボクは軍服でぴょんぴょん飛び跳ねるお兄ちゃんたちが好き。
2012/11/24 00:04  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
シロジャビ君、こんばんは。

お返事遅くなりすみません。
イワンチェンコ、さり気なく人気上昇中な気もします・・・。
24日のソロルは府中より全然調子が良かったし、もともと彼にはソロルの方が踊りやすいのかな? 
いよいよ明日はコルプとヴィシのバヤデルカですね。
良かったら、ロパートキナ&コルスンツェフとの違いなど教えて下さいね。

「アンナ・カレーニナ」もヴィシとロパートキナでは全く人物像が違いました。
ロパートキナは想像したとおりの貞淑な人妻の人生が狂っていくという感じで、自分的にはロパートキナの方が好きでした。
軍服のお兄ちゃんたちのぴょんぴょん踊りは2日目も決まってましたよ♪
2012/11/25 22:51  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
パパの名前はシロジャビスキーで、ママはシロジャビスカヤなのかなあ。

ボクは一回ずつしか見に行かないから、バヤデールは今日だけだよ。なんか雨がすごく降ってるなあ。たけどコールプなんだもん。
2012/11/26 14:32  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
シロジャビコフとシロジャビコワってのもどうでしょう?
開演前にはまだ止まなかったかもしれませんが、今はすっかり雨も上がって念願のコールプの舞台後は気持ちの良い帰り道でしょうか。
2012/11/26 22:28  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
ボクはコールプを無事に見て帰ってきたところ。3作品を一回ずつ見たけど、今日が一番良かった。オーケストラもちゃんとしてたし。
ヴィシは無表情で控えめっぽくしているところと、たまに感情をむき出しにするところのバランスがいいんだと思うな。とっても良かったよ!。コンちゃんは大柄で艶やかな美人さんだからアムネリスじゃなくてガムサッティがぴったり。パパの地位と富があれはこの世はすべてわたくしのモノよ。オホホホホって感じだったもん。
ボクのコールプは薄汚い山賊みたいだった。第2幕の青い衣装がきらい。白いシーツにくるまったりして。なんでいつも肌色のバレエシューズなの?裸足ってこと?第1幕の狩りから帰ってきたときと(ウサギ狩りじゃなくて良かったよ)、次の日に王宮に行ったときは、まさか同じ衣装?第3幕は照明も薄暗いし、安心して見られたよ。
だけどボクは今夜の舞台を見ていて、エロ親父の大僧正はなんでガムサッティとソロルの結婚に反対するのかわからなかった。恋敵がいなくなるチャンスだよねえ。解毒剤だってさっさと飲まして、いつまでも踊り子として寺院に囲っていてもいいんじゃないのかなあ。
2012/11/26 23:48  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
そういえばコールプのソロルは2幕のバリエーション、弓を持って踊ったんだよ。途中で弓を引く動作も入って、格好良かったよ。あと3幕は復刻版のときの黄色っぽい衣装じゃないのかな。お気に入りの衣装なのかも知れないけど、プロダクションとしての統一性はどうなのかなあと思った。ゼレンスキーが代役でマカロワ版にでたときのマイ・コスチュームほど浮いてはいなかったけどね。
ボクはコールプのタイツ姿が見たいなあ。明日の白鳥に行きたくなっちゃった。シクリャローフもなにかで見たかったし。
2012/11/28 19:41  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
お返事遅くなりすみません・・・。
26日、良い舞台だったようで何よりです!
私は夏も今回もヴィシのバヤデルカは見ずに終わっちゃいました。 昨日は行きたかったのだけれど月末の中でも忙しい11月なので27日の白鳥のために諦めました。
プログラムの写真でコルプの2幕の結婚式の衣装が青なので、?と思っていたのですが、やはり写真通りなのですね。で、3幕がゴールド? 他のソロルは2幕は白で3幕だけ青なんですけどね。 弓を持って踊る(2008年にマールイのバヤデルカに客演した時も2幕で弓を持っていたと思います。)のもコルプだけだし(白いシーツって3幕のカウチに寝そべる時ですか? びっくり!)、彼は独自の演出をするのが好きですね。 そうそう、王宮へは皆あの衣装のままです。
アイーダも似たような三角関係でしたよね。 オペラまでまだ余裕はないのですけど、いずれ「アイーダ」と「トゥーランドット」は見てみたいと思ってます♪
大僧正は巫女を殺めれば神罰が下るという事からラジャがまさかニキヤを殺そうとするなどと思いもよらなかったので、ニキヤとソロルの仲を密告すれば、腹を立てたラジャは当然ソロルを始末するだろうと思っていたのですよね。 それはそれでつっこみたくなるところではありますが・・・。

2012/11/28 22:48  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
同じバレエ団の同時期の公演なのに、見た日によって衣装が違うのって、ボクはやっぱり変だと思う。だけどコールプは1幕が白で、2幕が青、3幕が薄い黄色だったの。
コールプのソロルはびくびくしたり、悩んだり、相談したり、顔を隠したり、いろいろ演技が入って面白かったよ。ときどき真ん中で踊っている人を見るのを忘れちゃいそうになっちゃったもん。だけどメイクが薄汚い山賊みたいだから2幕のハレの日には合わないと思った。
白いシーツにくるまったのは第2幕でニキヤが登場してから上手側で座っているときに。これがホントにまっしろだからシーツにしか見えなかったんだよ!
そういえば3幕のソロルの寝室がマットレス1枚だけって、ここで予算が尽きたかと思っちゃった。だから寺院の崩壊もないのかな。
2012/11/29 00:24  | URL | シロジャビ #YvEbeA.k[ 編集] ▲ top
-  -
コルプのメイクはいつも濃いめです。 マールイのジゼルでアルブレヒトを踊った時も隈取が凄くてあんた誰?くらいの印象でしたから・・・。 独自性というのも大切だけれど、許容範囲とか周りとのバランスなど外さないようにする事も大切ですよね。 しかし、その2幕のニキヤの踊りを見ているときの白いシーツってのは不可解ですね。 どんな意味があるのだろう?
マリインカは以前寺院の崩壊までのバージョンもあったようなのですが、なぜか続かなかったみたいですね。
2012/11/29 22:54  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2578-4b039316

| メイン |