ご回復をお祈りします
2012/02/24(Fri)
ミハイロフスキー劇場のサイトによると、同劇場のバレエコーチであるニキータ・ドルグーシンさんが脳出血のため、パリで緊急手術を受けたという事です。

ドルグーシンさんは、パリ・オペラ座の招きでマスタークラスとオープンクラスを開催するために渡仏しており、18日には1回目のレッスンを行ったそうですが、その後体調が急変し、22日に予定されていた2度目のレッスンは行われず、パリのアンリ・モンドール病院で緊急手術を受けたそうです。
今もなお、病院の医師たちが懸命な治療を続けているそうですが、深刻な状態が続いているとの事です。 
ドルグーシンさんは1938年生まれですので、まだまだお若いですし、強い肉体と精神力で乗り切られると信じています。 どうかご容態が一時も早く回復されますように。

<追記>
意識が回復したと連絡が入ったとの事です。
少しホッとしましたが、どうか早く良くなられますように。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アリーナ・コジョカル ドリームプロジェクトBプロ 2月23日の感想 | メイン | ミハイロフスキー劇場3月公演追加キャスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2409-82614cb7

| メイン |