牧のエスメラルダ
2012/02/18(Sat)
エスメラルダ:マリーヤ・アレクサンドロワ
カジモト:菊池研
フロロ:中家正博
フェビュス:逸見智彦

デヴィッド・ガルフォース指揮 東京ニューシティ管弦楽団


マーシャのエスメラルダが見たい!! 菊池さんのカジモトならきっと良いはず!だけで大した期待もせずに見に行った牧阿佐美バレエ団の「ノートルダム・ド・パリ」ですが、いやいや、とても良かったです。

マーシャのエスメラルダは官能的とか蠱惑的ではなく、キリッとして清潔感のある色気にどこか無邪気な可愛らしさが潜んでいるような娘。 踊りは身体を大きく使いメリハリのある動きが鮮やか。
菊池さんは目の表情が豊かで、カジモトの様々な心の内を見事に表現していた。 2幕のエスメラルダとの切ないPDDがとても良かったなぁ。 危なげのないしっかりしたサポートも良かったです。
中家さんというダンサーは初めて見ました。 嫉妬に狂う冷酷な人物という面の表現は少し弱かったかもしれないけれど、踊りはダイナミックで上手いです。 
フェビュスは・・・、逸見さんをもってしても?あの金髪の鬘は似合わないし、私には罰ゲームにしか見えなかったあの歩兵隊の衣装も気の毒なような気がするけれど、ただの女好きなとんでもない奴でしたね・・・。
主役以外では1幕の最初にソロを踊った二人と2幕の最後で連続開脚ジャンプを見せてくれた二人が際立っていました。 1幕の最初の人は清瀧さんかなぁ?
マーシャの存在感は抜群でしたが、男性3人も拮抗した力を見せ、4人の納まり具合がとても良い見応えのある舞台だったと思います。
オケも今日は良かったです。 特に打楽器の迫力。 音楽も要所要所で大きな役割を果たしていたので、今日の演奏は舞台の成功に一役も二役もかっていたと思います。
そんなわけで、明日どうしよう??ともし迷っている方がいたら、是非!おでかけ下さい。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アリーナ・コジョカル ドリームプロジェクトAプロ 2月17日の感想 | メイン | ドリーム・プロジェクト初日>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2405-d03fa49c

| メイン |