ボリショイ東京公演 キャスト変更
2012/01/19(Thu)
ボリショイの東京公演にキャスト変更が出ています。

2月4日(土)14:00『白鳥の湖』
パヴェル・ドミトリチェンコ(ロットバルト役) → ウラディスラフ・ラントラートフ

2月7日(火)18:30『ライモンダ』
パヴェル・ドミトリチェンコ(アブデラフマン役) → ミハイル・ロブーヒン
 
前回のルンキナに続き、また当たっちゃったよ・・・。 
でも、アブデラフマン役がロブーヒンへの変更なので、それはそれで嬉しいかなとルンキナの時と一緒です(笑)。
ロブーヒン、2010年の合同ガラの後に怪我をしていたのですね。 話したり思い出したくないほど辛い怪我だったそうですが、復帰できて良かったですね。 劇場を変った後だったし。

また、イープラスからは「ライモンダ」の特集ページができたとのお知らせが来ました。 こちら。 ロブーヒンと8日にアブデラフマンを踊るユーリー・バラーノフのインタビューも載っています。

今度のボリショイ公演、私は各演目1公演ずつ見る予定です。 スパルタクスとライモンダは、公演前になんとかDVDでもう一度おさらいしてからと思っていますが、どうなる事やら? 
お、そうだ。 ライモンダと言えば、マールイの新春ガラでの都さんのライモンダには舞台上のダンサーの皆さんも目が釘付けで、凄く感嘆していたそうです。 そ~りゃね、なんたって都ちゃんですから!! でもそういうの聞くと、嬉しいですね~~。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場6月公演スケジュール | メイン | ミハイロフスキー劇場 2月3月公演キャスト発表>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2384-c0a6288f

| メイン |