シードロフ先生がタッチキンに!
2011/09/24(Sat)
こうすけさんから6月19日のアカデミー・バレエ公演の記事にいただいたコメントで教えていただいたのですが(どうもありがとうございました♪)、アカデミー・バレエで教えていらっしゃったシードロフ先生がタッチキンバレエに移られたそうです。
タッチキンのサイトにもすでにコーチとして名前が載っています。 相変わらず若々しいですねぇ! ルダコもまたシードロフ先生に教わる事ができて嬉しいでしょうねぇ。 ビシバシとマールイの時以上に鍛えてあげて下さいね~、先生!
ついでにダンサーのプロフィールも改めて見てみたのですが、5月の来日公演でジークフリートを踊ったオレグ・ヤロムキンの名前は見当たりません。 その時も彼の名前はなかったのですが、5月にチェックした時よりダンサーの人数が減っているように思います。 ちょっとびっくりしたのはマールイからマリインスキーのセカンドソリストとして移籍したシェシナと思われるダンサーが(写真がない!)ファースト・ソリストとしてこちらに所属していたこと。 バレエは続けていたのですね。
バレエ団が5月に来日した際に、タッチキン氏がこれからは毎年でも日本公演を行いたいと話していましたので、シードロフ先生もその時には一緒に来日されるかもしれないですね♪ 

さて、アカデミー・バレエの招聘元のアルス東京のHPに、新しく芸術監督に就任したファジェーエフからのメッセージが掲載されていました。 こちら。 2ヶ月前にアップされていたんですねぇぇぇ。
来年の話ですが、7月にワガノワ・バレエ・アカデミーの来日公演が予定されています。 こちら。 演目は「くるみ割り人形」からのハイライトと「ガラ・コンサート」との事。 その頃には、生徒の家族の方たちが安心して彼らを送り出せるような日本になっていると良いのですが・・・。 
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ピーターの切手 | メイン | チケットが取れた!>>
コメント
-  -
あー、ペトゥホフさんが監督を降りたらシードロフ先生は……と思ったら、やはり移籍でしたか。
でもタッチキンならまだ日本とは縁が切れなさそうですし、
腕のふるいどころもありそうですね。
ルダコにとってもよいことのような気が(笑)。
今年のアカデミーは日程的にこうとうしか行けなさそうですが、
とてもありがたい情報でした。
クリバエフがいないのはショック大きいけど……orz。
こうすけさんもMさんも、いつもありがとうございます。
2011/09/26 02:43  | URL | 綾瀬川 #iIYrKRLI[ 編集]
-  -
やはり監督が変われば、劇場内で多少は動きがありますものね・・・。 
クラシック中心のバレエ団ですから、その点は良かったなぁと思うのですが、タッチキンはツアーカンパニーなので、毎回海外にも一緒に行かれるとなると、ロングステイはマールイ時代に慣れているとはいえ、頻繁なだけに大変ですねぇ。 
ペトゥホフさんち、なんて勝手に呼んでいたアカデミーですが、ぺトゥホフさんがどうされたのかも気になるところです。 シードロフ先生同様、新天地で活躍されているとよいですが。
2011/09/26 22:32  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2299-56779965

| メイン |