~バレエ音楽&オペラティックコンサート~
2011/09/04(Sun)
9月1日に文京シビックホールで行われた~バレエ音楽&オペラティックコンサート~に行って来ました。
先日ご紹介したぶらあぼの記事で「物語を運ぶうえで大事な部分を抜かさないように」抜粋するとあった曲のラインナップは以下の通り。

第1部
ビョートル・チャイコフスキー「白鳥の湖」全曲版より抜粋
・序曲
・ワルツ
・情景
・四羽の白鳥たちの踊り
・オデット(白鳥)とジークフリート王子のアダージョ
・ハンガリーの踊り<チャルダーシュ>
・スペインの踊り
・ナポリの踊り
・オディール(黒鳥)とジークフリート王子のパ・ド・ドゥ
・終幕の情景(フィナーレのセーヌ)

第2部
ジャコモ・プッチーニ「トスカ」より
・1幕より、~妙なる調和~ (カヴァラドッシ)
      ~マリオ、マリオ・・・~ (トスカ、カヴァラドッシ)
・2幕より、~歌に生き、愛に生き~ (トスカ)
・3幕より、~星はきらめき~ (カヴァラドッシ)


ソプラノ:小林厚子
テノール:上本訓久
指揮:西本智実
管弦楽:ロイヤル・メトロポリタン管弦楽団
進行:黒田知永子

ロイヤル・メトロポリタン管弦楽団は女性が多いんですね。 この日は7割くらいが女性だったかな? 特に弦楽器は女性の比率が高く、第一ヴァイオリンは8人だったか10人だったか(すでに記憶の彼方・・・)全員女性でした。
いつもはオケピットからの音を聞いている「白鳥の湖」をステージで演奏者たちを見ながら聞けるというのも新鮮でいいですね。 ここはこの楽器とあの楽器が音を出しているというのも良く分かるし。
そして、「白鳥の湖」では、ワルツ、アダージョ、ナポリの後にトークが入りました。 物語を運べるようにとの選曲だったので、できれば通しで聞きたかったのですが、話自体は西村さんの貴重な解説もあって良かったです。
序曲の中にオデットのテーマが隠されているという事なのですが、序曲の冒頭のオーボエによるファーミレドシというのがまだ魔法をかけられていないオデットで、情景のタ~リラリラのところのX~シドレミというのが最初のミレドシを反対にさせていて、これが魔法で白鳥に変えられてしまったオデットのテーマになっていると教えてくれました。 オディールが王子を誘惑するシーンにもファーシミレドシという旋律が意識的に使われているとの事。 ☆!☆!☆!でした(笑)。
こちらは知っている方も多いと思いますが、ラストシーンのホルンが夜明けの太陽、弦楽器が湖上のさざ波を表しているそうです。
「トスカ」は歌に生き、愛に生きしか聞いた事がありませんでしたが、ソプラノの小林さんのまろやかで澄みきった歌声とテノールの上本さんの豊かな声量が素晴らしかったです。

この記事のURL | 音楽 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<女子バレー メグがロシアへ! | メイン | 9月1日 マールイ岡山公演チケット発売>>
コメント
-  -
解説付のコンサート面白いですね!!「ミレドシを反対にさせている」へ~なるほど!!

以前、名曲探偵アマデウスで「白鳥の湖」の音楽が取り上げられた回がありました。そこでも「白鳥・黒鳥の対比をこういう音で表現している」という解説がありました。番組を見た時にメモしたのですが、メモがどこかにいってしまい詳細は忘れてしまいました(笑)

今月はKの白鳥を観に行くので、音楽も注意して聴いてみます♪♪
2011/09/05 15:20  | URL | しまじろう #-[ 編集]
-  -
わ~、残念ですね。 そのメモ! もし大掃除などで出てきたりしたら(笑)、是非ご紹介くださいね♪
名曲探偵アマデウスってとても面白い番組なんですけど、土曜の午後1時ってついつい見損なっちゃうんですよね。 録画もやっぱり忘れがちです。  
西村さんはくるみ割り人形全曲のコンサートなども行っていますし、いつか(できれば近いうちに)、バレエ音楽解説書のようなものを著して欲しいです。 作曲家が楽器に語らせた思いや旋律に仕掛けたトリックのようなものが分かったら、バレエも音楽も鑑賞の楽しみが増えそうですよね。
Kの白鳥に行かれるのですね。 今からしまじろうさんの感想が楽しみです!
2011/09/05 21:57  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2286-03cdb78b

| メイン |