マールイのNew Swan
2011/06/07(Tue)
6月に6回もあるマールイの白鳥の湖公演で、唯一未発表だった10日のオデットに誰がキャストされるのか気になりまめにチェックをしていたのですが、5月30日にジークフリートがデリャビンからプハチョフに変更になり、ひょっとして若い子がデビューする?とますます興味津々でした。
で、今日こんな感じの変更が! 
<6月14日追記 : 20日のオデット&オディールは、もともとこの日にキャストされていたペレンに再度変更となりました。>

6月10日 白鳥の湖
       オデット&オディール:後日発表→ エカテリーナ・ボルチェンコ
       ジークフリート王子:デリャビン→ プハチョフ→ マラト・シェミウノフ
       悪の天才:マスレンニコフ→ ミハイル・ヴェンシコフ
       道化:クズネツォフ→ デニス・トルマチョフ
       パ・ド・トロワ:ミリツェワ、クラシューク→ボンダレワ、ヤフニューク→プローム
       指揮:ワレリー・オブシャニコフ
6月20日 白鳥の湖       
       オデット&オディール:ペレンマリヤ・ドミトリエンコイリーナ・ペレン(6/14変更) 
       ジークフリート王子:シェミウノフ→ アルテム・プハチョフ
       悪の天才:ツァル→ パーヴェル・マスレンニコフ
       道化:アレクセイ・クズネツォフ
       パ・ド・トロワ:ザパスニコワ、クラシューク、プローム
       指揮:ワレリー・オブシャニコフ

ということで、ドミトリエンコがオデット&オディールデビューを果たします♪ 
12月のくるみのコロンビーナを見て、回転系が安定した良いダンサーだなぁと思ってから注目はしていたのですが、まさか白鳥の主役に選ばれるとは思っていませんでした。 マールイもマリインスキー同様、白鳥を踊れるのは長身でラインの美しいバレリーナだけでしたものね・・・。 エフセーエワでさえ踊れなかったんだから・・・。 あ、クチュルクはマールイでも踊った事があったような気がしますが、それはクチュルクほどのダンサーだからって事なんだろうと。
芸監がナチョになった事が関係しているのかなぁ? ドミトリエンコはナチョの作品にも頻繁にキャストされていたので、ナチョの目に止まったのかしら?
何にせよ、新しい人にチャンスが回ってくるのは喜ばしい事ですね! プーちゃんがジークフリートなら安心して舞台に上がれると思うのでドミトリエンコらしい踊りを!! 
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ちょいとがっくし・・・ | メイン | さすが大阪・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2230-7d473fa6

| メイン |