BRB 「眠れる森の美女」5月21日の感想(2)
2011/05/28(Sat)
<第1幕>
編み物の女たちの踊りはなく、オーロラ姫16歳の誕生日を祝う式典がいきなり始まる。 王宮の庭園ではなくプロローグと同じ大広間。 立派なセットと照明の具合で、慣れ親しんでいる庭園シーンで感じる開放感はないけれど、その分格調高い感じかな。
ワルツは男女のペア6組で人数的には淋しいですが、貴族役などをそれなりに配置するとこちらのバレエ団では精一杯の数ですね。 
どんなタイミングでどんなコスチュームで出てくるのかと思っていた4人の王子ですが、あ、この人たちか・・・と気づいたのは三人目の王子がカタラビュットに挨拶をしようと進み出たとたん次の王子が割り込みをした時という遅さ。 だって、なんだか態度でかそうで偉そうで、オーロラの求婚者というよりは国王夫妻の友人って感じでしたねぇ、雰囲気が。

オーロラ姫の登場シーン。 庭園の階段を駆け下りてくる天真爛漫なオーロラの姿が何気に好きなのですが、ここのセットは広間の奥が大きく開けられていて、そこから小走りに国王夫妻の元へと急ぐオーロラが現れる。 初々しく可憐なロホのオーロラ姫。 父王から花婿候補を紹介され、少し驚いてはにかみながらも、王子たちにまっすぐな目を向けて笑みを浮かべるロホからはプリンセスらしい気品も感じられる。
ロホだったら微動だにせず、アンウォーの状態を驚異的に長く保つのかなと思っていたローズアダージョのバランスは、全幕という流れの中できちんと抑制された美しいものだった。 一人一人の王子とのアイコンタクト、両親を見やる目に、オーロラ自身が無邪気な少女からレディとしての階段を登り始めたのだという高揚をかみしめているというのもよく分かりました。
コール・ドの人数が少ないにしても楽隊の代わりくらいは誰かがするのだろうと思っていたけれど、楽隊はなし。 ロホが一人でアラベスク、パンシェを繰り返し、ぐらつく事もなく音楽にぴったりと合わせていた。 その後のソロでも彼女の音楽性は素晴らしく、特に腕の動きは常に旋律とともにあったように思う。
個人的に感動したのがローズアダージョのフィニッシュ。 舞台奥中央くらいまで下がったロホを中心に王子が左右二人ずつに別れ、オーロラが腕を下に降ろし跪いて(確か)、お辞儀をしたフィニッシュに新鮮さを覚えるとともに厳粛さを感じました。
ロホのダンスをくいいるように見ていた他のダンサーたちの表情も印象的。 この時ばかりはこの方たち、来賓の役を演じているのでなく、本当に客として見入っていた感じです。

マントにすっぽりくるまった怪しげな人物が現れ、オーロラに錘を渡す。 嬉しそうなオーロラ姫と対照的に慌てふためく国王夫妻たち。 客席からは姿が見えず、黒っぽい小さな塊が静かに動いているのがなんとも言えず不気味。 取り押さえた衛兵たちを振り払うようにして姿を現したカラボスは満足げに勝ち誇った様子で周りを威圧し、すっかり国でも乗っ取った様な勢いだったけれど、そこに現れたリラの善の力に苦しみそそくさと退散する。 

倒れてしまったオーロラ姫は、彼女が登場してきた広間の奥にドーンとしつらえてあるモニュメントの元に敷かれた柔らかそうなベッドパッドのようなものに寝かされました。 これがとても印象的だったんですよね。 私、ダンサーが床に座ったり(ジプシーダンスを見るキトリとか)、横たわっちゃたりすると、足や背中が冷えないかなーとかけっこう気になってしまうので、あ~これなら冷えないし体に優しいし、いいアイディアだなと!  

リラの精が人々を100年の眠りにつけ、広間を去っていく。 このまま幕が降りちゃうのかと思ったら、次々に茨や木々の幕が降りてきて、城は森の奥深くと閉ざされていきました。 このシーン、眠りには絶対あって欲しい演出なんですよね~。
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2011年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ダンスマガジン7月号 | メイン | さくっと!>>
コメント
-  -
どうもです~。
ロホが楽隊なしでパンシェをしたときはいささかビックリしましたが、彼女のオーロラは本当にステキでしたねー!
ゆっくりだったのに冗長にならず、音楽にのるのが上手いんだなぁと感心感動。
私もドンキの2幕とか、眠りの1幕とか床で倒れてるシーンて気になっていました。ダンサーは汗だくだろうし照明も結構熱いんですけどね・・・
多分、バヤデルカの2幕や海賊の洞窟シーン、後ろで座ってる人も結構冷えるのでは、と思います。(爆)
個人的には、「真夏の夜の夢」に出てきた女王と馬のお休みした木のねぐらが気持ちよさそうで気になりました。(笑)
2011/05/30 19:08  | URL | うみーしゃ #-[ 編集] ▲ top
-  -
うみーしゃさん、こんばんは。

ロホの音楽性というのは、また都さんの音の乗り方とも違うものだったと思うのですが、見ていてとても気持ちよかったんですよね(笑)。 一人アラベスク&パンシェでは、アラベスクの足をゆっくり伸ばすときのリズムが好きでした。 私は今回の眠りですっかりロホマジックに魅せられてしまった感じです♪

真夏の夜の夢のあの木のねぐら、確かにとってもいい感じ! あそこでも眠りのふわふわパッドが敷かれていたのかしら?  ちょっと昼寝をさせてもらいたくなりました(笑)
2011/05/30 22:15  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2223-6653afaf

| メイン |