サンクトペテルブルグでの震災被災者支援のコンサート
2011/04/03(Sun)
先週の日曜日、3月27日にサンクトペテルブルグ大学の本館において日本の震災被災者支援のためのチャリティーコンサートが行われました。
この写真がそのコンサートのポスターです。 
concert_convert_20110403145134.jpg


こうすけさんがマラトから送ってもらったそうです(お知らせありがとうございます)。  ロシア人の方が訳して下さったところによると、ポスターに書かれている内容は

コンサートには以下の芸術家が出演します。Elena Obraztsova、Oleg Basilashvili、Anvar Libabov、詩人Artyom Suslov、そしてサンクトペテルブルグの優れた若い歌手や音楽家たちです。コンサートの後はAlexandr Sokurov映画監督による"東洋のエレジーズ"という日本についての映画が上映されます。予約は以下のサイトで行われています。 日本のためのロシアの一時間 3月27日の深夜2時に(サマータイムに変わる時点より)、我々は日本において地震で亡くなられた方々の記念に一時間を捧げます。その一時間、我々は眠っていません。亡くなられた方々の記念にろうそくを立てます。我々は電気をつけません。日本で我々より電気を必要としている方々にその電気を贈るため。

との事です。
この鳥は鶴でしょうか? 日本の国鳥は鶴ではないけれど、折鶴だったり鶴丸だったり、イメージとしてはそうなのかな。 

すべてロシア語ですが、こちらのサイトで詳細が分かります。 

コンサートの前に出演者と観客たちが日本で起きた震災の犠牲者に黙祷を捧げた後、エレーナ・オブラスツォーワの「アヴェ・マリア」によってコンサートが幕を開けたそうです。 このコンサートにはディアナ・ヴィシニョーワも参加して踊ったとの事です。 イベントの様子はこちらに映像が上がっていますが、主だった方のスピーチがほとんどで、ヴィシニョーワのパフォーマンスの映像はありませんでした(落とすのにも時間がかかるし、何を撮りたいの?というカットも多く、残念ながら見る必要性はないと思いますが、早々にワッペンなどが用意され、スタッフの方たちが付けていました。・・・)。 インタープレスには写真が上がっていますが、かなり狭い舞台なので踊るのも大変だったんじゃ・・・。この日集まった義援金は在サンクトペテルブルグ日本国総領事館に渡されたそうです。 
そして、その領事館には多くのロシアの方々が献花に訪れ、中には折鶴を飾ってくれた方もいるそうです。こちらの写真。 多くの人たちの気持ちをありがたいと思うと同時に、世界中の人たちが哀悼の意を表さずにはいられなくなるほどの甚大な被害となった震災の悲惨さを痛感した思いです。

この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オーリャとサラファーノフのドン・キホーテ | メイン | マールイからのメッセージ/バーミンガム・ロイヤルバレエ追加公演>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2182-05081e2e

| メイン |