本日更新のDance Cubeから
2011/02/10(Thu)
Dance Cubeが更新されています。 こちら
個人的には東京とパリのレポートが面白かったです。

マールイの公演は「ジゼル(12月28日)」「ドン・キホーテ(1月7日)」「白鳥の湖(1月9日)」のレビューですが、筆者の関口さんがルジマトフの負傷を知らないで書いているので、いろいろと見当違いなのが残念。

パリ編は今年7月にパリオペラ座の常任エトワールのポストを去るジョゼ・マルティネスのインタビューがとても興味深いです。 ジョゼの話のすべてが本当に貴重な内容(最後のショート・ショートのヒーローまで!)なのですが、その中からマールイ視線的に気になったこと。
ジョゼが芸術監督となるスペイン国立ダンスカンパニーのダンサーの話ですが、42名のダンサーの中にはナチョとしか仕事をしないという契約のダンサーもいたようで、彼らはカンパニーを去るとの事でした。 契約条件などは知りませんが、スペイン国立舞踊団でもまだナチョ作品を上演する事はあるのですよね? ナチョとしか仕事をしないダンサーがCNDを離れてその後はどうするんだろう?
そして「白鳥の湖」の話から、ミハイロフスキー劇場で彼が「白鳥の湖」に客演するという事も分かりました。 4月か5月くらいの話なのかな? オデット&オディールもオペラ座からかしら?? 
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マールイ「ドン・キホーテ」 1月12日の感想 | メイン | ナタリア・マカロワによるロパートキナ&コルスンツェフの白鳥リハ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2145-c3cca5c8

| メイン |