マールイ「くるみ割り人形」 相模大野公演のキャスト(追記あり)
2010/12/18(Sat)
こうすけさんより相模大野公演のキャストをいただきました。 いつもありがとうございます~♪
今日の王子はヤフニュークなんですねぇぇ。 見たかったなー。 でもこの土日だけは両日家の用事に専念して点数稼がないと、この後兵庫までいろいろほったらかしですから・・・。  バレエ団の事情もいろいろあるでしょうが、やはり年に一度の日本公演、シヴァ、プーちゃん、アンドレイの主演の数は演目の偏りなくそれなりに確保して欲しいものだと切に思います。
くるみはあと2回見る予定ですが、見たいのはマラさんの父とまだ未見のユリバリソフのねずみの王様。 上手く当たるかなー??

マーシャ : サビーナ・ヤパーロワ 
王子 : アンドレイ・ヤフニューク
ドロッセルマイヤー : ミハイル・ヴェンシコフ
くるみ割り人形 : アンドレイ・ラプシャーノフ
フリッツ : デニス・トルマチョフ
父 : マラト・シェミウノフ
母 : オリガ・セミョーノワ 
ねずみの王様 : リシャート・ユリバリソフ
コロンビーナ : タチアナ・ミリツェワ
ピエロ : マクシム・ポドショーノフ
スペイン人形 : マリア・リヒテル、ニキータ・クリギン
中国の人形 : ナタリア・クズメンコ、デニス・トルマチョフ
アラビアの人形 : オリガ・セミョーノワ、
           オリガ・ラブリネンコ、ズヴェズダナ・マルチナ、クセーニャ・ルシーナ、エレーナ・スヒーフ
パストラル : ユリア・チーカ、エカテリーナ・ホメンコ、パーヴェル・ヴィノグラードフ
トレパック : ナタリア・パルフョーノワ、アンナ・スーホワ、
         ニコライ・アルジェエフ、ドミトリー・クドリャーフツェフ
ワルツ : オリガ・ステパノワ、ダリア・エリマコワ、マリア・グルホワ、ユリア・カミロワ
       アルテム・プハチョフ、ニコライ・コリパエフ、アンドレイ・マスロボエフ、デニス・モロゾフ

指揮 : パーヴェル・ブベルニコフ
演奏 : 東京ニューシティ管弦楽団

20101217花



コメント欄にうみーしゃさんからの公演の感想をいただいています。
詳しく楽しいレポなので、こちらの記事の方にも追記という形であげさせていただきます♪
いつもありがとうございます。


もう今月はくるみばっかり見てますので記憶のあるうちに覚書(笑)。珍しくマラーホフさんが客席にいたので舞台にとても集中できました。10年見てるけど、日本では初めてかも。
えーと、本日の注目1。ユルバリソフのねずみキング。
踊りがきれいで丁寧です。すごく若くてまじめそうな方なんですが、妙に舞台で見ると、ねずみの踊りってこんなにおもしろかったっけと思ってしまったさ。長身なのにもったりがなく、ジャンプも高くラインもキレイ。立ち姿も様になりますの。かかとをコンコンやる振りが好き。
注目2。ヴェンシコフのドロッセルマイヤー。彼はやっぱり美男ですねぇ。白塗りメイクが生えます。ちょっとしたアレンジもあったのかな?一味違うミーシャ・ワールド。空間支配という意味ではあれですが、くるみにふさわしい丁寧な役作りかと。
(普段はあの方をほめるんだけどね。今日は。笑)
注目3。マラト比では控えめなお父さん。きらっきらな貴族父。真ん中でゆったり手足をを伸ばして宮廷風ダンス。1幕見ると、マールイってなんて素敵な男性が多いのだろう、とびっくりですよ。(笑)
子供たちも楽しかったです。男の子に小芝居が加わり始めましたよ!
眼福なのがミリツェワちゃんのコロンビーヌ。ポドちゃんのピエロとの絡みがおもしろく、かわいらしく幸せな気持ちになりました。
ねずみや雪の精になるとちょっとお疲れも見えましたが、今シーズンのコールドは男女ともにとてもキレイです。まぁ昔からのファンは、涙が出るくらい感動的なあれを求めちゃうのだけど、12月にこれだけまとめてくれればOK。白鳥もところどころ混ぜてほしいな。そうすれば地方公演もっと行くよ!!
サビーナちゃんとヤフニュークは技術的に問題なし!
2人のタイミングはばっちりなのに。(以下省)
去年よりちょびっとがっしり感が増してる気がするが、ヤフニュークのポーズ・腕の運びはとってもキレイです。フォーラムも楽しみ。そして、ヤパーロワちゃんって本当に上手なんだなぁと。しかも軽そう~。小柄な分、ひょひょいっと持ち上げられてる感じがあります。
スペインのニキータの踊りも良かったわ。昨年よりぱりっとしていて普通に楽しめます。マリア・リヒテルも今年は来てくれて嬉しい♪
花ワルではエリマコワの笑顔とぷーちゃん夫妻の美しいラインを堪能。男子も良かったです~。

あと3回見る予定だけど、チャイコフスキーはいいですね。今回の指揮者、アトリーチナ(すばらしい)ですよ。でもオケはやっぱりロシアの生がいいですねん♪

この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場1月公演キャスト&くるみとジゼルのキャスト | メイン | タワーレコードでもチェブラーシカ♪>>
コメント
- 記憶のあるうちに・・・ -
どうもです~。
もう今月はくるみばっかり見てますので記憶のあるうちに覚書(笑)。珍しくマラーホフさんが客席にいたので舞台にとても集中できました。10年見てるけど、日本では初めてかも。
えーと、本日の注目1。ユルバリソフのねずみキング。
踊りがきれいで丁寧です。すごく若くてまじめそうな方なんですが、妙に舞台で見ると、ねずみの踊りってこんなにおもしろかったっけと思ってしまったさ。長身なのにもったりがなく、ジャンプも高くラインもキレイ。立ち姿も様になりますの。かかとをコンコンやる振りが好き。
注目2。ヴェンシコフのドロッセルマイヤー。彼はやっぱり美男ですねぇ。白塗りメイクが生えます。ちょっとしたアレンジもあったのかな?一味違うミーシャ・ワールド。空間支配という意味ではあれですが、くるみにふさわしい丁寧な役作りかと。
(普段はあの方をほめるんだけどね。今日は。笑)
注目3。マラト比では控えめなお父さん。きらっきらな貴族父。真ん中でゆったり手足をを伸ばして宮廷風ダンス。1幕見ると、マールイってなんて素敵な男性が多いのだろう、とびっくりですよ。(笑)
子供たちも楽しかったです。男の子に小芝居が加わり始めましたよ!
眼福なのがミリツェワちゃんのコロンビーヌ。ポドちゃんのピエロとの絡みがおもしろく、かわいらしく幸せな気持ちになりました。
ねずみや雪の精になるとちょっとお疲れも見えましたが、今シーズンのコールドは男女ともにとてもキレイです。まぁ昔からのファンは、涙が出るくらい感動的なあれを求めちゃうのだけど、12月にこれだけまとめてくれればOK。白鳥もところどころ混ぜてほしいな。そうすれば地方公演もっと行くよ!!
サビーナちゃんとヤフニュークは技術的に問題なし!
2人のタイミングはばっちりなのに。(以下省)
去年よりちょびっとがっしり感が増してる気がするが、ヤフニュークのポーズ・腕の運びはとってもキレイです。フォーラムも楽しみ。そして、ヤパーロワちゃんって本当に上手なんだなぁと。しかも軽そう~。小柄な分、ひょひょいっと持ち上げられてる感じがあります。
スペインのニキータの踊りも良かったわ。昨年よりぱりっとしていて普通に楽しめます。マリア・リヒテルも今年は来てくれて嬉しい♪
花ワルではエリマコワの笑顔とぷーちゃん夫妻の美しいラインを堪能。男子も良かったです~。

あと3回見る予定だけど、チャイコフスキーはいいですね。今回の指揮者、アトリーチナ(すばらしい)ですよ。でもオケはやっぱりロシアの生がいいですねん♪
2010/12/18 23:24  | URL | うみーしゃ #-[ 編集]
-  -
うみーしゃさん、

感想をありがとうございました。
勝手に記事の方に上げさせてもらっちゃいましたが・・・。

ユリバリソフ、いいですよね~~!! 今年のくるみで絶対に見たいのはユリバリソフのねずみの王様なんです! あと2回なんですが、当たるかなぁ~? 彼とマラさんで見られたら3キャスト全制覇になるんですけど・・・。 
ドロッセルマイヤーに王子役よりも多い5人がキャストされているというのが、凄いですよねぇ。 ボヤルチコフ版くるみでのこの役の存在価値が分かるというか、それともあの踊りが大変という事なのか(笑)
ヤフニュークの様子もわかって良かったです♪ でも・・・、がっしり感が増してます?? もともと太ももあたりはけっこうしっかりしてましたが、それでも踊りに重さが感じられるようでなければ問題ないですね! 

そうそう!! クリスマス前だからといって、ここまでくるみだらけじゃなくて、1月のピュアマールイでの公演数を考えて、12月にももう少し白鳥を入れて欲しかったですよね。 光藍社さんにはもう少しその辺のいろんな意味でのバランスを考えて欲しかったです。
2010/12/19 21:00  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2095-692df7ad

| メイン |