10月18日(月) ペテルブルグ1日目(その2) & UK National dance awards 2010
2010/11/12(Fri)
うみーしゃさんがネット予約してくれたマールイ公演のチケットを取りに懐かしのミハイロフスキー劇場へと向かう。 
こちらはグリボエードフ運河にかかる橋から見たスパース・ナ・クラヴィー大聖堂(南側化粧直し中)。 白い円柱の並ぶ建物の手前の黄色い建物がミハイロフスキー劇場の裏手です。

2010111204.jpg


劇場カッサでのチケット交換については、うみーしゃさんからいただいたばかりのレポートからさっそく引用させていただきます。


「ミハイロフスキー劇場は、以前はHPでチケットがとれず、現地で買っておいてもらうか、カッサで直接購入するしかなかった。今回はWEB予約ができたので、恐る恐る劇場のカッサへ。予約控えの紙を見せたら、1分後。うみーしゃの名前と日付・演目が書かれた紙がホチキスで袋になっていて(笑)、中にきちんと3回分のバレエのチケットが入ってるじゃない!!日本からWEBで予約する観客なんて珍しいのか。。。劇場のカッサにとりに来ることを予測してプリントアウトしておいてくれたのだろうか。絶対待たされると覚悟していたので、一緒に並んでいたおじいさんに「日本から来たんです~」とおしゃべりしていたくらい。(笑)嬉しい誤算でしたん。
マールイのチケット・システムやHPはここ2年で見違えるように便利になった。チケット自体は値上げされ、地元のファンには大変だろうけど・・・。まさかロシアでクレジットカードが普通に使えるとはねぇ。昔は使ったらマフィアがハッキングするからスグ解約しろ、なんて巷で言われてたんですけどね。(苦笑)」


念のため補足させてもらうと、ネットでカード決済ができるのはロシア語版のみなんです。 英語版のチケット購入ページでも予約はできますが、短い期限内に劇場に取りに行かなければならない状態。 だからロシア語版に載っているカード各種の表示がないんですね・・・。 ロシア語がかなりできる人でないとカード決済はいまのところ難しいようです。 新監督就任以降、ヨーロッパから個人で劇場にやってくる人が増えれば英語だけでのカード決済も可能になるかもしれませんね。

ピーテルの建物のドアはどこも分厚くて重い・・・。 極寒の街なのだと改めて感じます。 
2010111201.jpg


重いドアを開けて中に入ると右手奥にカッサ、左手奥にクロークがあります。 
2010111203.jpg


2010111202.jpg

上の写真の右に見えるドアの前にチケットモギのスタッフが立ち、このドアを入って階段を少し上がった所が劇場平土間の客席に続く狭い廊下になります。

ちなみにこのおじいちゃんがうみーしゃさんがおしゃべりしていたおじーちゃん(笑)。 どの公演のチケットを買いに来たのかしらん?
2010111109.jpg

 




さて、ミハイロフスキー劇場HPのトップページに取り上げられていますが、「ラウレンシア」を振付けたミハイル・メッセレル氏がUKのNational Dance Awards 2010、Best classical choreography部門で3人の最終候補者に選ばれたそうです。 受賞者は来年1月24日にロンドンで行われる授賞式で発表になるとの事です。 ミハイロフスキー劇場は、同じくロンドンツアーのあった2008年には最優秀海外カンパニーにノミネートされましたので、2度目のノミネーションになります。 あの時は受賞は逃したものの、デニスも最優秀男性ダンサーにノミネートされていませんでしたっけか??? 



この記事のURL | サンクト・ペテルブルグへの旅2010 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<惜しかったー | メイン | 10月18日(月) ペテルブルグ1日目(その1)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2056-1c785cc0

| メイン |