10月17日(日) ペテルブルグへ向けて出発 <by うみーしゃさん>
2010/11/11(Thu)
成田からフィンランド航空にてヘルシンキ経由。
ヘルシンキ空港は2年前よりもお店が充実していて、トランジットの待ち時間が気にならなかった。
カフェで食べたパン(ライ麦デニッシュ?)が甘すぎずおいしい。帰国時のトランジットではプレートの料理を頼もうと決めた。
フィンランドのトランジット待ちで思ったこと。皆、足長い!(笑)
トナカイに乗ってそうな立派なおひげのおじいさんもいた。冬はぜひ赤いあの服を着てほしい。トナカイの缶詰が売っていたのも笑えた。フィンランドの食器は結構模様がかわいくて、北欧デザインはいいなぁとほしくなる。今買っちゃダメ!(笑)帰りにチェックしよう・・・。

夜21:30頃無事ピーテル到着。さっ寒い!
日本を出たとき20度あったから、はっきり言ってナメてました。準備段階で「ニット着たくないな~」とか言ってたくらい。地面が濡れているようだったのは、前日雪(!)が降ったみたいで。10月中旬に雪ですか。タラップを降りた瞬間ダウンコートの前をきつく締めました。

入国管理に長蛇の列。今回は、飛行機の乗り口でイミグレーション・カードをもらったので、しおりを参考に早めに記載。あれ?ガイドと形式が違う。(ロシアではよくある。)
A面とB面があるけれど、B面は前はなかった・・・。書くのかどうかもわからない。「前回書かなかったから大丈夫ですよ」と自信満々にミスガイドしてしまった。ここは書かなければいけないんですって!(いつ変ったんだろう)

相変わらずわかりづらいのがロシアの表示。確かロシア人の列は外国人の列と分かれていた・・・はず。ロシア文字が小さいので入り口に近づいて確認。左側はロシア・CIS諸国民、と書いてあったようなので、右側2列に並んだ。思いの他外国人が多いようだ。アジアは私たちだけだったけど・・・。

時間がかかりながら、なんとか無事ロシア入国。送迎のドライバーにもすぐ会えて、いざ市内へ。
ロシアって、見かけ暗いのだけど、実は熱いパワーを秘めている国。初めて来たときは、あまりの暗さに
「なんて場所へ来てしまったんだ・・・」と思ったけれど、暗いのは気候だけで、街も人もほがらかで安全なのだった。
日本ではイメージが悪すぎますね。。。
建物が密接して建っているので、ヨーロッパやアメリカの大都市のような、路地裏にだれか潜んでいて危険、ということはほとんどない。夜の観劇帰りも、劇場からホテルまで徒歩で問題なく、いわゆる酔っ払いやスリなどの怪しい人も見かけなかった。ペテルブルグの中心街だけかもしれないけれど・・・。

ペトロパレスのフロントのお兄さんのはからいで、「日本人だからバスタブほしいでしょ」とバスタブ付のお部屋にしてくれた。ベッドもすぐセパレートにしてもらい、おばちゃんからエアコンの使用方法を教わる。いわゆる、壁伝いの水道管のような暖房が、熱くなりすぎる場合は一度ひねればOKと。窓は開けないように。と厳重な注意。(雪降ってるくらいだしね) ホテルからの電話のかけ方も教わり、ピーテルの知り合いに連絡をとる。
ホテルの部屋の乾燥は世界中どこへ言っても悩みだと思うけど、建物の中は十分暖かいので、エアコンはほぼ切って過ごした。バスルームに掃除機のようなドライヤーはついているけど、使っていると持ち手の方が熱くなるので、部屋で自然乾燥させた方が速かった・・・。ドライヤーだけは、日本製のものが使えると嬉しいのになぁ。
この記事のURL | サンクト・ペテルブルグへの旅2010 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<10月18日(月) ペテルブルグ1日目(その1) | メイン | モーリス・ベジャール・バレエ団 「80分間世界一周」>>
コメント
-  -
持ち手が熱くなるドライヤー!怖いですね…。10月で雪というのもなかなかすごいです。だからよけいに短い秋が輝いて見えるんでしょうね。
2010/11/12 20:42  | URL | おロシア人 #-[ 編集]
-  -
おロシア人さま、
いや、ホント掃除機の先みたいな、象の鼻みたいなドライヤーでした・・・。
日本の秋(紅葉じゃなくて黄金の意味がわかった・・・)
とは違うけれど、とても美しい時期に
訪ロできてラッキーでした♪
2010/11/13 12:29  | URL | うみーしゃ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2054-f273c43c

| メイン |