ザハロワの降板
2010/09/07(Tue)
もうあちこちで取り上げられていますが、ザハロワが10月のボリショイ・マリインスキー合同ガラと来年1月の新国立劇場での「ラ・バヤデール」を健康上の理由で降板したとの事です。 ザハロワは今年1月の新国立劇場の「白鳥の湖」も体調不良で降板しているだけに心配ですね。 多少時間がかかっても完全に治してまた元気な姿を見せて欲しいです。

合同ガラの代役はガリーナ・ステパネンコが務めるそうで、ジャパンアーツのブログにステパネンコのインタビューが早々に掲載されました。
ステパネンコがメルクーリエフと踊る作品は以下の4作品。 

<Aプロ>
『ライモンダ』 振付:プティパ  
  ガリーナ・ステパネンコ アンドレイ・メルクーリエフ

『Fragments of a biography』 振付:ワシーリエフ
  ガリーナ・ステパネンコ アンドレイ・メルクーリエフ


<Bプロ>
『カルメン』 振付:アロンソ  
  ガリーナ・ステパネンコ  アンドレイ・メルクーリエフ

『ドン・キホーテ』 振付:プティパ
  ガリーナ・ステパネンコ アンドレイ・メルクーリエフ



一方「バヤデルカ」の代役は英国ロイヤルバレエの小林ひかるさんだそうで、こちらはちょっと意外でした。 これも芸術監督が牧さんからビントレー氏に変わったからの人選ですね。 パートナーが変更無くデニスなだけにさらにちょいと妙な感じもします(って、見にもいかないくせに・・・)。 デニスが続投なら寺島ひろみさんで見たかった気もしますが、ひろみさんは新年度からは登録ダンサーに変わっているんですね。 活躍の場が狭まらないといいですけど・・・。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マールイ 松本公演&鎌倉公演のチケット一般発売日 | メイン | マールイ主催、ミッケリのバレエ・フェスティバル>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/2002-ba744334

| メイン |