ドゥアト氏のインタビュー記事
2010/07/29(Thu)
Nacho Mikhailovsky でぐぐってヒットしたニュースからドゥアト氏の発言をかいつまんで(ミハイロフスキー劇場のHPの内容と大差なし)。


RIANOVOSTI
まず、一年目は(2010-2011シーズンが終わるまでという事ですよね)、外部からは誰もダンサーは呼ばず、劇場のダンサーを見ることに専念する。 将来的には団威を高めるために世界的に有名なスターダンサーを招く可能性はある。
スペイン国立ダンスカンパニーを去る理由は(コントラクトは7月31日まで)、スペインの文化省が創作に関わる人たちに十分な敬意と感謝を示さなかったため。


The Voice of Russia
自分の作品が世界中で上演され続けられる限り、スペインにいて著作権料だけで暮らしていく事もできた。 でもそれをミハイロフスキー劇場からのオファーが不可能にさせた。 新しいダンサーたち、コーチ、別言語の世界で働き、自分自身を馴染みのない文化にさらせる好機を逃す手はない。 目の前の困難は新しいチャレンジにとっての魅力。 サンクト・ペテルブルグにはスーツケース一つで降り立つけれども頭の中はアイディアでいっぱいさ!


AFP
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<今日は明るく♪ | メイン | ナチョ・ドゥアトがミハイロフスキー劇場の芸術監督に>>
コメント
-  -
いつもありがとうございます。
とりあえず、1年間は外から人を呼ばないというところにちょっと一息しています。
スペインのカンパニーのダンサーや自分のお弟子さんも連れていかないということなんでしょうか。
ケフマンに「創作に関わる人たちに十分な敬意と感謝」があるとも思いがたかったりするし(苦笑)、ドゥアトとウマが合う気もしないなあ、とか……。
ただ、今までのように日本には来てくれなくなるだろうなあという気はしますよね……。
ぐったりです。
2010/07/30 01:42  | URL | 綾瀬川 #iIYrKRLI[ 編集]
-  -
綾瀬川さん、

就任して夏でシーズンが終わるまでは、少しずつ自分の作品を踊らせながらダンサーのコンテンポラリー度?を見定めるって事なんでしょうかね? 
ただ、綾瀬川さんも書いていらっしゃったように就任前の発言が守られるかというのは保障の限りではないですよね。 すでに痛い思いは経験済みですものね。
前芸監時代に光藍社さんと更新した契約は5年とも10年とも噂されてますが、たとえ毎年来日したところで、レパートリーが激変し、何よりダンサーが変わってしまったら、私にとっては全く魅力のないものになってしまいます(悲)
2010/07/30 22:19  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1966-eea272e2

| メイン |