今日もシュツットガルト組♪
2010/05/22(Sat)
公演の後、別の用事があり遅くなってしまったので、本日の大短パン大会なBプロ雑感です。

Aプロに続き、今日も素晴らしかったのがアイシュヴァルト&ラドメイカーペア。 「モノ・リサ」というコンテでは音楽を上手く体で捉えながらアクロバティックな動きをなんなく決め、「ロミオとジュリエット」では椿姫同様、あっと言う間に観客をドラマに引き込んでしまいました。 初めてのキスを交わした後、恋の喜びに思わずくらくらしてしまうアイシュヴァルト@ジュリエットと高揚感そのままに猛然と走り去っていくラドメイカー@ロミオがめっちゃくちゃ印象的で素晴らしかったです。 バルコニーの背後に消えていくロミオ、あれぞロミオ走りというくらいのスピードでしたよ、本当に! それぞれに素晴らしいダンサーですが、相性もきっといいのでしょうね。 レヴェランスでのラドメイカーは心底アイシュヴァルトに敬意を払っているように感じられます。 この2日でアイシュヴァルトに対する印象ががらっと変わり、もっともっといろいろな役でその多才なバレリーナぶりを見てみたくなりました。
今日もマラーホフは彼らしさを存分に見せてくれたけれど、ポリーナちゃんの事がなんとなく気になります。 コンテはすっばらしいのだけれど、クラシックがね・・・。 今日のニキヤはちょっと雑だったし。 だんだんプティパの純クラが似合わなくなってしまうのではないかと勝手な心配。

全体的にはAプロより楽しめたプログラムだったと思います。 コンテがこれだけ多いのに自分が楽しめたっていうのがちょっと不思議な感じ! 音楽で好みじゃないものが一つもなかったというのもポイントかな?
この公演が始まる前は、ロシアのバレエ団からの参加が全くなくなってしまい、馴染みの薄いダンサーばかりであまり気分が乗らないなぁぁぁなんて思っていたのですが、こういうプログラム仕立てになるんだったら、かえって良かったのかもしれないと・・・。   



‐第1部‐

「カラヴァッジオ」よりパ・ド・ドゥ(第1幕より)
振付:マウロ・ビゴンゼッティ、音楽:ブルーノ・モレッティ(クラウディオ・モンテヴェルディより)
ポリーナ・セミオノワ ウラジーミル・マラーホフ

「ディアナとアクティオン」
振付:アグリッピーナ・ワガノワ、音楽:チェーザレ・プーニ
ヤーナ・サレンコ ディヌ・タマズラカル

「カジミールの色」
振付:マウロ・ビゴンゼッティ、音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ
エリサ・カリッロ・カブレラ ミハイル・カニスキン

「モノ・リサ」
振付:イツィク・ガリリ、音楽:トーマス・へフス
マリア・アイシュヴァルト マライン・ラドメイカー

「瀕死の白鳥」
振付:ミハイル・フォーキン、音楽:カミーユ・サン=サーンス
ベアトリス・クノップ


‐第2部‐

「ラ・バヤデール」より"影の王国"
振付:マリウス・プティパ、音楽:レオン・ミンクス
ポリーナ・セミオノワ ウラジーミル・マラーホフ
第1ヴァリエーション:ヤーナ・サレンコ
第2ヴァリエーション:乾友子
第3ヴァリエーション:エリサ・カリッロ・カブレラ 
ほか東京バレエ団


‐第3部‐

「ロミオとジュリエット」より第1幕"バルコニーのパ・ド・ドゥ"
振付:ジョン・クランコ、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
マリア・アイシュヴァルト マライン・ラドメイカー

「カラヴァッジオ」よりパ・ド・ドゥ(第2幕より)
振付:マウロ・ビゴンゼッティ、音楽:ブルーノ・モレッティ(クラウディオ・モンテヴェルディより)
ベアトリス・クノップ レオナルド・ヤコヴィーナ

「レ・ブルジョワ」
振付:ベン・ファン・コーウェンベルグ、音楽:ジャック・ブレル
ディヌ・タマズラカル

「ファンファーレLX」
振付:ダグラス・リー、音楽:マイケル・ナイマン
エリサ・カリッロ・カブレラ ミハイル・カニスキン

「ラクリモーサ」
振付:エドワード・スターリー、音楽:ヴォルフガング・A.モーツァルト
ウラジーミル・マラーホフ
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「マラーホフの贈り物 Aプロ」5月18日の感想(第2&3部) | メイン | 「マラーホフの贈り物Aプロ」 5月18日の感想(第1部)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1895-2f766070

| メイン |