ウラジーミル・マラーホフのインタビュー記事2件
2010/05/07(Fri)
NBSサイトからの情報です。
Dance Cubeに「マラーホフの贈り物2010」が間近に迫っているウラジーミル・マラーホフのインタビューが掲載されました。 こちら。 読み応えたっぷりです。
全幕バレエ「仮面舞踏会」の第2幕の劇中劇である「四季」の注目ポイントの一つとして、冬から始まる四季を上げています。 日本人の感覚だと春夏秋冬ですが、冬から始まる1年に新たな四季の感覚を感じるでしょうとの事。 「四季」のリハーサル写真も数多く上がっています。 東バのダンサーたちのリハ着って黒中心でおとなしい色使いが多いんですね。 マールイなんかだとみんな思い思いにカラフルでめっちゃくちゃですが・・・。 マラーホフの豹柄+縞々パンツも、まぁ、なんつーか。
個人的にとっても興味のあった「カラバッジョ」は彼の生涯を描いた作品ではなく、彼の7つの絵画を題材にしたバレエなんですね。 ポリーナちゃんと踊るのはその1幕の最後の方のパ・ド・ドゥだそうですが、是非全幕を見てみたい! どんな絵をとりあげているんだろう? 
また、こちらでは5月4日の毎日新聞朝刊「More楽」に掲載されたマラーホフのインタビューを読む事ができます。 
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「火の鳥」 ベジャールvsフォーキン | メイン | ミハイロフスキー劇場 5月公演詳細キャスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1880-6603d721

| メイン |