マールイロンドン公演公式ページ
2010/05/05(Wed)
マールイのロンドン公演の専用公式ページができたようです。 こちら
なかなかに凝った綺麗なつくりですね。 参加ソリストも発表(舞台写真をそのまま使ったようなヤパーロワちゃんはあれですが、まー、美男美女軍団ですね!!)になっているのですが、コシェレワ、ステパノワ、プハチョフの名前がありません。

 アルブーソワ、ボルチェンコ、コリパエフ、クテポワ、ロマチェンコワ、ペレン、プローム、
 シェミウノフ、シェスタコワ、シヴァコフ、ツァル、ヴェンシコフ、ヤフニューク、ヤパーロワ


最終的に各公演のキャストが出てみないと何とも言えませんが、 コシェレワは白鳥やミルタ、チッポリーノのマグノリア、プハチョフはラウレンシアの主演かと思っていたのだけれど・・・。 
このマールイのメンバーに加えてゲストが二人。 タマラ・ロホとカナダ国立バレエプリンシパルのズデネク・コンヴァリーナ。 また、カナダ国立バレエか・・・。 で、どんなダンサーなのかと思ったら、2006&2009年の夏のバレエ・フェスに参加、前回のマラーホフの贈り物にも参加してヤナ・サレンコとコンビを組んだダンサーでした。 記憶はないけれど、自分の感想を読むとサポートと回転が上手いとな・・・。 ロホと組んで「白鳥の湖」or/and「ジゼル」を踊るんでしょうかね? それともマールイのダンサーと組ませる?? プレミア公演の「ラウレンシア」がスペインが舞台だからってそこにロホを持ってくるってのは考えられるだろうか? 
その「ラウレンシア」ですが、当初はロンドンツアーでワールドプレミアという事でしたが、やはり(疑っていた・笑)、6月5日(土)、6日(日)にミハイロフスキー劇場で先にプレミア公演を行うようです。 この二日間のキャストがそのままロンドンで踊るのではないかと思っているのですが、どうだろう? 以前、ラウレンシアを取り上げたのはこのエントリです。  
18日のトリプルビルの演目も大方判明! 
「騎兵隊の休息」とサモドーロフ振付の新作「Sonatas in Minor」。 さらにディベルティスマンとして「春の水」と「スパルタクス」からのアダージョなどのようです。


7月13日(火) 19:30 白鳥の湖
  14日(水) 19:30 白鳥の湖
  15日(木) 19:30 ジゼル
  16日(金) 19:30 ジゼル
  17日(土) 14:00 チッポリーノ
         19:30 白鳥の湖
  18日(日) 15:00 トリプルビル
  20日(火) 19:30 ラウレンシア
  21日(水) 19:30 ラウレンシア
  22日(木) 19:30 白鳥の湖
  23日(金) 19:30 白鳥の湖
  24日(土) 14:00 チッポリーノ
         19:30 白鳥の湖
  25日(日) 15:00 白鳥の湖
この記事のURL | マールイ劇場プレイビル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ミハイロフスキー劇場 5月公演詳細キャスト | メイン | おいしいもの♪>>
コメント
-  -
ご無沙汰です。
ロンドン公演でのWorld Premierとなっていたローレンシア、6月5日、6日にマールイで上演されるんですね。
同じ時期にボリショイがロンドン公演を行うことが影響しているのでしょうか・・・
私でもロンドンにいたらボリショイを見に行ってしまそうですもん。
たくさん観客が入ってくれると良いですが・・・
2010/05/05 21:26  | URL | shige #-[ 編集]
-  -
「ローレンシア」、ロンドン公演前にちょっとは舞台写真を観られるようになるといいですね。
今はまだリハの写真と背景画しかわからないですし。。。背景画は「おおー、ジゼルというかコッペリアのおうちみたい~」「これはスペインぽい~」などなどいろいろツッコミどころ満載です。
そういえばアブルーソワは日本公演には来ないんでしょうかね。一度は観てみたいダンサーなんですけども。。。
2010/05/06 06:27  | URL | おロシア人 #-[ 編集]
-  -
shigeさん、
お久しぶりです。

やはり新作ならピーテルのファンに一番に見せたかったのでしょうか? 2年ぶりのロンドンでいきなり本番よりは、ある程度の感触を掴んでいた方がいいですよね。 日本にも早く持ってきてもらいたいです♪
2年前のツアーは、監督「ルジマトフ」、スターダンサー「デニス・マトヴィエンコ」、「スパルタクス」で話題を集める事には成功し、ミハイロフスキー劇場という名前をロンドンのバレエファンに知ってもらっただけで意味はあったと思います。 真価が問われる今回で、ボリショイ公演と日程が3分の2も重なってしまった事がどう出るのか・・・?? そういう意味でもベストキャストで臨んで欲しいですね。
それにしてもボリショイ、多彩で魅力的なプログラムですよね・・・。 
2010/05/06 22:17  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
-  -
おロシア人さん、

ラウレンシア、6月のプレミア公演の写真は、またinterpressが取り上げてくれるんじゃないかと期待しています。 つっこみどころ満載な背景画は、最近の例にもれなく色彩豊かで美しいですが、衣装もどんな感じになるのか気になりますねぇ。
アルブーソワ、私も是非是非見てみたいダンサーなのですが、演目次第という感じでしょうか? もし次回日本公演でスパルタクスやそれこそワールドプレミアとなるサモドーロフの新作を上演すれば、彼女の来日の可能性もあるような。  
2010/05/06 22:20  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1878-ef1b19f3

| メイン |