アイドス・ザカン / Class Concert by Bolshoi 
2010/04/29(Thu)
今日もミハイロフスキー劇場のTwitterからです。
4月17日から本日(ガラ公演)までペルミで行われていた「Arabesque-2010」で、アイドス・ザカンがグランプリに次ぐ青年男性部門のファーストプライズを獲得したそうです。 こちら。(英語版はまだ最新のニュースが載っていないようです) おめでとうございます。 1位は二人で、日本人のSam Ikemotoさんという方と分け合った模様。 ちなみにやはり二人で分け合った女性部門も一人は日本人のSayaka Takudaさんという方です。 出場者82名中、日本人は二人だけみたいですが、その二人が二人とも1位だなんて凄いですね。 ペテルブルグからは知った名前のダンサーはいませんでしたが、ザカンもカザフスタンになっているので出身地表記なのですね。


ミハイロフスキー劇場関係のYouTubeに、去年の10月に行われた「グランプリ」のファイナルで上演されたボリショイ「クラス・コンサート」の映像が本日あがりました。 こちらこちら。 とても素晴らしくて生で見てみたい作品です。 バレエ学校の女の子たちのダンスと演技もとっても表情豊かで感心! 
劇場のHPによれば、出演者は以下の通り。

Maria Alexandrova, Anna Antonicheva, Natalia Osipova, Marianna Ryzhkina, Ekaterina Shipulina,
Artyom Shpilevsky, Ivan Vassiliev, Ruslan Skvortsov,Artyom Ovcharenko
and corps de ballet of the Bolshoi Ballet

撮影者の好み?で後半は飛ぶは回るは、It`s show time!!のワシーリエフに集中気味ですが、オシポワの回転もすっごいです。 最後のオシポワの上手からの回転の前に出ていた男性ダンサー、誰だろう?? ちょっと気になる。
この記事のURL | バレエ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<今頃タジン! | メイン | デンマーク、コペンハーゲンでStars of Russian Ballet Gala>>
コメント
-  -
こんばんわ
みんな凄いですね。
見ているこちらの三半規管がダメージ受けそうです。
私と同じ、動物界、脊椎動物門、哺乳綱、霊長目、ヒト科とは思えません。
2010/05/01 00:51  | URL | たなか #-[ 編集]
-  -
たなかさん、

こんばんは。

緑のタイツ組あたりでも技術の高いダンサーが多かったですよね。
ヒト属・ヒト種と来る間に分岐点がありましたかね??
次回のボリショイの来日の際にガラ公演などやってもらって、その中に組み込んでくれてもいいなぁ・・・なんて思ったりしてます。
2010/05/01 21:32  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1873-8b278495

| メイン |