オーストラリア・バレエ団 来日公演公式サイト
2010/04/03(Sat)
昨日NBSから10月のオーストラリア・バレエ団の鑑賞希望日のお伺いが来ましたが、NBSのHPには早くも来日公演の公式サイトができているんですね。 こちら

公演日程とキャストは以下の通りです。

白鳥の湖 (オデット、 ジークフリート王子、 ロットバルト男爵夫人)
 10月09日(土) 3:00pm  マドレーヌ・イーストー、ロバート・カラン、ルシンダ・ダン
 10月10日(日) 3:00pm  アンバー・スコット、アダム・ブル、ダニエル・ロウ
 10月11日(月) 3:00pm  マドレーヌ・イーストー、ロバート・カラン、ルシンダ・ダン

くるみ割り人形 (クララ、 医師/将校/恋人)
 10月15日(金)18:30pm  ルシンダ・ダン、ロバート・カラン
 10月16日(土) 3:00pm  レイチェル・ローリンズ、ケヴィン・ジャクソン
 10月17日(日) 3:00pm  ルシンダ・ダン、ロバート・カラン


その他、チケット料金などはこちらのページを。


ルシンダ・ダン以外は初めて名前を聞くダンサーばかりなのでバレエ団のサイトでちょっとチェックをしてみました。 一人一人のダンサーに関して舞台写真つきの詳しいデータが載っていますが、以下ちょっとだけ。 

マドレーヌ・イーストはパース生まれで入団は1997年。 2006年にプリンシパルに昇進。 ダニエル・ロウは1982年生まれ。 2001年に入団し2008年にプリンシパルに。 ブリスベン生まれのアンバー・スコットは2001年に入団。 2008年にシニア・アーティスト(プリンシパルのワンランク下になるようです)に昇進したダンサーですが、2008年に上演されたマノンでテューズリーと共演しています。 レイチェル・ローリンズは2年間ロイヤル・バレエでファースト・ソリストとして在籍していたそうですが、2004年にオーストラリア・バレエ団のプリンシパルに。

アダム・ブルは1981年生まれ。 2002年に入団し2008年6月にプリンシパルに昇進したダンサーのようです。 ロバート・カランは1996年に入団し2002年にプリンシパルに昇進。 大雑把なレパートリーを見る限り、アダムの方が若干クラシックが多いのかな? ケビン・ジャクソンは今年になってシニア・アーティストに昇進したばかりの期待の若手という感じですかね?

グレアム・マーフィー版の「くるみ割り人形」は一時期マールイが新プロダクションとして取り入れるという噂もありましたが、どうなったのかしらん?(笑) ルジマトフは基本自分では振付はしないと言っていたのでこれもありだったのかもしれませんが、自身も振付をし、復刻お得意のメッセレルに変わった今では多分ないのでしょうね。 
1992年にオーストラリアバレエの歴史をひも解く記念碑的プロジェクトとして制作されたというマーフィー版くるみ、映画によく見られる手法のようでもありますが、とても面白そう。 そういえば、私は見ていないけれど、去年の夏のバレエフェスでパ・ド・ドゥが踊られ、短いけどインパクトの強かった作品じゃなかったでしたっけ??

白鳥もくるみも両キャスト見てみたいような気がしますが、どうしようかなぁぁぁ。
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<花冷え | メイン | ルダコ、九州上陸!!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1849-ec7f8c05

| メイン |