ニーナ 最後のジゼル
2010/03/10(Wed)
ニーナの最後のジゼルを見て来ました。
ニーナもウヴァーロフもとても素晴らしく、二人が作り出す物語として個人的にはロミジュリよりも今日のジゼルの方がすんなり入ってきました。
1幕のニーナのジゼルは芯が強くてひたむきな生き方をしている明るく可憐な娘という感じでした。 幸せそうで生命力に溢れていて不幸の予兆などこれっぽっちも感じられない。 2幕で精霊となった後も、生命力というか存在する力のようなものを感じ、ただアルブレヒトの命を守ったのではなく彼に生きる力を与えて消えて行ったように感じられた。
ウヴァーロフも熱演。 このツアー、ウヴァーロフにとってもかなりきついツアーだと思うけれど、最後まで全力投球でニーナと素晴らしい舞台を作り上げるんだという強い思い、男気を感じました。
詳しくはまた後日。


<本日のキャスト>

ジゼル : ニーナ・アナニアシヴィリ
アルブレヒト : アンドレイ・ウヴァーロフ
ベルタ(ジゼルの母) : ニーノ・オチアウーリ
アルブレヒトの友人 : ユーリー・ソローキン
公爵(バチルドの父) : パータ・チヒクヴィシヴィリ
バチルド(アルブレヒトの婚約者) : マイア・アルパイーゼ
ハンス(森番) : ダヴィド・アナネリ
ジゼルの友人 : アンナ・ムラデーリ,ニーノ・ゴグア
          ナティア・ブントゥーリ,エカテリーナ・スルマーワ
          ニーノ・アルブタシヴィリ,エカテリーナ・シャヴリアシヴィリ
パ・ド・シス : テオーナ・アホバーゼ,ニーノ・マハシヴィリ、ラーナ・ムゲブリシヴィリ,
       ニーノ・マティアシヴィリ、ワシル・アフメテリ,オタール・ヘラシヴィリ
パ・ド・シス ソロ : ヤサウイ・ メルガリーエフ
ミルタ(ウィリの女王) : ラリ・カンデラキ
ウィリたち : ニーノ・ゴグア,アンナ・ムラデーリ
この記事のURL | バレエ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤン・サイズ♪ | メイン | 国立モスクワ音楽劇場 キャスト変更>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1828-5750f61d

| メイン |