終わりました・・・
2010/01/31(Sun)
兵庫県立芸術文化センターでの「くるみ割り人形」を見て来ました。
今日で私の冬のマールイもおしまいです。 楽しめたような、消化不良のような、相反する思いが入り混じった複雑な思いですが、ダンサーの皆様、本当にありがとうございました。
あなたたちの真摯な姿勢と真心に感謝いたします。
また、一日も早く再会の日が来ますように。 そして大ラスの明日の「白鳥の湖」が良い舞台となりますように!!

今日は取り急ぎキャストのみ。

マーシャ : イリーナ・ペレン
王子 : マラト・シェミウノフ
ドロッセルマイヤー : マキシム・ポドショーノフ
くるみ割り人形 : デニス・トルマチョフ
フリッツ : アレクセイ・ラプシャーノフ
父 : アレクセイ・マラーホフ
母 : オリガ・セミョーノワ 
ねずみの王様 : ミハイル・ヴェンシコフ
コロンビーナ : マリア・ドミトリエンコ
ピエロ : パーヴェル・ヴィノグラードフ
スペイン人形 : ナタリア・パルフョーノワ、ニキータ・クリギン
中国の人形 : ナテリア・クズメンコ、アレクセイ・クズネツォフ
アラビアの人形 : オリガ・セミョーノワ、
          オリガ・ラブリネンコ、ズヴェズダナ・マルチナ、クセーニャ・ルシーナ、エレーナ・スヒーフ
パストラル : アンナ・クリギナ、ユリア・チーカ、アンドレイ・ラプシャーノフ
トレパック : マリーナ・フィラートワ、アンナ・スーホワ、
ニコライ・アルジェエフ、ドミトリー・クドリャーフツェフ
ワルツ : オリガ・ステパノワ、ダリア・エリマコワ、マリア・グルホワ、ユリア・カミロワ
      アルテム・プハチョフ、ニコライ・コリパエフ、アンドレイ・マスロボエフ、デニス・モロゾフ

指揮 : ミハイル・バブージン

この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<マールイ最終公演「白鳥の湖」のキャスト&サプライズ♪ | メイン | ミハイロフスキー劇場 3月公演スケジュール>>
コメント
-  -
お疲れ様でした。
ダンサーたちの表情にも、
満足そうな人たちと、
「モノモウス!」ではないですが、
ちょーと、むっとしていた花のワルツのコール・ドさんたち(ペレンとマラトが踊っている間、
素になっちゃっていた子たちとか)を見るにつけ、
彼らもいろいろなんだなあと思ったり。

そんな中、ソロを担当する人たちや、お馴染みさんたちのどんな出番も大切にする姿や、
コーダで出てきたときの花のワルツの4組(プハチョフとモロゾフがこっそり入れ替わって楽しそうにしていたり)の楽日にむけての「最後まで楽しむ!」という姿勢は救いでした。

今日の公演がすばらしいものになってくれるように祈っています。
2010/01/31 05:39  | URL | おロシア人 #-[ 編集]
-  -
おロシア人さん、

マールイに限った事でもないとは思いますが、若いダンサーと中堅どころ&ベテランたちの「舞台」に対する姿勢にギャップのようなものを感じる事が時々ありますよね。
特に昨日は1幕のマラーホフさんを中心とした招待客両親役のお馴染みさんたちの舞台を盛り立てようとする気持ちがもの凄く伝わってきていたので落差を感じてしまったというか・・・。
そういう事をツアーを通じて肌で感じて欲しかったりするのですが、時代&世代というのは変わっていくのが常なんでしょうかね? それがゆっくりと変わっていったり急速に変わったりといろいろなのでしょうが、バレエ芸術の深さを理解して継承していってもらいたいなと思います。
そうそう、花ワル、いつもはオーリャとプーちゃんは組まないですよね。 ファンにとってもあれはサービスでしたね♪
2010/01/31 18:36  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
-  -
すてきなくるみでした・・・。1幕のパーティ、マラさんがお父さんだとどーしてあんなに大人たちにフォーカスしちゃうのかな。いつもならドロッセルやコロンビーヌに行くんだけど。いいお父さんぶりを発揮してましたね~。
はぁぁ。堪能しましたが。
いつも疑問なんだけど、くるみって女の子は何回衣装を替えてるんだろう?子供たち⇒おもちゃの兵隊、大人の一部⇒ねずみ軍団、早替えして雪の精?20人はいるよね・・・。
オケも日に日に団結感増してきてすばらしかったです。
神戸のホールも気に入ってしまったわ。ラインナップがよければまた行っちゃうかも~♪
皆様本当におつかれさまでした。

2010/02/01 09:33  | URL | うみーしゃ #-[ 編集]
-  -
うみーしゃさん、

くるみの感想、まだ途中ですが、1幕にやたら時間を費やしております・・・(笑)
なんつーか、2幕はマラトがくるみ王子デビューという事で、GPDDには緊張感も漂っていたように感じたので、じぶんとしてはマールイのくるみらしい温かさに包まれていた1幕の印象が強いです。
そうそう、1幕の女の子たち、舞台裏では大運動会になっているんじゃないですかね?? 衣装だけではなく、ねずみ軍団などはあの被り物から、雪の精の冠ですものね!

KOBELCOホールは本当に素晴らしいホールですよね。 やはり特別な時間を過ごしているという気持ちになりますもの。 オーチャードがこんなホールだったらいいのに・・・といつも思ってしまいます。 
2010/02/01 23:21  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1789-56974cd2

| メイン |