2010年 バレエ初め
2010/01/03(Sun)
本日のマールイ、マチネの「白鳥の湖」に行って来ました。 キャストはマールイの公式HPにアップされているものから変更はありませんでした。

オデット/オディール:イリーナ・コシェレワ
ジークフリート:ニコライ・コリパエフ
ロットバルト:アンドレイ・カシャネンコ
王妃:ズヴェズダナ・マルチナ
家庭教師:アレクセイ・マラーホフ
パ・ド・トロワ:サビーナ・ヤパーロワ、ユリア・チーカ、アンドレイ・ヤフニューク
小さい白鳥:アンナ・クリギナ、ユリア・チーカ、ナタリア・クズメンコ、マリーナ・ニコラエワ
大きい白鳥:ダリア・エリマコワ、マリア・グルホワ、ユリア・カミロワ、エカテリーナ・クラシューク
2羽の白鳥:ダリア・エリマコワ、エカテリーナ・クラシューク
スペイン:アンナ・ノヴォショーロワ、ニーナ・オスマノワ、デニス・モロゾフ、アレクサンドル・オマール
ハンガリー:オリガ・セミョーノワ、ミハイル・ヴェンシコフ
ポーランド:マリーナ・フィラートワ、エレーナ・フィールソワ、ユリア・カミロワ、オリガ・ラヴリネンコ
      ウラジーミル・ツァル、イリヤ・アルヒプツォフ、アルチョム・マルコフ、ロマン・ペトゥホフ
イタリア:ナタリア・クズメンコ、ニコライ・アルジャエフ


去年はちょっとこれは・・・と思ったほどバラバラだった男性赤服長身コール・ド、今年はとても綺麗に揃っていて踊りも美しかったです。 村人役の小柄な男性チームの揃いっぷりも見事で、こんなに気持ちのいいアントルシャ群を見るのも久しぶりでした。 
マラーホフさんはあのハンサムなお顔に老けメイクが気の毒ではありましたが、期待に違わず細かい演技であちこちに気を配りまくる家庭教師。 王子に「坊っちゃま、坊っちゃま」と呼びかけているような、いつまでたっても王子の子供の頃の面影を追いかけているようなそんな印象だったなぁ。
今日、とっても良かったのがトロワのヤフニューク。 テクニック的にもとても安定していて踊りは男らしく美しい。 開脚の足のラインがとても綺麗でジャンプもふわっと滞空時間も長い。 明日の王子がとても楽しみです♪ ヤパーロワちゃんは以前の小気味良くシャープという踊りから少し柔らかいラインを出すようになったかな? チーカももちろん合格点で頑張っていましたが、二人と比べると若干余裕がないようにも見えました。 そりゃ、しょーがないが!   
王子のコリパエフ、一幕一場は踊る場面がないので、踊り以外で王子である事、主役としての存在感を出さなくてはならないのだけれど、イマイチでしたね。 いかなる場面でどう切り取っても王子以外の何物でもないコルスンツェフのジークフリートを3回見た後だけに余計に感じたのかもしれませんが、まず、舞台での歩き方から勉強し直して欲しい。 踊る事より歩く事の方が難しいという言葉の重みを実感しましたわ。 
コシェレワは愁いを帯びたオデットをしっとりと踊っていて、さらなる成長を感じさせられました。 彼女ってふとした表情がとても艶やかな時があるのですよね。 これじゃぁ、王子も一溜まりもないだろう。 ただまぁ、オデットとジークフリートとの愛のデュエットかというと・・・、やはりコリパエフがまだまだついてきていないので物語的にはいろいろと希薄でした。
コリパエフはバレリーナのピルエットのサポートをもっと練習しないと駄目ですね。 今日は何回コシェレワが傾いたり体勢を崩したりしたか・・・。
コシェレワのオディールは目力が強くて小悪魔的なんだけれど、全く悪女ではないのですよね。 見た目はオデットそっくりだけれど、全く別の魅力を持っている女性。 だから王子は惑わされた挙句、オディールに落ちていく。 踊り分けという意識がどれだけあるのかわからないけれど、作為的ではなく本当にナチュラルに違いを出していてとても良かったと思います。 まぁ、フェッテが下手側にずれていって32回に満たないところで止めてしまったのは残念でしたが、上手く音楽に合わせて舞台中央に戻ったところで切れ間なくジークフリートのヴァリに移ったので、もともとそういう筋書きだったのか?とも疑えました(笑)。 普通のピルエットなんかは軸ぶれもなくて綺麗なのになんでフェッテは苦手なんですかね?? 
コリパエフのヴァリは良い所もあればちょっと・・・という所もあって。 アントルラッセは高くて滞空時間もあって良かったです。
カシャネンコのロットバルトは初見。 やっぱりマラトやツァルと比べるとまだ彼のカラーができてないかな? カシャネンコなんで踊りは悪いわけないのですが、やや抑え目な気がする。 あとはもっと演技面というか、常に物語に参加している意識でいて欲しいかな? でも、この先とっても楽しみなダンサーである事には変わりないです。
ディベルティスマンは皆良かったです。 イタリアの二人は見ていて安心だし上手いし、ポーランドはフィルソワとペトゥホフが無敵な上手さとベテランの味。 ツァルもノリノリでした。 スペインはどうしてもノヴォショーロワに目がいってしまう。 なので彼女と組んでいたモロゾフが自然と視界に入ってくるのですが、ちと貫禄つきすぎてないかい?
白鳥のコール・ドは1幕2場は綺麗に揃っていて美しかったです(大きな4羽と小さな4羽はまだ問題ありですが)。 9月の新版白鳥のプレミア以降、ボヤルチコフ版を踊っていないのでかなり心配していたのですが、杞憂で良かったです。 身長の低いダンサーがずいぶん少なくなり、ぐっと平均身長が高くなってプロポーションも一層良くなったように思います。 3幕は少しバタバタ感があったかなぁ? ラインが乱れたり、ダンサー同士の間隔がまちまちだったりとポジショニングが崩れたところが散見されました。 今までは1幕2場で少し揃わなくても3幕ではリリシズムを感じさせてくれるパターンが多かった気がするのでラストの印象がいまひとつでした。

駆け足の雑感でしたが、ところどころ振りが変わったのか踊り方に変化が出たのかと思わされる箇所があり、オデットと王子の物語としても成り立っているのかいないのか微妙だった事もあり、見終わった後は「・・・」でした。
正直に言わせてもらえば、コリパエフを東京公演で使うのはまだ時期尚早ではないかと(彼を育てたい気持ちは十分わかります。でも、それは地元でやって!)。 もちろん、プハチョフやシヴァコフにしても今のコリパエフのような時期があり、そういう時期にも東京公演で踊っていたわけですが、その時代には残念ながらミャスニコフ以外は横並びだったという王子事情と、パートナーのバレリーナも多くが発展途上だったために、主役間の格の差というのが良くも悪くもあまりなかった。 でも、今は主演バレリーナたちが充実の時を迎えているので、王子役のダンサーもそれに釣り合うダンサーをキャスティングした上で、より良い舞台を見せて欲しいのです。 今のマールイではプハチョフ、シヴァコフ、ヤフニュークの3人でしょうか? バレリーナ同様、今ダンサーとして一番良い時期にある彼らの踊りを年に一回しか見られない日本のファンに出し惜しみなく見せて欲しいと切に思います。  
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2010年 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<ミーシャのトロワ♪ | メイン | マラトの個展に行ってきました♪>>
コメント
-  -
新年おめでとうございます。

Mさんのおっしゃるとおりですね。
シバコフ使ってほしいです。リヨンでも、サンクトでもとっても良かったです。コシェレワが可哀そうでした。



2010/01/04 00:39  | URL | DARK ANGEL #-[ 編集] ▲ top
-  -
今のコシェレワを悠々踊らせてあげられるのは、やっぱりシヴァコフかシャドルーヒンクラスなのかなぁと思いました。彼女自身の成長はすばらしいものがあったと思います。あと、やっぱり優しい子なんだなって。ほろりと致しました。去年みたいにツァルとの掛け合いを見たいです。
コールドは、課題を残しつつも思ったよりキレイだったので後半に期待!?小さい子チームはそろっていて見ごたえあり!くるみ割り人形メンバーのアントルシャは必見ですわ。
コリッパーは、ジャンプのとき後ろ脚がきれいじゃないのと、お腹が出ていて前足のつま先が反ってるのが減点。高さはあるのに!!!演技面、サポート面もうちょっと努力しましょう。コシェレワと踊れるチャンスを無駄にしないで~!!!
例によってマールイはつっこみどころ満載で、やっぱり楽しいです。(笑)
2010/01/04 09:00  | URL | うみーしゃ #-[ 編集] ▲ top
-  -
DARK ANGELさん、

明けましておめでとうございます♪

バレエ団の事情はわかるとしても、それはピーテルだけにしてほしいですね。 遠征先のファンの要望に応えるのがまず大事かと。
2010/01/04 22:45  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
うみーしゃさん、

やはりいろんな意味で格の釣り合うダンサー同士のキャスティングにしてもらいたいですよね。
ゲストを呼んでいる公演ではないのだから・・・。
コシェレワは本当に来る度に成長を感じられますよね。 まだまだ良くなりそうでとても嬉しいです。 ガムザッティ、見たかったなぁ!
今日の公演を見て、たとえコール・ドが去年みたいでもいいから、ピュアなボヤルチコフ版を見せてほしいと真剣に思ってしまいましたよ・・・。 コール・ドの振りも主役の踊りとハーモナイズするように考えられているのですものね。
2010/01/04 22:52  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは。
日曜のマチネでご一緒だったようですね。
昨年、事情でまったくマールイを観られなかったので、
久しぶりのコシェレワでした。
でもやっぱり彼女の踊りは好きですね。
翌日のトロワも観たかったな~
今年もよろしくお願いいたします。
2010/01/05 19:07  | URL | F #3evlSK3s[ 編集] ▲ top
-  -
Fさん、こんばんは。

今年は絶対いらしているんだろうなと思っていました(笑)
彼女は来日の度にどんどん良くなりますね。
温かみが滲み出ている彼女の踊りは私も大好きです。
トロワは王子に優しい眼差しを向ける貴婦人でしたよ♪
だから、そんな彼女がどんなガムザッテイを踊るのかが見たくて、
今回のツアーでキャストされる事を願っていたのですけどね。

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
2010/01/05 22:33  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1763-d722fe53

| メイン |