Miss you !! シヴァコフ
2009/12/23(Wed)
昨夜は親しい仲間での忘年会。 おそらく先週の金曜日と昨夜が忘年会のピークだったと思われますが、渋谷の駅周辺の人の数は凄かった・・・。 まじで人酔いしそうになりました。 行きつけのイタリアンレストランも9時半でごめんなさい!と出されてしまったので、その後セルリアンタワーの40階ベロヴィストでもう一飲み。 空気が澄んでいたせいか夜景がとっても綺麗でした。 デートスポットとしてもお薦めです♪

そんなわけで午前様だったのですが、今朝はwowowでシヴァコフのジゼルを見なくては!と9時前に頑張って起きたのでありました。 もちろん録画はしたのだけれど、うちが見ているケーブルテレビではデジタル画像がそのままの画質で録画されないのでとりあえず放映中に綺麗な画質で見ておかないと。
カメラワークが心配だった周防監督による編集ですが、草刈さんの助言もあってかそれほど悪くはなかったです。 1幕のラスト、監督は死んでしまったジゼルを右斜めのアングルで撮って幕が右から落ちてかかっていくという映像にしていたのですが、草刈さんの「やはりここは正面からではないと!」という助言のおかげでごく普通の映像となりました。
ただ、ほんの数秒なのですが、ジゼルの心情を分からせるためにもそこのアルベルトの表情を伝えなきゃ! 周りで進行しているドラマも映さなきゃ!というのはいろいろありましたけどね。 でも、逆にジゼルを大写しにしたために、舞台を見ていた時には気づけなかった周りのダンサーの細かい演技が目に入って来たというのもありました。 ジゼルの狂乱のシーンでクリギナが真剣に泣いていた・・・とか。
生で見て感動した舞台ではありますが、こうやって映像で見てみても、シヴァコフ、いい表情をするダンサーになったなと改めて思いました。 コシェレワがクララのインタビューで「ミハイルは素晴らしいダンサーであると同時にとてもいい俳優だと思う」「ジゼルやバヤデルカではミハイルの演技の素晴らしさが際立つと思う」と言っていたけれど、本当にその通りだと。 彼自身が役になりきってその人物の心のままに演技をしているからあんな表情ができるのでしょうね。 

今光藍社さんから発表になっているマールイの東京公演では彼の主演の予定はないけれど、私たち日本のファンにあんな素敵なシヴァの踊りと演技を見せてくれないなんてあんまりだわ!! 東京人的に言わせてもらえば、まだ主演が女性のペレンしか発表になっていない1月24日の神奈川の「白鳥」。 日曜日なので平日18時半よりは見に行けるファンも多いと思いますので、是非是非シヴァコフのジークフリートを見せてくださいまし!! 光藍社さん、お願いです! お力添えを!!!
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ロパートキナ&コルスンツェフの「ジゼル」   | メイン | 本日のイベント>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1748-58359538

| メイン |