ゲルギエフ オールチャイコフスキー・プロ
2009/11/29(Sun)
今日はワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団の「オールチャイコフスキープログラム」を聴いてきました。
うちのミーハー母親はユンディ・リがショパンコンクールで優勝して以来の彼のファンでして、機会があれば一人で聴きに行っていたのですが、最近はなかなかチケットが取れない(なんたってアナログな人ですからね・・・)とぼやいていたので、会員になっているジャパンアーツの公演ならば確実にチケットが取れるからと、テリョーシキナの白鳥を諦め一緒に行く事に決めたコンサートでした。 私はリには興味はありませんが、プログラムが好きな曲ばかりだったので、ここは親孝行をするしかないなと・・・。

本日のプログラムは、

序曲「1812年」 “THE YEAR 1812” Overture Op.49
ピアノ協奏曲第1番 Piano Concerto No.1 in b flat minor op.23
  [ピアノ:ユンディ・リ(李雲迪) Yundi Li, Piano]

交響曲第4番 Symphony No.4 in f minor op.36

そしてアンコールも眠れる森の美女からの「ワルツ」とくるみ割り人形からの「トレパック」でオールチャイコフスキープログラムを締めくくってくれました。

序曲「1812年」は出だしのチェロ&ビオラから、もう音色が美しくて~~。 そういえば、今日のオケはバイオリンを左右に分け、中央にチェロとビオラでバスは左側最後列でした。 
ずいぶん昔にこの曲を初めて生で聞いた時は、最後の大砲の音をできるだけ本物らしく聞こえるようにと特殊な装置で音を出していたのですが、今日はお~~きな太鼓でした。 でも迫力は十分!! そしてその太鼓を叩いていたパーカッションが長身スリムでサラサラヘアーのイケメン君(オペグラで確認はしておりませんが・笑)でした♪ イワンと仔馬の時にもメンバーに入るかしら?? 楽しみが増えたなぁ(と言ってもオケピットは見えない席だな)。
ゲルギー様は指揮台は使わなかったため、弦楽器の最前列メンバーたちとはかなり距離が近かったです。 指揮棒があたるんじゃないかと思うほど奏者に接近した場面もありました。 そしてその指揮棒を右で持ったり左に持ち替えたり。 彼の指揮は初めて見ましたが、勝手な思い込みと濃いお顔とは裏腹に、わりと静かに振る方なんですね。
ショパンというイメージの強いリのチャイコ。 客席受けは良かったですが、どこがどうとは言えないものの、音が転んだように聞こえたところもあって、私はそれほどいいとは思いませんでした。で、勘弁して欲しいなぁと思ったのが、演奏終了後、挨拶をしている舞台上のリにプレゼントを渡しに駆け寄ったファンがいた事。 大きな紙袋を渡すのは全くもって興ざめなので止めていただきたいものです。
4番はとても良かったです。 出だしの金管も勇壮だったし3楽章の全弦楽器のピチカートも素晴らしく、やはりシンフォニーはいいなぁと。 
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チリのプレミアムワイン ALMAVIVA | メイン | 今日はちょっと辛い・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1724-dd097542

| メイン |