ファルフ・ルジマトフ氏、芸術監督を辞任
2009/10/09(Fri)
今日はNYCBのBプロを見てきたのですが、家に帰って来てマールイのHPを見てびっくりしました。 新体制になってからバレエ部門の芸術監督を務めてきたファルフ・ルジマトフ氏が芸術監督の座を退き、ダンサーとしての活動に専念することを決意したそうです。
ただ、ミハイロフスキー劇場と縁が切れるのではなく、ケフマン氏のアドバイザーとして劇場には籍を置くようです。 まぁ、びっくりしたというのは正しくはないですね。 こうなるかもしれないというのはダンスマガジンのインタビューや新シーズンに入ってからルジの名前を見聞きする事がなかった事などから予想はできましたものね。
ケフマン氏は「ファルフ・ルジマトフ氏はミハイロフスキー劇場だけではなくバレエ界全体のものだ。 彼がアドバイザーとして劇場に残って欲しいという私のオファーを受けてくれて非常に嬉しい」と語っています。
具体的に何月何日からという事は書かれていないようですが、ルジマトフ氏の後任は、みなさまご推察の通りミハイル・メッセレル氏です。
こうなった事が劇場にとって良い事なのかそうではない事なのかは分かりませんが、私が望むのは、劇場のダンサーたちにとってさらに良い方向へ導いていって欲しいという事のみです。 そしてペテルブルグの人たちからも愛される劇場であり続けて欲しい。
1月の来日公演での「バヤデルカ」はおそらく変更はないのだろうと思いますが、「白鳥の湖」がボヤルチコフ版からメッセレル版になったりしないだろうかという心配(こういう書き方は相応しくないかもしれませんが)が・・・。
この記事のURL | バレエ・マールイ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<マリインスキーバレエブログにPR動画とサイン会のお知らせ | メイン | パリ・オペラ座バレエ団2010年3月公演キャスト発表♪>>
コメント
-  -
うわあ! 
予想はできたにせよ、いざとなるとびっくりしますね。
これからレパートリー、特にボヤルチコフ時代のものや、
それに最近手を加えられたものがどうなるのかも気になりますが、
いずれにせよ、ペテルブルグ派の伝統が尊重されるといいな、と思います。
そして冬の白鳥はやはりボヤルチコフ版で来てほしいですね。
2009/10/10 02:39  | URL | 綾瀬川 #iIYrKRLI[ 編集]
-  -
予想していたとはいえ、やはりびっくりします。
今の心配は「冬はボヤルチコフ版のままでいてほしい」なのですが、そんなことより、ダンサーたちが仕事をしやすい環境になることを祈らなくちゃですね。
教授陣としてはマリインスキーのアユポワが来てくれましたし、サンクトペテルブルク派からがらりとかわるわけではないと思いますが。。。
こういうことってすぐには答えが出るものではないですけれども、良い方向に行ってほしいですね。
2009/10/10 08:25  | URL | おロシア人 #-[ 編集]
-  -
綾瀬川さん、おロシア人さん、

今年に入ってからはダンサーとしてあちこちのガラ公演に出演する事が増えていましたし、ダンスマガジンでのあのインタビューですから予想の範疇なのですが、何の発表もないまま新シーズンも一ヶ月近く過ぎようとしていたので、タイミング的には少し驚きました。
新体制になって2シーズンが終わり、大きな変化は感じられたけれどもまだ発展途上ではあったと思うので、ここでまた新しい指導者になる事が劇場内にどんな波紋を広げていくのかも不安ではありますね。
ケフマン&メッセレル体制になって、劇場の目がますますヨーロッパやアメリカに向いていくのではないかという心配もあります。 日本軽視というような事にならないといいですね。 そして、マールイファンなら誰しもが危惧する事だとは思いますが、ペテルブルグ派としての誇りと既存のレパートリーを尊重して欲しいです。
2009/10/10 14:01  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
-  -
ひえーーーーっ。
しばらくニュースを読んでいなかったらば
そんなことになていたとは!!
日本公演直前のこの発表、気になります。
ダンサーの仕事に専念するのであれば、これまでよりも出演(来日)回数は増えるのかもしれないですよね。

メッセレル氏はそれほどマールイに馴染んでいたってことかしら。白鳥の新版を通じてダンサーたちと良い関係ができていることを期待したいです!
あとは、お願いだから親日家になって~(笑)
2009/10/10 22:24  | URL | うみーしゃ #-[ 編集]
-  -
お久しぶりです。
クリギンがとっても心配。どうしているかな。。。ううう。
ケフマン氏のコメントは正直言って「いまさら感」が否めません。
ルジマトフはキーロフの時代から、ロシアバレエの宝の1人だったと思うので。
マールイが独自のマールイ色を安定して保持するまでには、
まだまだ時間がかかりそうですが
これからもずっと見守っていきたいと思います☆
2009/10/10 23:59  | URL | 矢羽 #kUgB/geQ[ 編集]
-  -
うみーしゃさん、

ルジマトフは体が彼のイメージ通りに動く限り、彼の踊りを探求していくのでしょうね。
全幕は今度の来日が最後と言っていますが、マールイの来日中の劇場ガラ参加とか自身のガラ公演などで日本で踊る機会もまだまだ多いでしょうね。

メッセレル氏については、昨年のロンドン公演での助力はありましたけれど、今までマールイとは全く縁のなかった方だと思うので、まずミハイロフスキー劇場という劇場をきちんと理解してほしいなと思うのですが、上手くいくといいですね。 日本公演の意義と日本の観客の彼らに対する深い愛情も分かって欲しいです。
2009/10/11 22:00  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
-  -
矢羽さん、

クリギン、心配ですね。 芸術監督がルジだった場合とはまた全く異なる面で苦労が多いというか絶えないのではないかしら?
クリギンにも力強い補佐役がついているといいのだけれど。
ケフマン氏のコメントはただの取り繕いのような空々しい言葉とも聞こえます。

マールイ色がマールイらしい色になるのかさえもさらに分からなくなってしまった状態のような気がして本当に心配なのですが、新体制になった時同様に、私たちは見守り応援し続けていくだけですね!
2009/10/11 22:02  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1661-1edbbbbf

| メイン |