親子で楽しむ夏休みバレエ祭り 8月2日の感想
2009/08/04(Tue)
<第1部>
「眠りの森の美女」よりローズ・アダージョ  音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ
オーロラ姫:リューボフ・セルギエンコ
4人の王子:アルチョム・ホロシロフ、アレクサンドル・ディデンコ、ダニール・チミホフ、マクシム・ゲラシモフ

去年のペトゥホフさんちの甲冑王子軍団のような奇抜さを期待しなかったわけでもないのですが、こちらは白基調のいたって正統派。 内3人が腿が半分隠れるくらいの丈の上着だったのにホロシロフだけが腰丈の上着だったという違いはあったけど・・。 
まずはじめに、レッスンの時にはまとまりなく頼りなさ気だった男の子たちが衣装を纏うとビシッと決まり一体感があるのにほぉぉ~~っと感心する。 所作も皆丁寧でした。
オーロラを踊ったセルギエンコはスタイルの良い綺麗なバレリーナ。 緊張しているのか若干硬めな気はしたけれど、それは16才の初々しさにも感じられたし、自分の肢体を美しく見せようと手足をいっぱいに使った伸びやかな踊りに好感が持てました。 
 
「白鳥の湖」より4羽の白鳥  音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ L.イワノフ
アレクサンドラ・レジナ、スヴェトラーナ・ロバノワ、スヴェトラーナ・スプリギナ、エカテリーナ・ストゥロワ

マールイ時代は大きい白鳥を踊っていたロバノワの小さい白鳥を見るとは思ってもいなかったな~。
4人ともほぼ同じくらいの身長で、ようは普通サイズの白鳥の踊りでした(笑)
踊りそのものはとても良かったのだけれど、好みとして音楽がちょっと性急な感じがして忙しない踊りにも見えました。

「ゴパック」  音楽:V.ソロヴィヨフ=セドイ 振付:R.ザハロフ
アナトリー・ストリジャーク

衣装もいかにもゴパックを踊りますという衣装だし、ジャンプもなかなか高くて決まっていたのだけれど、なんだろうな? 飛んで跳ねてで終わってしまった感じかな?

「ルースカヤ」  音楽:P.チャイコフスキー 振付:K.ゴレイゾフスキー
ポリーナ・キーロワ
脚の運びがとても滑らかでもっと見ていたいなぁと思わせてくれる素敵な踊りでした。 この曲を聴いていると厳しい冬を耐えて春を迎えた喜びとか、そういう大地で生きている女性の物静かな情熱のようなものを連想するのですが、キーロワのしっとりした熟達した踊りもまさにそんなイメージでした。

「眠りの森の美女」より赤ずきんちゃんと狼  音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ
赤ずきんちゃん:アレクサンドラ・レジナ
狼:イーゴリ・キセリョフ

狼の衣装が頭と尻尾をとればちょっとした王子も踊れそうな立派な仕立て。 ジャンプが高くてえらく元気な狼! 赤ずきんちゃんも可愛かったです。

「ドン・キホーテ」よりグラン・パ・ド・ドゥ  音楽:L.ミンクス 振付:M.プティパ
キトリ:ナタリア・クラピーヴィナ
バジル:ゲオルギー・スミレフスキー
ヴァリアシオン:アリョーナ・ポダヴァロワ、ダリア・リャキシェワ
群舞:スヴェトラーナ・ロバノワ、エカテリーナ・ストゥロワ、リューボフ・セルギエンコ、スヴェトラーナ・スプリギナ

コール・ドの中にロバノワ。 できればヴァリで見たかったので残念。 やはり彼女のムーヴメントが一番優美で目が行ってしまいます。
ファーストヴァリを踊ったポダヴァロワはでかい! 優に175センチは超えていると思います。 レッスンでも男性ダンサー並みな長身が目立ってました。 躍動的な踊りで良かったかと。 第2ヴァリのリャキシェワもそつなく。
クラピービナとスミレフスキーが出てくると、やはり舞台がしまる感じがしますね。 クラピービナが赤基調のチュチュでスミレフスキーは黒の上下。 多分2人ともドン・キキャラではないと思うし強烈なアプローチはないのだけれど、それぞれの踊りとパートナーシップに揺るぎのないものがあって安心してみていられました。 特にスミレフスキーの男らしさに溢れた力強い踊り(でも乱暴じゃなくて品がある)、けれんはないのだけれどビシッ、ピタッと決めてくるポーズがかっこいいったら! 


<第2部>
「シンデレラ」よりハイライト  音楽:S.プロコフィエフ 振付:N.カサートキナ、V.ワシリョーフ
シンデレラ:ナタリア・クラピーヴィナ
王子:ゲオルギー・スミレフスキー
妖精(魔法使い):アリョーナ・ポダヴァロワ
継母:スヴェトラーナ・スプリギナ
意地悪娘(シンデレラの姉妹):エカテリーナ・ストゥロワ
気取り娘(シンデレラの姉妹):リュ-ボフ・セルギエンコ
シンデレラの父:アレクサンドル・ディデンコ
スペインの王子と王女:アルチョム・ホロシロフ、ポリーナ・キーロワ
中国の王子と王女:マクシム・ゲラシモフ、ダリア・リャキシェワ
北の国の王子と王女:アナトリー・ストリジャーク、アレクサンドラ・レジナ
ドラゴンと妖精たち:モスクワ・クラシック・バレエ


床磨きをしているクラピーヴィナのシンデレラはずた袋をすぽんと被りましたみたいな服にしましまの靴下にやけにつま先が大きなスリッポンみたいな靴でいくらなんでも・・という衣装なんだけど、可愛らしい。
継母も二人の姉もカンカンドレスの下にはく白いフリフリ付の下着チックな衣装でノリノリ。 シンデレラの事を不憫に思っている見た目若いお父さんが出てきたら、クリギン父でマールイのシンデレラを見たくなってしまったよ・・・。 あれはもう上演しないのでしょうかねぇ?
そこへどでかい妖精が現れてシンデレラにドレスを着せる。 ふわ~っとした膝下まであるドレスを着ているポダヴァロワがいっそうでかく見える。 お供の妖精の中にロバノワ、別の子が12時5分前を示す丸い文字盤のプラカードを持ってきたのにはさすがに苦笑。
物腰のソフトなスミレフスキーはやはり王子様がよく似合うわ♪ シンデレラと王子は一目で恋に落ちダンスを踊りだすのだけれど、妖精が・・・、ずっと一緒で二人きりにしてくれないのよ! キトリの友人の続きですか?ってくらいの元気のいい踊りでジュテで上手奥から斜めに移動してくると奥の二人が見えなくなっちゃうし・・・。 ロマンティック気分をほとんど味わえない内にあのプラカードが出てきてシンデレラは靴を片方落として退散・・・。

シンデレラを探す王子の旅が始まる。 スペインの踊りは二人ともきっちりまとめて良かったです。 王子がスペインの王女に靴を合わせようとするけれど合わない。 で、そのまま引っ込むのかと思ったら王女がフェンシングの剣を二本持ってきて王子に一本渡したので、もう一本をスペインの王子に渡して「私が欲しいなら勝負なさい!」と二人を戦わせるのかと思ったら、そのまま王女が王子と剣を合わせるんだよね・・・なかなか強いし。 謎!
中国の王子と王女の踊りは、2人よりも4人が獅子舞状態で作っているドラゴンが気になってしまい・・・。 そのでこぼこなドラゴンの背中の上でリフトされている中国の王女は立派!
スペインも中国も王子がジュテで入って来て、確かマネージュなんかもしてくれたような気もする(すでに記憶が怪しい)ので王子役のダンサーファンには美味しい作品なのかもしれないです♪
でも北の国に来た王子は両腕を組んでブルブルと寒がってました(笑)。 北の国の王子は一緒に踊っていた王女を持ってけ~とばかりに王子にひょいっと渡すんだけど、王子は王子でいらないよ!といって投げ返す(笑)

ようやくシンデレラの家に王子がたどり着いてからの展開はご想像どうり。 二人の姉と母親までも懸命に足を靴につっこもうとするのだけれど、どう頑張っても無理。 ついにシンデレラが大事に持っていた片方の靴を取り出し王子の前で履いて見せてハッピーエンド。 早換えで最初の綺麗なドレスに変わったのでようやく二人のPDDかと思ったのにほとんど踊らずに終わってしまいました。 なんかまた妖精が舞台を横切って飛んでいたような気もしたけどどうだったけかな? 多分オリジナル版にはここでシンデレラと王子のPDDがあるのだろうと思いますが・・・。

という事で、なんとなく全部はしょりはしょりで繋げましたという具合で消化不良気味ではあったのですが、初めて見る作品(多分モスクワ・クラシック・バレエの作品だと思います)というのは次は何が起こるんだろう?と思いながら見る楽しみもあってけっこう面白かったです。 
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2009年 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<チェンジリング | メイン | ミハイロフスキー劇場10月公演演目発表>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/09 19:40  | | #[ 編集] ▲ top
-  -
鍵コメを下さった方へ、

私もパンフレットは買っていないですし、いろいろな検索サイトでチェックしてみましたが、わかりませんでした。
http://www.classicalballet.ru/about/stars/
↑がモスクワ・クラシック・バレエのダンサーリストのようですが、この中には見当たりませんね・・・。
2009/08/10 20:49  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
- ありがとうございます! -

やはり見つからないですよね…お手数をおかけして申し訳ありませんでした。ありがとうございました!
またブログの方にはお邪魔させていただきますね(^^)
2009/08/11 01:57  | URL | まな #-[ 編集] ▲ top
-  -
まなさん、

どういたしまして!
モスクワ・クラシックもカンパニーで来日する機会があればいいですね。
気が向いたらいつでも遊びに来て下さいね~。
(まなさんからのコメント、ダブっていたようでしたので一つ消させてもらいました)
2009/08/11 20:51  | URL | M #il9tusdg[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1585-54a55e5c

| メイン |