二人に感謝!
2009/07/06(Mon)
死闘、まさに死闘だったんですね・・・。
私は4セットが始まってすぐにあえなくリタイアしてしまいましたが、朝第5セットの16-14というスコアを見て絶句でした。 これがタイブレークの数字だったとしても驚きなのに、フィアナルセットはタイブレークなしですからね。
第2セットのタイブレークで2-6とフェデラーが追い込まれた時にはもう駄目だと思い、すでにそこで胃が痛くなってきた試合だったのですが・・・。 途中で見るのをやめてしまった自分が不甲斐ないです・・・。

この試合をフェデラーが落とさなかった事は神様に感謝したいくらいだけれど、ロディックにも心からの拍手を送りたいです。 だって本当に見事なプレイだったもの。 ビッグサーブを武器にサービス&ボレーというスタイルで戦ってきた彼がラリー・ステファンキコーチになってからはストロークにも力を入れて試合の組み立てを考えられるようなテニスをめざしたという事でしたが、本当に驚くくらいの安定したストロークで、ストローク戦になったら脆いという今までの印象は吹っ飛びました。 こんなに変われるものなんだ! コーチ自身の指導力というのももちろんだけれど、その人を信じて一大決心をしてさらに高みを目指すという事の凄さを感じました。 自分が学びたい、ついて行きたいと思える指導者に出会えるって本当に素晴らしい事だし、それも運だと思います。 ロディックは8月31日から始まるUSオープンでめちゃくちゃ期待されちゃうんでしょうねー。
一方フェデラーは、彼基準ではストロークの精度が狂っていたと思うけれど、あんなにエースを取る選手だったっけと思うほどサーブが良かった。 結果的にはサーブに救われたのはフェデラーの方ですね。
彼は念願の全仏チャンピョンを手にした時に「これからはもっとリラックスしてテニス人生を続ける事ができる」と言っていたけれど、今回のウィンブルドンは決してそんな感じで臨めたわけではないと思うので、これでようやくそういう心境になれたんじゃないかな。 
ナダルも間に合うかもしれないし、USオープンが一層楽しみになって来ました。 WOWOW契約してしまおうかな? 
ちょっと気になるニュースですが、ロディックは腰回りの怪我のために、敵地でクロアチアと対戦するデ杯ワールドグループ準々決勝(10~12日)の米国代表から外れると発表されたそうです。 疲労回復のため大事を取った程度ならいいのだけれど。

男子決勝戦はNHKのBS1で7月13日(月)1:10~4:00の枠で再放送されます。 きちんと録画して残しておかなくちゃ!! 
この記事のURL | スポーツ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ニューヨーク・シティ・バレエ 「バレエ・インサイト」開催 | メイン | 永遠のこどもたち>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1554-a699e072

メンタルタフネス
週が始まる月曜日なのに&amp;#63831; 思いっきり夜更かしして&amp;#63723;しまうのは 昨年の死闘を超える&amp;#63670;大熱戦のため&amp;#63903; まずは 人気の社長blogランキングは→ここ←で確認 http://amlmlmym.blog15.fc2.com/blog-entry-1554.html 表彰式なんだ …
2009/07/07 15:50  *シール堂公認* 楽勝!?シール堂印刷の社長ブログ
| メイン |