新国「ライモンダ」 2月12日(ザハロワ&マトヴィエンコ)の感想
2009/02/13(Fri)
2006年の10月にみたザハロワとコルスンツェフの舞台がコルスンツェフ陥落への第2序曲(第1序曲は2003年のキナとの白鳥でした)だったんだよなーなんて思いながら感想をちょっと読み返してたら、けっこう満足した感想でした(笑)。 
さてちょっと改訂したという今回はいかに??

<プロローグ&1幕>
ライモンダに想いを寄せるアブデラクマンが、寄り添うライモンダとジャンの姿を騒ぎ立つ思いを抑えるようにじっとみつめている様子を紗幕ごしに描き、登場人物の関係を分かりやすく見せているのはこれまでと同じ。
デニスの髪型がふつーなのにホッとする。 金髪に白い粉がかかったような色に見えたのは気のせいかしら?

ドリ伯爵夫人の城。 青と赤が基調の舞台美術とダンサー達の衣装と被り物を無意識に先日のマールイと比べてしまう。 新国の女性たちのエナンやホーンなど大ぶりの被り物は日本人にはあまり似合わないのでは。 色彩もマールイのシックな大人っぽい世界が良かったよな・・・などとどうも最初からノリが悪いじぶん。 すみません・・・。

ライモンダのザハロワは登場の瞬間から姫オーラを通り越して、全身宝石という輝きを放っていると思うほどゴージャスで美しい。 個人の好みもあるだろうけれど、今彼女ほどに美しく輝いているバレリーナは他にはいないような気がします。

1幕のピチカート、ヴェールのヴァリは上半身と腕の動きがとてもダイナミックになり、踊りも以前よりもさらに大きな踊りに思える。 甲もよくしなる脚も身体のラインも美しい。 ただ、その踊りは、音楽が割りと速め(少なくともマールイよりは速い)なのを考慮しても雑に見えてしまい、大柄な彼女の雑に見える踊りと可憐な感じを出している表情に違和感を覚えた。

一幕の友人たちの踊りを通して、やはり目がいってそこで止まってしまうのはマイレン。 芳賀さんも踊りは上手いダンサーなのだけれど、立っているだけで美しいのはマイレンで、そこにさらに美しい腕と脚の動きがあるのだから目を惹かれないわけがないですね。
女性二人はあまり見ていませんでしたが、西川さんの方が安定度が高いかな?

夢の場。
ソロルの肖像画も真っ青な、ちっともハンサムじゃないジャンの絵が描かれた観音開きの扉からジャンが現れてロマンティックな夢の場が始まるっていうのが相変わらず凄い・・・(また、律儀にその扉から帰って行くというのも・・・)。
椅子にもたれて眠っているライモンダに優しく触れるジャン@デニス。 
コール・ドもいなければ、舞台装置もエメラルドにも使えそうな背景画だけの殺風景な中で踊られる最初のPDDは、なんだかガラでのパフォーマンスを見せられているような気がしてしまい、振付のイマイチ感も手伝ってか、うっとりというわけにはいかなかったです。
これも以前は思わなかったので(前回はダニーラに目がハートになってましたし・笑)、甲冑エンゼル軍団が見守るマールイの森の夢の場を見たせいだと思います。 でも、ザハロワとデニスのお互いに相手を愛しく思う雰囲気はとても良かった。 
デニスのステップを入れながらのマネージュ、一気に3周くらい回ってしまったけれど、スピードもあり着地の音のしないしなやかで美しいマネージュだった。
コール・ドは相変わらずよく揃っていて綺麗でした。 さすが新国のコール・ドです!
第一ヴァリの厚木さんのきっぱりな踊りがとても良かった。 旋律に自然に乗りながらための効いた動きも見事でした。 第2ヴァリの寺田さんは見せ方は悪くないけれど少しテクニックが追いついていないような様子。

<2幕>
ボディスがブルーの衣装に着替えたザハロワがまた一段と美しい。
森田@アブデラクマン率いるサラセン人たちがジャンの帰還準備に活気づく城に現れる。 マントを脱ぎ捨てるとノースリーブで腕がもろにでてしまうアブデラクマンの衣装は、テューズリーが着ていた時ですら好きではなかったけれど、頭のターバンがねじりハチマキに見えて、どうにもランニング姿の飯場の棟梁って感じで魅力に欠ける。 (マールイのツァルのように、結局アブデラクマンしか目に入らなくなりライモンダの存在を忘れ、彼女の表情から心中を図る事ができなかった・・・という事にならないのは助かるんですけどね・・・。) 
ちょっと肉つきすぎな彼の体は私の許容範囲を軽く越えているのですが、なぜか森田さんだけは目をつぶれるんですよ・・・。 というのも前回の彼のアブデクマンの熱演にかなり心打たれて以来、森田さんの演技面に感心させられることが多いので、なんかそっちの人という??・・・。 ただ、今回は前回ほどの情熱は感じなかったです。 で、軸のしっかりした踊りは良かったと思います。
ザハロワのヴァリはフィニッシュのピケターン(だったと・・・)のスピードも素晴らしく、お見事。
ディベルティスマンはサラセンの男女6人が良かった。 男性3人は誰だったのかわからないのですが、スピードも迫力も申し分なく。 女性ではとっても可愛いまゆみさんの、アレグロでもフォルムがしっかりとした踊りが目を惹きました。
スペインの湯川さんは、表情も踊りも流石という感じ。 男性の江本さんは良かったですが、4人の男性コール・ドはバリノフ君(多分そうですよね・・・)を除き、キャラクテールの踊りにはなっていない。 振りをなめているだけで見せようという気持ちの感じられない踊りは見ていてつまらないです。 ま、新国の男性ダンサーのディベルティスマンは全体的にこんな感じですよね。
ジャンとアブデラクマンに決闘を申しつけるアンドリュー2世・・・、もうちょっと威厳があると良かったなぁ。
倒れたアブデラクマンを担ぎ上げ、城から去って行くサラセン人たちを見届けてライモンダを振り返ったジャン。 デニスの顔は、両手を広げたバジルが「さぁ、僕のところへおいで!!」というあの笑顔でした♪

<3幕>
新顔が加わったものの、グラン・パのメンバーは相変わらず豪華で嬉しい。 1幕のワルツも踊っていましたが、ここにも古川さんの姿を発見。 さすがに新国でいっぺんに芳賀さんと古川さんを見ると、まだなんか妙だなという気持ちが先に立ちます。
チャルダッシュはマイレンと西川さん。 西川さんは純クラだけでなくこういう踊りも得意なのですね。 ですが、申し訳ない事にここはもうマイレンに目が釘付けでした。 友人の時にはなかった付け口ひげを蓄え、かなり濃い~~~感じの入魂のチャルダッシュ! 投げ出すように放たれる脚の伸びとラインは美しいし、ハンガリアンダンス特有の決めポーズはかっこいいしでブラボーでした。
ザハロワのピアノのヴァリはもう威厳漂い女王然たるヴァリエーションでした。 このヴァリはロパートキナやマールイのペレン、シェスタコワの踊りでは見られなかったような派手な味付けの踊りだったと思います。 ボリショイのライモンダってこうなのでしょうか?
十分に音をとり情熱的に踊るザハロワは素晴らしかったですが、あまりに強烈な印象すぎてライモンダというキャラクターを突き抜けてしまっていた感じがします。 だから、ザ・ザハロワ。 もちろん、これも好みの範疇ですが。
デニスは本当に好調のようで、ジャンプして打ちつける脚にも余裕がありラインが綺麗。 ザンレールをミックスしたマネージュも迫力というより流れるようなフォルムがひたすら美しかったです。 ザンレールしたフィニッシュに足で床をタタンとけってハンガリアンチックな首の動きで〆たのが最高にチャーミング!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今回、最前列という足がわずかに切れるあまり好きではない位置からの鑑賞だったので、いまいちテンションが上がらなかったのは確かです。 ザハロワの踊りが雑に見えたのも席のせいかもしれません。 ザハロワなのでこちらも言いたい事が遠慮なく言えるのですが、素晴らしいものを見せてもらったけど、個人的にはペレンとシェスタコワのライモンダ(2人のライモンダもそれぞれに違うけど)の方が好きだったなと。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ライモンダ: スヴェトラーナ・ザハロワ
ジャン・ド・ブリエンヌ: デニス・マトヴィエンコ
アブデラクマン: 森田健太郎
ドリ伯爵夫人: 楠元郁子
アンドリュー2世: 市川透
クレメンス: 丸尾孝子
ヘンリエット: 西川貴子
ベランジェ: マイレン・トレウバエフ
ベルナール: 芳賀望 
第一ヴァリエーション: 厚木三杏
第二ヴァリエーション: 寺田亜沙子
スペイン人: 湯川麻美子、江本拓
チャルダッシュ: 西川貴子、マイレン・トレウバエフ
グラン・パ・ヴァリエーション: 西山裕子
この記事のURL | バレエ鑑賞記 2009年 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<NIZHINSKIY-PAVLOVA GALAの映像&ちょっと残念な事 | メイン | マイレンブラボー!な新国「ライモンダ」3日目♪>>
コメント
- マイレン♪ -
こんばんは!

私は14日に行って来ましたが、ほぼ同じキャストだったと思います。マイレンのことを褒めていただいていて、とっても嬉しいです。彼のチャルダッシュは素晴らしかったですよね。ファンのひいき目をぬきにしても、濃くてかっこよくてブラボーでしたよね!
来シーズンはマイレンの主役が増えるので、楽しみです。

別件ですが、以前記事で紹介されていたGrand Gala avec les Etoiles de Ballets RussesがDVDになるんですね。こちらも本当に嬉しいです~。
2009/02/15 02:51  | URL | naomi #3vDgU7m.[ 編集]
-  -
naomiさん、こんばんは。

今日のマイレンはさらにブラボーでした。
もう1幕出てきて最初の跳躍からなんでそこまで美しいの?という感じでとっても嬉しくてこちらの顔がデレデレ顔になりそうでした。 先日のチャルダッシュはこれが見られただけで今日はもう満足!と思ったほどですし。
秋のドン・キも楽しみですね。 平日のマチネですが半休とって絶対に行かないと!という感じです♪

Grand Gala avec les Etoiles de Ballets Russesですが、以前動画で見たときにはちょっと変わった嗜好のダンスもあったので、全部収録されるのかしら?という部分もあるのですがけっこう楽しみです(笑)

2009/02/16 00:08  | URL | M #il9tusdg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://amlmlmym.blog15.fc2.com/tb.php/1387-00342a55

| メイン |